妊娠して初めて卵巣に黄体嚢胞がある事に気づいたら

妊娠中に黄体嚢胞が…赤ちゃんは大丈夫?

妊娠中に黄体嚢胞

妊娠中というのは、自分が思っている以上にさまざまなトラブルが起こりやすいもの。自分の体の思わぬところに病気が見つかったりするということも少なくありません。その中のひとつに「黄体嚢胞(おうたいのうほう)」というものがあります。

卵巣のトラブルとしてよく挙げられるこの黄体嚢胞ですが、妊娠中に見つかったときには赤ちゃんは大丈夫なのだろうか、無事に出産できるのだろうかと不安になることだと思います。では、妊娠中に黄体嚢胞が見つかったときには、その後の出産はどうなっていくのでしょうか?

黄体嚢胞ってどんな病気なの?

黄体嚢胞というのは、種類によってルテイン嚢胞とも呼ばれています。その名の通り「黄体」というところに嚢胞ができてしまうことをいいます。嚢胞は、中に分泌液などの液体が詰まっているもの、ちなみにこれが固体のときには嚢腫(のうしゅ)といいます。そもそもこの黄体って、体のどこにあってどんな働きをしているかご存知でしょうか?

黄体は女性の卵巣のなかにあり、生理や妊娠にかかわるホルモンをせっせと作りだしている部分になります。そのそばでは、毎月排卵がおこっています。数えきれないほどの卵子の固まりを卵胞といいますが、ここから毎月ひとつの卵子が飛び出してくるときというのは、体の中で爆発が起こっているようなもの。そのため、人によっては排卵痛を感じたり、体調不調を起こしてしまうということもあるんですよ。

さて、そんな爆発が体の中で起こると当然出血が起こります。この出血というのは一時的に黄体の中に溜められて、黄体の細胞に吸収されてなくなっていきます。が、このときに吸収できないほど出血量が多いというときに血の塊(血腫)になってしまいます。この血の塊がだんだん透明になっていき、次第に膜に覆われた嚢胞となり、黄体嚢胞ができあがってしまうんです。…ちなみに、先に述べたルテイン嚢胞というのは、同じように卵巣に液体が詰まった嚢胞ができてしまう症状ですが、この原因は「hCG(絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンによるもの。hCGの役割は、黄体の働きを促進させること。黄体からは妊娠に必要なホルモンが分泌されるので、そのホルモンを継続的に分泌させるためにhCGがたくさん分泌されるんです。妊娠するとこのhCGが体の中で一気に作られ始めるのですが、そのせいで卵巣に必要以上に刺激を与えてしまうために嚢胞ができてしまうということなんですね。

黄体嚢胞ってどんな病気なの?

では、妊娠中に黄体嚢胞が見つかったということについて。普段は症状もとくに感じないため、妊婦健診などの検査を受けなければなかなかわからない黄体嚢胞。妊娠中に見つかると不安が大きいものですが、実は心配ないということがほとんど。

というのも、黄体嚢胞は約7センチ未満のものであれば治療をしなくても自然に消えていくことがほとんどだそう。それ以上に大きかったり、なかなか消える気配がないというとき、また赤ちゃんの成長に悪影響があると判断されたときには、手術で嚢胞を取り除くということも。

また、嚢胞の根元がねじれてしまったり(捻転)、万が一破れてしまうということも考えられますので、不安な方は手術をした方が良いでしょう。手術の方法は、嚢胞の大きさが病院によって違いますが、腹腔鏡手術・開腹手術になります。妊娠中に手術を行う場合もあれば、出産後に嚢胞を取り除くという場合もありますので、医師とよく相談して黄体嚢胞をどうするか決めていきましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。