妊娠中の飲酒による赤ちゃんへの影響について

妊娠中の飲酒

妊娠が分かった途端、お酒を飲むのを控えなくてはいけなくなります。お酒が大好きで、毎晩のように晩酌していた方にとっては、ストレスが溜まりますし、「妊娠から授乳期間を終えるまでの約2年間、お酒を口に出来ないなんて・・・ツライ。」と思うでしょう。

なぜ、お酒を控えなければいけないのか・・・理由をしっかりと把握しておくことで、誘惑に負けずにすむのではないでしょうか。お酒の害について、しっかりと学んでいきましょう。

妊娠中なぜお酒を飲んではいけないのか?

胎児性アルコール症候群(FAS)をご存知ですか?妊娠中のママが習慣的にアルコールを摂取し続ける事で、赤ちゃんに影響を及ぼす先天性疾患の一つです。生まれてくる赤ちゃんに軽度から重度の知能障害の症状や、形態異常、脳性小児麻痺、てんかん、学習障害、見た目で異常が分からない場合でも、 重度の行動障害が見られる事があります。症状を軽度から重度と表記したのには理由があります。

妊娠期間中に、ママがどれだけの量、どれだけの期間飲み続けていたかによって、疾患の重さが変わってくると言われているためです。

「胎児性アルコール症候群(FAS)」という名前を見てもらえば分かる通り、妊娠中の飲酒が原因で赤ちゃんに先天性疾患の症状がでてしまうと言うことです。妊娠中や授乳中に飲酒さえしなければ、100パーセント防げる疾患と言われていますので、妊娠・授乳中はきっちり止めるよう心がけましょう。

少量ならお酒を飲んでいいの?

少量(コップ半分~1杯程度)であれば、妊娠中でもお酒を飲んでも問題ないと言っている専門家や、ホームページをたまに見かけます。「胎児性アルコール症候群(FAS)」は、お酒を飲まなければ100パーセント防ぐ事が出来る先天性疾患なので、こちらではお酒を飲まないことをオススメします。「許容範囲内(コップ半分程度)しか飲んでいなかったけど、赤ちゃんが胎児性アルコール症候群(FAS)だと診断された」となっても、誰も責任をとってくれません。発生しないという絶対の保証はないのです。

アルコールに関しては、個人差がとても大きいと言われており、妊娠中毎日コップ1杯の飲酒を続けていたが、子供に先天性疾患が表れなかった方もいれば、おちょこ1杯分の食前酒で、アルコール症候群の症状を持った赤ちゃんが生まれてきたという事例もあります。アルコール摂取量の安全基準値に個人差があり、はっきり分かっていないのが現状です。

ホームページや本などで、安全基準値だといわれている「コップ半分~1杯程度」が毎日続けば、飲まない方に比べると何倍ものアルコールを摂取したことになります。「胎児性アルコール症候群(FAS)」の確率が上がってしまうのは当然です。また高齢出産になると、「胎児性アルコール症候群(FAS)」の発症度が高くなるといわれています。

妊娠中のお酒

「本やホームページで、少量であれば問題ないと言っていた」という情報に甘えるのではなく、リスクを知った上で、それが赤ちゃんにとって良い事なのか悪いことなのかを自分で判断する力を養いましょう。

ママの飲酒は、赤ちゃんの飲酒でもある

妊娠中は、へその緒や胎盤を介して赤ちゃんに栄養分や血液を送り届けています。ママが口にしたものは、赤ちゃんにも送り届けられるという事を意識しておきましょう。

もしも妊娠中のママがお酒を飲んだ場合

お酒を飲むと、摂取したアルコールが血中に含まれます。そのアルコールを含んだ血液が、へその緒を介して胎児へと送り届けられます。赤ちゃんの体を作る大事な時期に、アルコールが入る事で、脳や顔などの見た目に異常が生じてしまうことがあるのです。胎児の形成は、まだママが妊娠したことにすら気づかない妊娠1週目から始まります。妊娠1週目~臨月に入る頃まで日々、脳や内臓、聴覚・視覚・脊髄などの形成が行われ、日々成長し続けていることを意識しましょう。

妊娠中の赤ちゃんの形成

授乳期間中のママがお酒を飲んだ場合

出産後も同じことが言えます。お酒を飲むと、摂取したアルコールが血中に含まれます。母乳は、ママの血液から出来ている為、飲酒後のママが赤ちゃんへ授乳すると、赤ちゃんも同時にお酒を飲んでしまうという事になります。授乳期間中の赤ちゃんの肝臓・腎臓などの消化器官は、まだまだ未熟で、アルコール分解能力が低いため、とても負担がかかります。ママがたくさんお酒を飲んだ直後に授乳した為に、赤ちゃんが「急性アルコール中毒」で亡くなったという海外での事例もあります。飲酒により血液中に含まれるアルコール濃度と、その血液で造られた母乳に含まれるアルコール濃度はほぼ同じだと言われています。もしも、授乳期間中に飲酒してしまった場合は、粉ミルクなどで対応しましょう。お酒を飲んだ場合は時間を空けてから、授乳を再開するようにしましょう。

授乳期間中の飲酒については直井亜紀先生のコラム「授乳中のビールやワインなどのお酒」をご覧下さい

妊娠していると気づかず飲んでしまった場合

質問掲示板などで「妊娠していると気づかず、お酒を飲んでしまって不安」という相談をよく目にします。「飲んでしまった!大変だ!」と気づけた事が、ママへの一歩です。アルコールが赤ちゃんにとって害であると認識している証拠です。

妊娠初期は、赤ちゃんの脳や骨、神経や体など様々な部位が形成される大切な時期です。「100パーセント大丈夫!」とは言い切れませんが、妊娠に気づいた時点でお酒を止めることが出来るのであれば、「胎児性アルコール症候群(FAS)」の可能性はかなり低くなります。

妊娠は、悪阻や月経が来ないなど、何らかの兆候が現れない限り、気づかないことが殆どです。妊娠して間もない頃に、妊娠に気づかず「お酒を飲んでしまった」「カフェインをたっぷり摂ってしまった」「タバコを吸ってしまった」というのは仕方のない事です。気づいた時点で、自分自身をどう変えられるかが重要です。妊娠中はカフェインを控えましょうについてはこちら妊娠中のタバコによる赤ちゃんへの影響についてはこちら

胎児性アルコール症候群(FAS)のトラブル事例

日本では、まだまだ胎児性アルコール症候群についての認識が薄い為、様々なトラブルが多く存在します。トラブルを知っておくことで、未然に防ぐ事が出来る事もあるのではないでしょうか。

  • 少量(おちょこ程度)なら大丈夫だと思って飲んでいたが、胎児性アルコール症候群(FAS)の赤ちゃんが生まれた
  • 沢山のお酒を飲んだ直後に授乳した結果、赤ちゃんが急性アルコール中毒になった。(亡くなった子もいます。)

上でもお話した通り、アルコールに関しては個人差で生じるので「○○程度なら大丈夫」という言葉が、全員に当てはまるとは限らないのです。体格や、アルコールを分解する力、年齢など様々なことで個人差が生まれます。日本では、先進諸国に比べて妊娠中・授乳中にお酒を飲む事で招く弊害などの認識が薄い為、「少しであれば問題ない」といった情報が出回ってます。飲酒をした場合、胎児性アルコール症候群(FAS)が発生しないという絶対の保証はありません。ママ自身がお酒を飲みさえしなければ、100パーセント予防できる先天性疾患です。

健康で元気な赤ちゃんを産むために、ママが取り組めることの一つです。お酒が大好きだというママは、健康で可愛い赤ちゃんと会える日を想像し、お酒からは意識をそらす努力をしましょう!

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク