妊娠中に尿が出ない・・・放置は厳禁!

妊娠中のトラブル…尿が出ない!?

尿が出ない

妊娠すると、お母さんのおなかの中で赤ちゃんがどんどん育っていきます。約10か月かけて大きくなっていく赤ちゃん。一方、お母さんは自分の体の中で赤ちゃんが成長するにつれて、周りの臓器がどんどん圧迫されていきます。このため、お母さんにはさまざまな体調の変化があらわれてしまいます。

たとえば、赤ちゃんや大きくなった子宮が胃を押し上げるように圧迫するため、胃のむかつき、食欲がなくなってしまう、たくさん食べられない、胃酸が逆流しやすくなる…などです。

これと同じようによくあるのが、頻尿です。膀胱が圧迫されるので、尿をたくさん溜めることができなくなってしまい、頻繁にトイレに行きたくなる…というのが原因です。これは妊娠初期から後期まで、本当にたくさんの妊婦さんが経験することのひとつです。ですが、この逆で尿が出なくなってしまった…ということも、実はよくあることなんです。

どうして尿が出ないの?放置は厳禁!

尿が出なくなってしまったということは、尿がどんどん溜まっていってしまうということになります。そうすると、そのままにしておくとおなかが苦しくなったり、膀胱炎になってしまうということも。膀胱炎になると血尿が出ることもあるほか、ツーンとした鋭い痛みも感じるようになってしまいますので、避けたいものですよね。

尿が出せないという症状に陥った妊婦さんは、トイレに行って尿を出そうとしても不思議なくらい出せないものです。ですから、まずは我慢しないで病院に行ってみてください。あまり尿を出せない状況が続くと、先ほどのように膀胱炎になってしまう恐れがあります。

さて、この尿が出せなくなるという原因なのですが、大きくなった赤ちゃんが尿道を圧迫してしまうことにあります。赤ちゃんが膀胱を圧迫して頻尿になる…というのはよくありますが、このように子宮の下の方を押していることで尿道も圧迫してしまうことがあるんです。そのため、尿が溜まっていても出すことができず、尿が出ない・苦しいという症状があらわれるのです。

尿が出ないのは一時的なもの、長時間なら病院へ!

この尿が出せないという症状ですが、原因は赤ちゃんが尿道を圧迫しているからということで、改善方法は赤ちゃんに圧迫するのをやめてもらうこと。

つまり、赤ちゃんが動いてくれると良いというわけですね。尿がなかなか出ないということで焦るかもしれませんが、まずは体勢をいろいろと変えてみてください。しゃがんでみたり、腰を曲げてみたり、おなかが張ったりしないよう体に無理のない程度に体を動かして、再びトイレに行ってみてください。

しばらく行ってもなかなか尿が出ない・苦しいという状態が続くようであれば、病院に行きましょう。病院ではカテーテルを使って尿を出す(導尿)ことを行ってくれますので、圧迫感などもスッキリとするでしょう。

ただ、何度も繰り返し起こってしまうという方もいらっしゃるので、そういったときには自宅で導尿することができるセットを処方される場合もあるようです。

ですが、尿が出ないというのは妊娠期間中ずっと…ということではありません。もちろん赤ちゃんは日々おなかの中を動き回っていますし、成長するにつれて位置も変わっていきますから、さほど心配することはありません。尿が出ないつらさはありますが、一時的なものだと思って乗り越えていってくださいね。逆にトイレが物凄い近くなった・・・という方は頻尿についての記事もお読みください

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。