産後ヘアは”ロングorショート”にする?それぞれのメリット・デメリットとは

産後の髪型は、ロングとショートどちらがおすすめでしょうか?
赤ちゃんが生まれたら、ゆっくりとお風呂に入ることも出来なくなるし、ドライヤーで乾かす時間もなくなる。

授乳にも髪の毛が邪魔にならないから、ショートがおすすめというママさんが多くいると思いましがた、ロングの方がおすすめというママさんも同数くらいいらっしゃるのです。

そこで今回は、産後のヘアでロングとショートのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

ロングヘア

メリット

結んだりまとめれば、邪魔にならない

ロングなので、結ぶこともできることから、結んだりまとめたりすれば、授乳や育児の邪魔になることはなく意外にもショートよりすっきりするという意見もあります。

寝癖がつきにくい

ロングは、寝癖がつきにくい!
起きてそのままとかして出かけることができることもメリットですね。

美容院に頻繁に行かなくていい

美容院に頻繁にいかなくてよくなります。
ショートですと、少しのびただけで、気になって美容院にいかなきゃと思ってしまいますが、ロングだとそこまで気にならないので頻繁にいかなくても平気です。

デメリット

ドライヤーに時間がかかる

これはロングならではですよね。
ロングだとドライヤーに時間がかかってしまいます。
長ければ長いほど時間がかかってるもの…。

まとめないと邪魔になる

ロングはやはり長いので、常にまとめていないと邪魔にはなってしまいます。

ショートヘア

メリット

洗髪も乾かすのも時短

お風呂で髪の毛を洗うことも、乾かすことも時間がかからないので、小さな子供がいると、洗髪、ドライヤーに時間がかけられない分いいですね。

邪魔にならない

ショートヘアなので、育児に関しても授乳に関しても髪の毛が邪魔になることがないのでメリットの一つです。

デメリット

美容院にいく頻度

ショートだとちょこちょこ美容院に行くことに…。
少し伸びてきても気になりますし、そういった点ではロングよりは、美容院に行く頻度が多いです。

はねやすい

ショートは、髪の長さからして、寝癖がつきやすいです。
なので、寝癖を直してから外出しないといけないので、その点では時間が少し掛かってしまうかもしれません。


産後のママさんの髪型について書いていきました。
ロングもショートもそれぞれメリット、デメリットがありますね。
ママさんの過ごしやすいスタイルがいいですし、やはりママさんが一番気に入っている髪型にすることをおすすめします。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク