妊娠中のおりものについて

妊娠中のおりものとは

おりものとは、膣や子宮頸管部から分泌される粘液です。膣や子宮頸管部が乾燥しないように、またばい菌が体内へ侵入しないよう防ぐ役割があります。腟内には、乳酸菌の一種であるデーデルライン菌などの常在菌がいます。月経が始まる年齢になるとエストロゲンが分泌されるようになり、その影響で膣内の乳酸菌(デーデルライン菌など)が増え、膣内が酸性に保たれます。膣内が酸性に保たれる事で、カビや雑菌が繁殖するのを防いでいるのです。デーデルライン菌などの常在菌が膣内を綺麗に保ってくれているのです。

妊娠するとおりものはどう変わる?

妊娠中はホルモンバランスの影響で、おりものの量が以前よりも増えるママさんが多いようです。妊娠中は女性ホルモンである黄体ホルモンが長期間分泌されます。その影響により、膣内の酸性度が変化し、雑菌が繁殖しやすくなる事があります。

また、ストレスや喫煙も同様の事が言えます。妊娠中は、以前よりも感染症にかかりやすい状況にあるという事を覚えておきましょう。上記のことで分かるように、おりものはさまざまな事で変化が出やすいものです。おりものは、体調や感染症などを知る為のバロメーターとも言えるでしょう。そのためにも、正常なおりものと異常がある場合のおりものの違いを知っておきましょう。

正常なおりものとは

通常、おりものは水っぽく、色は白っぽいか透明です。膣内が酸性の為、すっぱいようなニオイを感じる方もいます。量が多いことは、あまり異常はありません。ですが、妊娠後期に入っておりもの用のシートや下着がびっしょりするくらい濡れている場合や、水が常に出ているように感じる場合は、おりものではなく破水している可能性もありますので、上記の事が当てはまる場合は、早めに受診するようにしましょう。

異常のある場合のおりものとは

魚が腐ったようなニオイがする
ストレス・体調不良・喫煙などで、膣内の酸性度が弱まり、雑菌やカビが繁殖してしまうと、魚が腐ったようなニオイがする事があります。
おりものが細かい泡状だったりポロポロしていたら要注意
どちらも感染症の可能性があります。細かい泡状の場合は、「トリコモナス腟炎」特有の症状。ポロポロしている場合は、「カンジダ腟炎」特有の症状です。心当たりがある場合は、早めにお医者様に受診するようにしましょう。
排尿痛や外陰部のただれ
排尿すると痛みを感じる、外陰部がかゆい、ヒリヒリした痛みを感じるなども感染症の疑いがあります。早めに受診するようにしましょう。

「感染症にかかってしまった事が恥ずかしくて病院に行けない」という声を耳にする事があります。感染症は、誰にでも感染する可能性のあるものだと理解しておきましょう。「大きなストレスを抱えてしまった。」「体調を崩してしまい免疫力が低下した。」「体調を崩し抗生物質を飲んだ。」などの、些細な事から感染症が始まる事もあるのです。このような事は誰にでも起こりうる状況といえるのではないでしょうか。このような事でも膣内の状態は変化し、外陰部にかゆみを感じたり、おりものに変化が出ることもあります。「感染症に感染=恥ずかしいこと」ではありません。そのことを覚えておくようにしましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク