妊婦健診って何をするの?助成金の申請の仕方は?

妊娠すると受けることになる「妊婦健診」。
定期的な通院は疲れることも多く、時間の拘束にイライラすることもあるでしょう。
検査内容が不安だったり、費用面の心配している人もいるかもしれません。

妊婦健診は、どのようなスケジュールで、どんなことをするのでしょうか?
検査にかかる料金や、公費負担の「助成制度」の話とともにチェックしていきましょう。

妊婦健診とは


妊婦健診とは、妊娠がわかってから出産するまでの間に定期的にうける健診のことで、正式には「妊婦健康診査」といいます。

ママやおなかの赤ちゃんの健康状態を定期的にみることで、貧血や妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病の兆候や、胎児の発育具合などをチェックします。
妊婦健診には、安全な出産をサポートする目的があるのです。

妊婦健診のスケジュール【いつから?頻度や間隔は?】

妊娠8~10週ごろは、赤ちゃんの心拍が確認されて妊娠が確定し、出産予定日が決まる時期です。
妊婦健診は、この「妊娠確定」のあとからスタートします。

妊婦健診は一般的に、次のようなスケジュールで合計14回行われるよう、厚生労働省によって例示されています。

【妊婦健診のスケジュール】

  • 妊娠初期~23週:4週間に1回、合計4回
  • 妊娠24週~35週:2週間に1回、合計6回
  • 妊娠36週~出産まで:1週間に1回、合計4回
  • ※合計14回

上記はあくまで目安であり、多少前後したり、回数が異なることもあります。
出産予定日を過ぎた場合には、週2回の健診になることも多いようです。

こちらの記事もあわせてチェック!


どんな検査をするの?

妊婦健診では、一般的にはつぎのような検査がおこなわれます。

検査項目 実施時期 検査内容
問診 毎回 お腹の張りや出血などの異常がないかをチェック。
妊婦生活を続けるうえでの疑問点の確認や、生活指導なども行われる。
体重測定 毎回 妊娠週数にみあった体重の増加量であるかどうかをチェック。
太りすぎると、難産、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクが高まる。
血圧測定 毎回 妊娠高血圧症候群の兆候がないかをチェック。
最高血圧140mmHg、最低血圧90mmHgを上回るときは要注意。
尿検査 毎回 初診時には、尿中のホルモンをみて、妊娠状態を確認。
以降は、尿蛋白や尿糖が出ていないかをみて、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクを確認。
超音波検査(エコー) 必要に応じて 胎嚢や胎盤、羊水量、赤ちゃんの大きさや発育状態などを確認。
同時に母体の子宮や卵巣に異常がないかを確認。
妊娠初期には経膣エコーを、以降は経腹エコーを使用する。
内診 必要に応じて 膣から指を入れて子宮を触診し、子宮のかたさや子宮口の開き具合をチェック。
腹囲測定 妊娠4ヶ月~ おへそまわりをメジャーで測り、胎児の成長度合いや、母体に肥満や羊水過多などがないかをチェック。
浮腫(むくみ)検査 妊娠4ヶ月~ 足のすねを押してむくみをチェックし、妊娠高血圧症候群や静脈瘤のリスクを確認。
子宮底長測定 妊娠中期~ 恥骨上部~子宮上端を測り、赤ちゃんの成長度や羊水量を確認。
血液検査 妊娠初期、中期、後期に1回ずつ 血液型や血糖、貧血のほか、HIVや風疹、B型肝炎などの感染症をチェック。
子宮頸がん検診 妊娠初期に1回 子宮頸部の粘膜から細胞をとり、がん細胞がないかを確認。
クラミジア検査 妊娠30週までに1回 子宮頸管の表皮細胞をとり、クラミジア菌を確認。
クラミジアに感染していると、早産・流産のリスクが高まり、出産時の産道感染で、胎児が結膜炎や肺炎になることがある。
B群溶血性レンサ球菌検査(GBSチェック) 妊娠後期に1回 膣口や肛門付近からおりものをとり、B群溶血性レンサ球菌(GBS)に感染していないかを確認。
出産時に胎児が感染すると、肺炎や敗血症、髄膜炎などをおこすリスクがある。
ノンストレステスト(NST) 妊娠後期 陣痛ストレスのない状態で母体腹部にセンサーをつけ、胎児の心拍やママのお腹の張り具合をチェック。
母子ともに出産に耐えうる状態かを確認する。

上記の検査内容は、あくまで標準的な一例です。
妊婦さんと赤ちゃんの健康状態や、医療機関によっても、内容や実施回数などは変わってきます。

こちらの記事もあわせてチェック!


スムーズに健診をすすめるための注意点

妊婦健診のときには、なるべく診察を受けやすい服装で通院しましょう。

内診台にあがる機会の多い初期は、ゆったりしたワンピースやスカートのように、さっと下着がとれる格好が便利です。
タイツやストッキング、紐靴のように着脱に時間のかかるアイテムは、なるべくさけたほうが無難でしょう。

腹部のエコー検査がはじまる中期以降は、すぐにお腹をめくれるような、上下にわかれたセパレートの服がおすすめです。

妊婦健診にかかる費用はどれくらい?


妊娠は病気ではないため、健康保険が適用されません。

そのため、1回の健診につき5,000円~15,000円程度の検査費用がかかります。
総額にすると、10~15万円ほどです。
これは、出産をひかえた妊婦さんにとって、大きな出費といえます。

そこで、自治体が健診14回分の費用を一部負担する公費助成制度が、少子化対策の一環として導入されました。

妊婦さんの経済的負担を軽くする【助成券】とは


自分が住んでいる自治体に申請をすれば、妊婦健診にかかる費用を負担してくれる助成券(※)のつづりを発行してもらえます。

健診のさい、この助成券を病院の窓口に提出すれば、券面に記載された金額との差額分のみを自己負担すれば済むのです。

助成券は、1枚ごとに助成上限額が決まっています。
助成の金額は自治体によって大きく異なり、トータルで5万円~10万円前後。
つまり、助成制度を使っても、5~10万円は自己負担が必要な人もいるということです。

※ここでいう助成券とは、【妊婦健康診査受診票】のことで、一般的には【補助券】や【受診券】などと呼ばれます。

助成券(補助券・受診券・受診票)の申請方法

助成券を発行してもらうには、住んでいる市区町村の役所に【妊娠届出書】を提出する必要があります。
つまり、「妊娠が確定」してからでないと、助成券はもらえません。

たいていの場合は、母子手帳といっしょに助成券も渡されますが、後日郵送の自治体や、別に手続きが必要になるケースもあるようです。

こちらの記事もあわせてチェック!

こんなときどうする?助成券Q&A

ここで、助成券の気になるあれこれについてチェックしていきましょう。

Q.どの医療機関でも使えるの?

A.使える医療機関は限られている

助成券が使える医療機関・助産所は、自治体ごとに決まっていることがほとんどです。
しかし提携外の産婦人科を受診しても、自治体によっては、あとで申請すると一部費用を還付してもらえる「償還払い制度」が使えることもあります。
申請期限があるものなので、委託医療機関や契約助産所の情報とあわせ、あらかじめよく確認しておきましょう。

Q.里帰り出産のときはどうなる?

A.管轄外に移動後は、助成券は使えなくなる

里帰り先が現住所の自治体と異なるときには、基本的には里帰り以降の健診に助成券は使えなくなります。
ただし「償還払い制度」を使って、あとから還付を受けられることもありますので、該当の方は、必要な書類や手続き方法を市区町村に問い合わせておきましょう。

Q.引越ししたとき残りの券は?

A.引越前に使っていた残りの券を、引越先の新しい券と交換

助成券の助成対象は、あくまで発行元の各市町村に住んでいる人です。
そのため妊娠中に別の自治体へ引っ越したときには、引越前に使っていた助成券は使えなくなります。

ただし、使用途中の助成券を捨てるのはNG!
引越先の市区町村に残りの助成券を提出することによって、あらたな助成券が交換で交付されるからです。
引っ越しに必要な書類と一緒に、まとめてとっておきましょう。

Q.受診のときに忘れたら?

A.自己負担で全額を支払う

健診当日に助成券を忘れてしまったら、いったんは全額を自己負担で支払うことになるようです。
この自己負担分が後日に精算して戻ってくるかどうかは、病院や自治体によって異なります。
担当窓口に確認しましょう。

Q.なくしたらどうなるの?

A.再発行不可!以降は自腹に…

助成券を紛失してしまったときには、再発行はできず、以降は自費での健診になることが多いようです。
ただし自治体によっては、再発行してもらえたり、あとから償還払いできることもあるので、まずはダメ元で問い合わせをしてみましょう。

Q.途中で使い切ったら補てんされる?

A.14回を超えても補てんはナシ

母子の健康状態や病院によっては、14回の健診回数ではおさまらないこともあるでしょう。
この場合には、助成券の追加発行はされず、15回目以降の健診費用は全額自己負担となります。

Q.券が余ったら換金できる?

A.払い戻しはされない

助成券を使い切らずに余ってしまっても、未使用分を換金できることはほとんどないようです。
基本的には、残りの券はゴミ箱いきになります。
ただし、まれに払い戻し制度を用意している自治体もあるようです。

こちらの記事もあわせてチェック!

医療費控除の手続きも忘れずに


妊婦健診は、健康保険適用外です。
しかし医療費控除の対象とはなります。
ひと家族の年間トータル医療費(1~12月分)が10万円をこえたときには、還付金を受け取れる可能性があるので、ぜひ手続きをしましょう。

医療費控除を受けるには、会社でうける年末調整とは別に、自分で確定申告をする必要があります。

医療費控除の対象となるのは、自己負担額の実費分です。
この金額には、病院の窓口で支払った額のほか、処方された薬代や通院の交通費(※)を含めることができます。
申請には領収書が必要ですので、捨てずにとっておきましょう。

※医療費控除の交通費について:
里帰り出産などで帰省した際の交通費は、控除の対象外です。
(申請に含めることはできません。)
また交通費の申請分については、領収書は不要ですが、税務署から問い合わせをうけた際には、内訳などをきちんと説明する必要があります。

赤ちゃんとママの健康のために、妊婦健診はしっかり受けよう!


妊婦健診の内容や費用、出費をおさえるための助成制度などについてみてきましたが、いかがでしたか。

妊婦健診は、元気な赤ちゃんを安心して出産するためには、とても大切なものです。
産婦人科医の指示に従って、しっかり受診しましょう。

また補助券でまかなえる助成内容は、住んでいる市区町村によって変わってくるものです。
役所窓口や電話、ホームページなどを利用して、事前によく情報収集しておくことをおすすめします。

こちらの記事もあわせてチェック!


注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク