逆子体操を学ぼう!逆子の胎動の感じ方やトラブルについて

逆子とは?

逆子体操

逆子とは、通常おなかの中のあかちゃんは頭位(とうい)といって羊水の中で頭を下にした状態なのですが頭が上になった状態のことです。骨盤位(こつばんい)とも言います。また、赤ちゃんが横向きの状態を横位(おうい)と言います。

妊娠中期には赤ちゃんの位置はまだ定まっておらず、50~70%の赤ちゃんが逆子のです。でも赤ちゃんの頭は大きくて重いので、妊娠28週頃までには重力によって羊水の中で浮かんでいる状態の赤ちゃんは自然に頭位になるのですが、3~5%程度が逆子のままお産になります。妊娠30週以降は赤ちゃんの体が大きくなるため、羊水の中で回転しづらくなり、徐々に位置が定まってきます。

逆子と診断されたら?

逆子の赤ちゃん

妊娠28週目までは逆子と診断されても、ほとんどの赤ちゃんは治ります。28週を過ぎて逆子と診断された場合は、ママが逆子を治す体操などを行なって早めに治さないと逆子のまま位置が定まってしまいます。

逆子になる原因は?

ママ側の原因

①狭骨盤(きょうこつばん)。狭骨盤とは、身長が150cm以下の低身長の小柄な女性にみられるもので、骨盤が小さく、分娩形式が帝王切開になる可能性があります。胎児が小さい場合は、経腟分娩も可能です。

②前置胎盤(ぜんちたいばん)。前置胎盤とは、胎盤が何らかの原因で出産に悪影響のある位置に定着する事で、子宮口を一部覆う場合と、全部塞覆う場合があります。症状は妊娠中期から後期にかけて無痛性の子宮外出血を伴う場合がある。
症状が軽い場合は、経腟(けいちつ)分娩が可能な場合もあるが、前置胎盤時の経膣出産は母子の生命の危険が高いため帝王切開による出産がほとんどです。

③子宮筋腫。腫瘍によって子宮の容積が狭まる事で逆子になる事があります。。

④双角子宮。双角子宮とは、子宮(子宮腔)がハートのような形になります。子宮奇形の1種で子宮腔が2つ存在している状態で、普通の子宮より小さいため流産、早産を起こしやすいです。

⑤羊水が多い場合や少なすぎるなどの症状です。羊水が800ml以上になると羊水過多症と診断され、羊水が200ml以下なら羊水過少症と診断されます。

これらの症状が見られる場合は逆子の原因となる事があります。逆子だけでなく、いろいろな症状が出てくるものもありますので、医師の下できちんと相談、治療を行いましょう!

赤ちゃん側の原因

①胎児奇形。無脳児や水頭症、脊椎破裂、消化管閉鎖などがります。

②多胎児。多胎児(たたいじ)とはママのお腹の中で同時期に2人以上の赤ちゃんが発育して生まれた子供の事を言います。多胎児は双生児や三つ子などを総称した呼び方で、三つ子以上を限定する場合は、スーパーツインズ(supertwins)と言います。

③胎児水腫。胎児水腫とは、胎児がさまざまな原因で、胸水、腹水、心嚢水などにかかるもので、水ぶくれ状態になっていることをいいます。

逆子の種類とお産の方法

■単臀位(たんでんい)
単臀位
足が両方とも上向きになっている状態です。この場合、お産の時はおしりから出てくるので、自然分娩で出産することができます。

■全複臀位(ぜんふくでんい)
複臀位
両足の膝が曲がっている状態です。この場合、お産の時に両足の膝が曲がっていて、お尻よりも足が上にある場合は自然分娩も可能です。しかし、単臀位にくらべると少しリスクが高くなります。

■全足位(ぜんそくい)
全足位
赤ちゃんが足をのばし、お腹の中で立っているような状態です。この場合のお産は帝王切開での出産になります。

■全膝位(ぜんしつい)
全膝位
両膝を曲げて、膝が一番下になっている状態です。この場合のお産は帝王切開での出産になります。

■不全足位(ふぜんそくい)
不全足位
赤ちゃんが片足をのばしているような状態です。この場合のお産は帝王切開での出産になります。

■不全複臀位(ふぜんふくでんい)
不全複臀位
片膝のみ曲がり片足を上にあげている状態です。この場合、お産の時に両足の膝が曲がっていて、お尻よりも足が上にある場合は自然分娩も可能です。

逆子体操のやり方

胸膝位(きょうしつい)
上の画像は胸膝位(きょうしつい)という体勢です。うつぶせになって腹部をゆるめ、両膝をついておしりをできるだけ高く持ち上げます。15~20分続けて、すぐに頭を上げずシムスの体位で休みましょう。

仰臥位(ぎょうがい)
上の画像は仰臥位(ぎょうがい)という姿勢です。ブリッジ法とも言います。あおむけに寝て、腰の下にクッションなどをあてて,そのままの姿勢を10分ほど保ちます。最初のなれないうちは2~3分からはじめると良いでしょう。

側臥位(そくがい)
上の画像は側臥位(そくがい)という姿勢です。赤ちゃんの背中が上を向くように横になる事で赤ちゃんがクルッと回転してくれる事があります。どこ向きで横になればいいのか医師に相談しましょう。

胸膝位と仰臥位は子宮口を高くすることで、赤ちゃんを骨盤からずらし、回転しやすくするための方法です。ガードルや腹帯ははずした状態で行いましょう。苦しいと感じたり、お腹が張るときは中止しましょう。又、切迫早産の症状が見られる方は絶対にしてはいけません。 胸膝位または仰臥位の姿勢を行った後は、シムスの姿勢で横を向いて寝る事で赤ちゃんが回転しやすくなります。

逆子に関する質問箱

逆子を直す
逆子をなおす方法って逆子体操以外にないの??

回転術
逆子をなおす方法は逆子体操以外にもあります。外回転術という方法と逆子のお灸という方法があります。

外回転術は体の外から徒手で胎児を回す方法で、一般的には、事前に子宮を柔らかくする薬剤(皮下注射)を使用した後に超音波で胎児や胎盤の位置、胎児心拍を確認しながら行われます。成功率は約50%なのですが、リスクとして母子共に苦痛を伴い、胎盤早期剥離・胎児の心拍数低下などがあります。胎盤早期剥離とは、分娩前に胎盤が剥がれることで、母子共に危険なために緊急帝王切開になります。近年ではリスクを避ける為に外回転術を行う病院は少ないです。

逆子のお灸はお灸で逆子をなおす方法で、28週目にお灸をする事でかなりの確率で逆子がなおると言われています。28週目以降は少しずつ確率は低くなっていきます。お灸がどのように作用して逆子が直るのというメカニズムは科学的に解明されていませんが、アメリカの医学論文で効果があると化学的に実証されているようです。論文についてはこちら(外部サイト)>>

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?