誰がバケモノじゃ!「立ち会い出産」で夫にムカついたコト4選

陣痛で苦しんでいる時、命がけで出産している時、旦那にムカつくことありますよね。
そのことは、一生忘れないぐらいの、恨みになります。
今回は、立ち会い出産で夫にムカついたコトについて、紹介していきます。

(1)血まみれの股を見てドン引き

『出産の時に血まみれのベットを見て夫が「うわ…吐きそう」と言われました。
こっちは苦しんでるのに、そんなでビビってんなよと思いました』(30歳/パート)

男性は女性に比べて、血に慣れていない人が多いですよね。
女性は、出産時のイメージはなんとなくできているものですが、男性はイメージが出来ないのです。
想像以上のグロテスクな光景に、ドン引きしてしまう人もいます。

なかには、その後その光景が忘れられずにセックスレスになってしまう人もいます。
命がけで出産している女性からすれば、ムカついて当然ですね。

しかし、生理も経験したことがない旦那にとっては、衝撃的な光景であるのは間違いありません。
受け入れられる、心の広い旦那であれば良いのですが、日頃から血に弱い男性は、立ち会い出産には向いてないかもしれませんね。

(2)陣痛中に義父母を連れてくる

『陣痛で苦しんでいるときに、旦那がケータイを取り出し電話。
こんな状況で誰に電話してんだよと思ったいたら、まさかの義理の両親。
テンパってるのは分かるが、少しは気使え?』(29歳/事務)

考えなしに、義父母を連れてくる旦那にイラッとした人は、多いようです。
陣痛中は、苦しくてただでさえイライラしているのに、他の人に気を使う余裕などありません。
どんなに仲良くしていても、義父母には気は使っているものです。

また、苦しんでいる姿を、義父母とはいえ他人に見せるのは、恥ずかしいですよね。
そんなデリカシーのない旦那に、怒りさえ覚えるのです。

初孫であったりすると、義父母が立ち会いたいと言ってくる場合もあります。
出産前に、旦那にはそのあたりをちゃんと説明して、話し合っておくことが大切です。

(3)妻が叫んでいるのを見てバケモノ扱い

『食べ物は今までと味が違ってきたり、出産に向けて恐怖のあまり、暴言を吐いたことがあります。
不安で押しつぶされそうだったので、大丈夫?の一言を言ってもらえ、少しは安心できるのに、彼は馬鹿にしてきたので腹立ちました』(31歳/パート)

出産は、経験したことのない痛さと、怖さや不安から、いつもの自分ではない自分が出てきてしまいます。
あまりの痛さに、叫んでしまうのは当たり前です。
しかし、旦那は見たことない妻の姿に、ビックリしてしまうの。

出産時に、暴言を吐いてしまったと言うのはよく聞く話ですよね。
それほどまでに壮絶な出産を、バケモノ扱いするとは、失礼な話!

ただ全ての旦那が、出産時の壮絶さを受け入れられわけではありません。
残念ですが、できない旦那がいるのも現実…。
そのあたりを考慮して、立ち会い出産をするか決めると良いですね。

(4)陣痛中に飲食をする

『急な陣痛で苦しんでいる中、ベットの横で優雅にランチ。
痛すぎて食べることなんて考えられないのに、あまりにもマイペースな旦那にイライラしました』(27歳/エステティシャン)

陣痛で苦しんでいる妻の横で、飲食する旦那にはイラッとしますよね。
妻が陣痛で苦しんでいるのに、無神経さに腹が立つのです。

陣痛中は、旦那にして欲しいことは、たくさん…。
背中をさすったり、汗を拭いたりなど、サポートして当たり前だろうと思ってしまいます。

仕事からかけつけ、食事を取っていないのかもしれません。
長引きそうなので、今のうちに食べておこうと思ったのかも。
しかし、見えないところで飲食してほしいものですね。


立ち会い出産は、感動を共有できるというメリットがあります。
子供を産むということが、どんなに大変なことか、旦那にも分かって欲しいですよね。
しかし、残念ながら、妻をイラつかせてしまうだけの旦那もいます。
出産前に、よく話し合って、立ち会い出産にするかどうか、決めると良いですね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク