【逆子体操とは】いつからいつまで?方法や効果が出るコツまとめ

赤ちゃんの逆子を治す逆子体操ですが、ママのためにも、赤ちゃんのためにも、安全に効果的におこないたいものです。
ここでは、逆子体操を行うべき時期や、効果がでやすいやり方やコツなどをまとめてみました。

そもそも逆子とはどういう状態?

妊娠中期までは、お腹の中の赤ちゃんはくるくると動き回り、頭が上になったり、下になったりしています。
でも、だんだんと成長するにつれ、赤ちゃんの頭が重くなるために、頭が下になる姿勢に収まっていきます。
28週を過ぎた頃には、赤ちゃんは、子宮口に頭を向けた状態になるのが普通です。

ただ、中には、頭が子宮口とは逆向きの上を向いた状態で固定されてしまう赤ちゃんもいます。
このような状態を「逆子」といい、3〜5%の妊婦さんが逆子のまま出産を迎えています。

逆子の種類と分娩方法

逆子になっても、妊娠の継続や赤ちゃんの成長に問題はありません。
ただ、逆子でも赤ちゃんの姿勢によっていろいろな種類があり、分娩方法も変わってきます。

自然分娩が可能な場合もありますが、出産時に、分娩時間が長くなったり、赤ちゃんが低酸素状態になるリスクが高い場合には、帝王切開をすすめられます。

  • 単臀位(たんでんい)

    赤ちゃんのお尻が子宮口に向き、両足をまっすぐ上にあげて前屈のような形になっている状態で、自然分娩も可能です。

  • 複臀位(ふくでんい)

    赤ちゃんのお尻が子宮口を向いていて、膝をまげ体育座りをしているような姿勢になっています。
    自然分娩が可能な場合もありますが、単臀位よりはリスクが高まります。

  • 膝位(しつい)

    赤ちゃんは膝をついたような形で、折り曲げた膝が子宮口を向いています。
    膝から出てくると危険なので、帝王切開の方が安全です。

  • 足位(そくい)

    赤ちゃんは足を伸ばした状態で、立っているような姿勢です。
    ほとんどの場合、帝王切開となります。

胎動で赤ちゃんの位置がわかるの?

赤ちゃんの頭がちゃんと子宮口を向いている状態では、胎動は、へその少し上に感じるのが普通です。
へその少し上を蹴り上げるような感じがしたら、赤ちゃんの頭が下になっていると考えていいでしょう。

しかし、逆子の場合は、下腹部に胎動を感じることが多くなるようです。
肛門や膀胱あたりや、足の付け根を蹴られて痛みを感じたというママもいます。

また、逆子の場合は、頭が胃のすぐ下にあるので、胃のあたりがぐにょぐにょ動く感じがすることもあるようです。

もちろん、それだけでは、逆子とは言えませんが、胎動の位置が普段と変わったら、逆子になった可能性もあるので、どこで胎動を感じるか、意識してみるといいでしょう。

逆子体操で逆子が治るの?

出産時のリスクを軽減するために、あるいは帝王切開を避けるために、なんとか逆子を治したいと思うママも多いと思います。

妊婦さんが自分でできる対策としては、逆子体操がよく知られています。

逆子体操とは、胎児の回転を促し、逆子の状態から正常な状態に戻す体操です。
腰を高くあげる姿勢をとるのですが、それは、赤ちゃんを骨盤からずらして、動きやすい状態にして、正常な状態へ回転しやすい状況をつくるためです。

逆子体操をしたからといって、必ずしも、赤ちゃんの逆子が治るとは限りません。
しかし、「逆子体操で逆子が治った」という妊婦さんも多くいますので、挑戦してみる価値はあります。

逆子は病気ではありません。
逆子でも、自然分娩できる場合もあります。
それが無理な場合でも、帝王切開で赤ちゃんを産むことは可能ですので、あまり神経質になる必要はありません。

逆子が治った方が出産も楽になりますので、『逆子体操で逆子が治ればラッキー』くらいの、ゆったりとした気持ちでおこなってみたいものです。
ただし、切迫早産の危険のある場合など、逆子体操ができない妊婦さんもいますので、逆子体操を始めるときは、産婦人科の医師に相談してからにしましょう。

逆子体操はいつからいつまでできるの?

子宮の中を動き回っていた赤ちゃんが一定の状態に落ち着くのは28週〜30週あたりといわれています。

ですので、逆子体操の開始時期は、だいたい30週あたりからになります。
それ以前だと、子宮内に赤ちゃんが動き回る余裕があるため、また逆子の状態に戻ってしまう可能性があるからです。

終了時期については、だいたい34週くらいを目安にしてください。
というのも34週以降になると、赤ちゃんが大きくなりすぎて、回転する余地がなくなってしまうからです。
34週くらいが赤ちゃんが回転することができる、ギリギリのサイズなのです。

赤ちゃんのサイズには個人差がありますので、あくまでも目安として考えてください。

逆子体操のやり方

逆子体操は、毎日、夜寝る前におこないましょう。
やり方には次に紹介する2つの方法があります。
両方やる必要はありません。
どちらかやりやすい方法でおこなってください。

胸膝位(きょうしつい)・胸膝法

四つん這いになって、お尻を高くあげる体位です。

膝をついて四つん這いの状態で、ひじと胸を床につけます。
膝は90度の角度で、お尻を高くつきあげます。

柔らかいクッションやまくらを用意して、そこに顔を置くようにするとよいでしょう。
その姿勢を15分程度キープしてください。
最初は、15分キープするのも難しければ、5分、10分と少しずつ長くしていくようにしましょう。

終わったら、そのまま起き上がらずに、横向きになって休みましょう。

仰臥位(ぎょうがい)・ブリッジ法

仰向けに寝て、おしりの下に、まくらや布団をおいて、お尻を高くあげるのが仰臥位です。
ブリッジ法とも呼ばれます。

お尻の高さが30cmくらいになるように、下におくもので調整してください。
その姿勢のまま10分間キープします。
最初は、10分キープするのが難しいかもしれませんので、その場合は、短い時間からはじめて、じょじょに長くしていきましょう。

終わったら、下においているものをよけて、横向きに寝て休みましょう。

横向きの方向は右が下?左が下?

胸膝位、仰臥位のいずれも、終わったら、そのまま起きずに横向きに寝て休むことが大切です。

この時の向きは、赤ちゃんの背中の位置で変わってきます。

赤ちゃんの背骨が、ママのお腹の右側にある場合は、ママは左半身を下にして寝てください。
赤ちゃんの背骨が、ママのお腹の左側にあるときは、ママは右半身を下にして寝ましょう。

赤ちゃんの背骨の位置については、エコー検診の時に、確認しておくとよいでしょう。

逆子体操をする時の注意点

  • 逆子体操を開始する前に婦人科の医師に、してもよいか相談してからにしましょう。
  • 逆子体操をする時は、無理をしないことが大切です。
    お腹が張るなどの異常を感じたら、すぐに中止し、産婦人科の医師の診察を受けてください。
  • 動画などで正しいやり方をチェックしましょう。
    やり方を間違えると効果がないどころか、身体に負担をかけてしまうことになりかねません。
  • 腰痛のある場合は、仰臥位よりも胸膝位の方がよいでしょう。
    ただし、胸膝位をする時も、背中は反らさないでください。
    背中を少し丸めるくらいの気持ちでおこないましょう。
  • 腸に圧迫がかかるため、おならが出やすくなります。
    体操の途中でおならが出ても異常ではありませんので、あまり気にしないようにしましょう。

逆子体操の効果を高めるためのコツ

せっかく逆子体操をするなら、効果的におこないたいものです。
逆子体操の効果を高めるコツをご紹介しましょう。

全身を温めて血行をよくする

逆子の原因ははっきりとしていませんが、冷えは逆子の原因の一つと言われています。
ママの身体を冷やさないために、逆子体操は、暖かい部屋でおこないましょう。

赤ちゃんの動きを活発にするには、ママの身体を温めて、血行をよくするのが効果的です。
入浴して身体を温めたり、足湯につかって全身の血行をよくしてから、逆子体操をするのが効果をあげるためにおすすめです。

また、冷たいものを飲むのもよくありません。
お腹を冷やさないように、できるだけ暖かい飲み物をとるようにしましょう。

リラックスをする

逆子体操はリラックスした状態でおこなうのが効果的です。
逆子と診断されたら、逆子体操をする時はもちろん、普段から、お腹をしめつけない服装を心がけましょう。

ママの身体をリラックスさせるのはもちろん、お腹の赤ちゃんを動きやすくするためです。

ママ自身が精神的にリラックスすることも大切です。

逆子体操を機械的に行うのではなく、赤ちゃんに語りかけながら、お腹の赤ちゃんの状態や、どのように動いてほしいのかをイメージしておこなってみましょう。

就寝前か胎動が活発な時に

逆子体操に焦りは禁物です。
毎日継続して続けたいものですが、おこなうタイミングは、就寝前がおすすめです。

逆子体操の後は、横向きで寝て休んだほうが効果が出やすいのです。
ですから、そのまま眠れる、就寝前におこなうのがよいでしょう。

あるいは、胎動が活発な時は、赤ちゃんが活動的になっていますので、そのタイミングでおこなうのもおすすめです。

逆子体操以外の方法

逆子体操は妊婦さんが自分でできる逆子の解消方法ですが、それ以外にも逆子を治す方法があります。
ひとつは外回転術と言われるものです。
これは、医師が行う医療行為で、お腹に手をあて、外側から赤ちゃんを回転させるものです。

また、お灸やツボ押しで逆子が治ったというママもいます。
ただ、どの方法が一番ということではなく、自分に合った方法を見つけることが一番です。

逆子体操も楽しみながら

逆子体操をしていると、急におなかの中でぐにゅりと赤ちゃんが動いて逆子が治ったのがわかったというママもいます。
気がつかないうちに治っていたという人もいます。

逆子体操は、ママの身体にも、赤ちゃんの身体にも、負担が少ない逆子を治す方法のひとつです。
ただ、逆子体操をしたからといって、すべての人の逆子が治るわけではありません。
逆子体操の効果には、個人差があります。

また、早産の危険のある場合は、逆子体操はできません。

でも、一番大切なのは、ママが落ち着いてゆったりとした気分で出産までの時期を過ごすことです。
逆子体操も、赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつとして、楽しみながら、取り組んでいきたいものです。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?正しくとる方法

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!でもその理由は?どうやってとったらいいの?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

子どもの教育費や保険で悩んだときにどうすればいいのか、体験談を交えてご紹介します。