妊娠中にりんご病に感染したら

りんご病ってどんな病気?妊婦がかかると…?

リンゴ病

皆さんは「りんご病」という病気をご存知でしょうか?

多くの方が聞いたことがあるこのりんご病。ほっぺたが赤くなるということ以外に、具体的にどんな症状が現れるかを知っていますか?

そもそもこのりんご病というのは、人のみに感染するパルボウイルスである「パルボウイルスB19(ヒトパルボウイルス)」というウイルスによる感染症のことをいいます。

このパルボウイルスB19の感染経路として、飛沫感染と母子感染のふたつがあると言われています。つまり、妊娠中のお母さんが万が一りんご病にかかってしまうと、産まれてくる赤ちゃんも感染してしまう可能性が大ということになります。妊娠中に感染に気を付けておきたい感染症はたくさんありますが、その中でもこのりんご病は特に気を付けておきたいものです。

では、もしこのりんご病に感染してしまった場合、どんな症状があらわれてくるのでしょうか?

妊娠中は、妊娠初期の感染に注意!

幼児など小さなお子さんの場合、まず頬に紅斑があらわれて、それが全身に腕・太もも・おしりやおなかなどにあらわれていくようになります。そのほかは咳や微熱といった、一見すると風邪かな?というくらいの症状でおさまることがほとんどなので、あまり心配することはありません。

大人になってから発症すると、紅斑はあらわれる人とそうでない人がいたり、症状も軽度から重度まで幅広くなります。軽い場合にはあまり自覚症状もないと言われていますが、重度の場合には関節炎を伴うため1~2日程度歩くのも難しいという状態に。さらに、もともと溶血性貧血だという方がりんご病に感染すると、急速に貧血が進行してしまうことも。

そして、気になるのが妊婦の方がりんご病に感染してしまったとき。お母さんにパルボウイルスB19の免疫がない場合には、赤ちゃんも胎盤から感染してしまいます。

妊娠初期の感染がもっとも心配で、胎児の水腫(胸水・腹水・心嚢水のうちふたつ以上がみられる状態)を引き起こしてしまうと言われています。このため、胎児が心不全で亡くなってしまったり流産してしまう危険性が高まってしまいます。

もちろん妊娠後期であっても危険性は無きにしも非ずですが、もっとも重大なのは妊娠初期の感染です。

ワクチンも治療法なし…飛沫感染に注意しよう!

ただ、妊娠中にりんご病に感染したからといって、必ずしもお子さんに何らかの異常が起こる…というわけではありません。感染したまま赤ちゃんが産まれても、その後何事もなく育っていっているという例も。感染=必ずしも命に関わるということではなさそうです。

とはいえ、胎児に悪影響を及ぼすことは間違いないため、やはり予防していく必要があります。

実は、このパルボウイルスB19にはワクチンが存在しません。つまり予防注射のようにあらかじめ免疫をつけておく…ということができず、効果的な予防法というものは存在しません。

ただ、前述にもありましたが感染経路は飛沫感染と母子感染のふたつになるということですから、風邪やインフルエンザウイルス対策のように、飛沫感染を防ぐように心がけましょう。

また、同じようにこれといった治療法がないというのも現状で、関節痛があれば鎮痛剤を…という具合に対症療法となります。

りんご病の原因であるパルボウイルスB19は、感染力は強くないとは言われています。ですが、大切な赤ちゃんを守るためにもこういった感染症があるということを知っておき、りんご病だけでなくさまざまな感染症にかからないように、日ごろから手洗い・うがいを徹底していきたいものですね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク