妊娠が分かったら妊娠届出書の提出をしましょう

妊娠届出書の提出

妊娠している事が分かったら、ママとしての最初のお仕事が始まります。妊娠届出書を提出して、妊娠している事を自治体へ告知しなければなりません。妊娠届出書を提出することで、母子手帳が発行されます。自治体によって、必要書類や営業している曜日、申告方法など、様々なのでしっかりと確認したうえで提出しに行くようにしましょう。妊娠届出書は、自治体によって「医療機関が記入してくれるパターン」と、「自己申請のパターン」があります。

病院側が書類を作成してくれるパターン

赤ちゃんの心拍確認が出来た後に病院から「母子手帳を貰ってきてください」と、妊娠届出書を渡される場合があります。その場合は、その他必要書類と共に、病院から指定された提出先に妊娠届出書を提出すると母子手帳が発行されます。母子手帳の受取方、見方、母子手用ケースの紹介はこちら

※赤ちゃんが安定している方の場合は心拍確認後に発行されますが、医師が流産の疑いがあると考えている場合は、赤ちゃんが安定するまで発行されない場合もあります。赤ちゃんとママの状態を見てから発行という事になりますので、発行されるタイミングは個人差があるという事になります。

自己申請のパターン

上とは違い、個人個人で自治体に「妊娠届出書」を取りに行き、記入事項を自分で記入し提出しなけらばならない自治体もあります。自治体で届出書を配布している地域や、自治体ホームページからダウンロード出来る地域など様々です。医療機関が記入することもなく、自分自身で必要事項を記入し、提出すれば母子手帳が発行されます。

必要書類

提出する際に必要なものは、各自治体によって変わるようです。印鑑や身分証明書、保険証など、何が必要になるか分かりませんので、行く前にホームページを確認、もしくは電話で確認することをオススメします。

提出場所

提出場所・提出場所の営業時間も、各自治体によって異なることが分かっています。「毎週○曜日のみ」という自治体や、「週に1~2日(毎週○曜日と○曜日)の午前中のみ」という自治体もあるそうなので、自治体のホームページからしっかりと確認し、少ない営業日を逃さないようにしましょう!

自治体によっては、母子手帳の発行と共に、マタニティーマークを無料配布している自治体があります。マタニティーマークを着用することは、妊婦さんの身を守ることにつながるのですが、それと同時に妊婦さんに危険を招くこともあるという事を覚えておきましょう。

マタニティマークの危険性という記事も読んでおくことをオススメいたします。マタニティマークの危険性の記事はこちら

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク