流産は手術が必要?原因や手術の流れ、費用、注意点のまとめ

赤ちゃんの誕生を心待ちにしていた女性にとって、流産はとてもつらい体験です。

そのうえ「手術が必要」と言われたら、さらに不安を感じます。
なぜ、流産に手術が必要なのでしょうか?

実は、次の妊娠のために手術が必要なのです。

ここでは、手術の流れや具体的な方法、費用、注意点をまとめたので、参考にしていただければと思います。

流産の種類と手術の必要性


流産とは、妊娠22週未満で、胎児が子宮内で死亡したり、子宮外に出てしまい妊娠が継続できなくなるケースのことをいいます。

全妊娠のうち、流産となるケースは約15%と、決して低い数字ではありません。

そのうちの約8割を、妊娠12週未満の早期流産が占めるといわれています。

流産した場合、胎児を含め子宮内のものが、全部排出できずに子宮内に残ってしまうケースもあるのです。

このような場合は、手術が必要となります。

流産の種類

流産には症状によって、稽留流産と進行流産があります。

それぞれの原因と、手術が必要かどうかをみてみましょう。

稽留流産

胎児が子宮内で死亡したまま、子宮内に留まっている状態です。

出血や痛みもなく、つわりの症状も継続しているし、基礎体温も高温を示したままなので、自分では気づきにくいといえるでしょう。

そのため、妊婦健診で赤ちゃんの心拍が確認されなくて、初めて稽留流産とわかるケースも多いようです。

原因は、分裂異常・染色体異常・遺伝子異常など胎児の問題であり、防ぎようのないことがほとんどです。

妊娠初期の12週未満でおこることが多く、子宮内に胎児が留まっているままなので、手術で取り出す必要があります。

ただし、稽留流産から進行流産へと移行するケースもあるため、稽留流産と診断されても、しばらく待機することもあります。

とくに胎児がまだ1〜2cmと小さい場合は、自然に流れるのを待つことが多いようです。

診断後すぐ手術となるか、しばらく様子を見るかは、患者さんの状態や医師の判断によっても違うため、不明な点・納得できない点に関して、担当の先生と十分に話し合ってください。

進行流産

下腹部の腹痛があり、出血が続き、子宮にある内容物の一部が、外に出てきている状態を進行流産といいます。

進行流産になると、子宮口が開いているために、妊娠の継続は不可能です。

妊娠初期段階での原因は、稽留流産と同じように、分裂異常・染色体異常・遺伝子異常など胎児の問題であることがほとんどです。

妊娠中期以降の場合は、絨毛羊膜炎・子宮頸管無力・子宮奇形などが原因となることもあります。

進行流産には、完全流産と、不全流産の2種類があります。

完全流産とは、子宮の内容物が完全に出きっている状態で、出血も腹痛も収まっていることがほとんどです。
手術は必要なく、経過観察で対処します。

いっぽう不全流産は、子宮の内容物の一部が子宮に残ったままになっている状態です。
出血や腹痛が続いていることも多く、手術が必要となります。

妊娠中の流産について

流産の原因となる症状や、見逃したくない流産の兆候についてご紹介します。

流産で手術をする理由

子宮内に、絨毛組織や胎児組織が残っていると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌にストップがかからず、次の排卵・妊娠ができません。

また、子宮内容物が残っていると、出血がなかなか止まらなかったり、感染症の原因にもなります。

稽留流産の場合は、自然に流れるのを待つことも可能ですが、それがいつおこるかもわからず、大量出血になる可能性もあります。

そのため、子宮内に残っている残存物を除去する、子宮内容物除去手術がおこなわれるのです。

子宮内容物除去手術は、次の妊娠のための、大事なステップともいえるでしょう。

子宮内容物除去手術が適用されないケース

上記のような理由から、妊娠12週未満の稽留流産や不全流産の場合は、子宮内容物除去手術が適用されます。

しかし、妊娠12週以降22週未満の後期流産の場合は、胎児が大きすぎて、子宮内容物除去手術では胎児を取り出すことができません

後期流産の場合は手術ではなく、陣痛促進剤などを使用し、人工的に陣痛をおこして、亡くなった胎児を出産する方法が取られます。

赤ちゃんがすでに亡くなっているのにも関わらず、陣痛という痛みを伴って出産する形をとるため、女性にとっては心身ともにつらく過酷な体験となります。

しかし、次回の妊娠を考えた場合、もっとも安全な方法でもあるのです。

子宮内容物除去手術の流れ


子宮内容物除去手術とは、子宮口から手術器具を挿入し、絨毛組織や胎児組織を子宮内から除去するものです。

子宮内容物除去手術の流れは、以下のようなものになります。

前準備:子宮頸管の拡張

子宮口から器具を挿入する必要があるため、子宮頸部が開いてない場合は、前もって子宮頸管を拡張するための準備をします。

すでに、分娩経験がある経産婦や、進行流産で頸部が開いている方は、少しの処置や、前準備なしでも手術器具を挿入することが可能です。

子宮頸管の拡張のための処置が必要な場合は、前日、あるいは手術数時間前に、子宮頸部にラミナリア、ラミネル、ラリケンなどの棒状のものを挿入して、手術に備えます。

ラミナリア

ラミナリアは海藻から作れらたもので、時間が経過すると膨張し、物理的に子宮頸管を拡張します。

半日程度で、約倍の大きさに膨らみます。

ゆっくりと膨張するために、痛みを感じない人がほとんどですが、なかには多少の違和感や鈍い痛みを感じる人もあるようです。

ラミセル、ラミケン

最近では、子宮頸管を柔らかくするラミセル、ラミケンなどを使用することも増えてきています。

ラミナリア同様に、子宮頸管内でゆっくりと膨張するのです。

また薬剤によって、子宮頸管を化学的に柔軟にする作用もあり、膨張時の痛みを軽減できます。

当日

手術当日は、手術前4時間前以降は飲み物も控えます。

食事については「前日の夜以降は絶食するように」と、言われることがほとんどのようです。

手術には、麻酔を使用します。

委員やクリニックによって、また患者さんの状態によって、全身麻酔か局所麻酔かが選択されます。

局所麻酔のほうが、身体への負担は小さくてすみますが、意識があるため、手術中も周りの音や声が耳に入ってきて、精神的につらくなる方もいるかもしれません。

全身麻酔か局所麻酔かは、病院の方針で異なるので、気になる方は事前に確認してみましょう。

その後、子宮口から手術器具を挿入し、子宮内に残っている内容物を除去します。

この施術自体にかかる時間は、5〜10分程度です。

手術後は、1〜2時間程度、ベッドに横になって安静にします。

その後、術後の経過観察を行い、問題がなければ帰宅できます。

帰宅するときに、抗生剤と子宮収縮剤が、処方されることもあります。

手術は日帰りそれとも入院?

前日から子宮頸管の拡張処置を行う場合は、1泊して手術に備える必要があります。

そうでない場合は、当日の朝、来院して受付手続きをすれば、夕方には帰宅できることもあります。

ただし日帰りか、入院かは、患者さんの症状や病院の方針によっても変わるので、かかりつけの病院に確認してください。

子宮内容物除去手術の種類


子宮内容物除去手術の具体的な方法としては、掻爬法と吸引法の2種類があります。

どちらの方法をとるかは、病院やクリニックで意見が分かれています。

掻爬法

掻爬法では、まず、胎盤鉗子を使って、子宮内容物をつまんでとりだします。

その後、キュレットと呼ばれる耳かきを大きくしたような形のさじを使い、残りの内容物を摘出する方法です。

日本では、多くの病院で、掻爬法が採用されています。

掻爬法は、器具がシンプルで、感染症をひきおこしにくいというメリットがあるのです。

そのいっぽうで、子宮筋腫や子宮変形がある場合は、手術に時間がかかることもあります。

吸引法

吸引法とは、金属棒を子宮内に入れ、吸引をかけることで、内容物を吸い出すという方法です。

WHOにおいて推奨されている方法で、手術時間が早く、安全度が高いといわれています。

ただし、機械の消毒にかなり時間がかかり、1日に何件もの手術をすることができないというデメリットもあります。

子宮内容物除去手術の費用


稽留流産や進行流産のための子宮内容物除去手術は、健康保険が適用されますので、3割が自己負担です。

ただ、手術の料金は、病院によって違い、症状や、検査の種類や回数、処置の違い、入院するかしないかにもよっても、大きく変わってきます。

2〜10万円とかなり差がありますので、かかりつけの病院に確認することをおすすめします。

なお、民間の医療保険や生命保険に加入している場合、保険によっては手術費がおりる場合もあります。

ご自身の保険の内容を確認してみてください。

手術後の注意点


子宮内容物除去手術の後には、以下のような点に注意してください。

下腹部痛

手術後、生理痛のような鈍い痛みを感じる人もいますが、じょじょにに軽くなっていきます。

強い痛みを感じたり、痛みが日に日に強くなる場合はすぐに、病院に連絡してください。

入浴

手術当日は、入浴はもちろん、シャワーも禁止です。

手術後1週間後くらいに、術後の経過確認のために診察を受け、問題がなければ、入浴できます。

安静に

手術後、絶対安静にする必要はありませんが、無理はせず、仕事や家事も通常よりはゆっくりのペースでおこなってください。

また、手術の後は、自分で車を運転して帰宅するのはやめましょう。

出血

手術後は、生理のような出血が数日続くこともあります。

じょじょに少なくなるのが普通ですが、通常の生理以上の出血が続いたり、出血の量がだんだん増えるような場合は、病院に連絡してください。

夫婦生活は、出血が止まってから、病院の診察で問題ないといわれてからにしましょう。

次の妊娠

次の生理がくるのは、だいたい1ヶ月半から2ヶ月後くらいになります。

すぐに妊娠することも不可能ではないのですが、女性の体を少し休める意味でも、妊娠は生理を2回見送ってからが理想です。

子宮内容物除去手術のリスク


子宮内容物除去手術は、5〜10分の簡単な手術ではありますが、手術である以上は全くリスクがないとはいい切れません。

妊娠した子宮は、通常の状態に比べ、子宮壁が柔らかくなっています。

そこに、手術器具を挿入した場合、まれに子宮に穴が開いてしまうケースもあるのです。
これを子宮穿孔といいます。

小さい穴であれば、自然とふさがることもあるのですが、出血がひどい場合は、開腹手術が必要になることもあります。

また掻爬法の場合、子宮内膜をこすることになり、手術を何回も繰り返すと、子宮内が炎症を起こし、癒着するケースもあるようです。

流産の手術は次の妊娠をするために必要


流産は、女性にとって、つらく、悲しい出来事です。
その上、手術が必要となれば、精神的ダメージはさらに大きくなることでしょう。

しかし、流産の種類によっては、完全に子宮内の内容物が流れ切っていないこともあり、その場合は、子宮内容物除去手術が必要になります。

子宮内に絨毛組織や胎児組織が残っていると、hCGの分泌が止まらず、次の排卵や妊娠がおこらないからです。

また、突然の大量出血や、感染症を防ぐためにも手術が必要といえるでしょう。

手術自体はそう難しいものではなく、5〜10分と時間もかからないのですが、手術後は、体だけなく、心をいたわってあげることも大切です。

流産を自分のせいと考え、自分を責める女性も見受けられますが、初期流産の原因の大半は、染色体異常など胎児の問題が原因で、避けようがないものがほとんどなのです。

すぐに気持ちを切り替えるのは難しいことと思いますが、次の妊娠のためにも、体と心を十分に休めてあげてください。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク