”父親の自覚”を持ってよ…!出産後に「夫婦喧嘩」が増える理由4選

妊娠中は何かと協力的で頼りになった夫。
しかし出産後は、些細な行き違いから喧嘩に発展しがち。
なぜ出産後に夫婦喧嘩が増えるのでしょうか?

今回は、その理由をご紹介いたします。!

(1)今までと変わらない意識

『子どもが生まれたんだから少しは自覚持ってほしい』(25歳/主婦)

年末出産だったこともあり年末に退院したため、翌日仕事納めで夫も休暇に入ったため里帰りしませんでした。

もちろん赤ちゃんが家にきたので環境は変わりましたが、夫自身は今までと変わらずお祝いにきた人と楽しく飲み、皆が帰ったら疲れて寝る。
今までは私が片付けしてましたが、娘が寝てからと思ってもリビングに寝かせていたため、片付けすれば起きてしまいます。

少し見ててもらいたくても「今までと変わらず飲んで、疲れたから寝る」という姿勢にイラっとしたことは何度も…。
後で聞いたら本人曰く「うれしくて人が来てくれるのも、かわいいね。よかったね。と言ってくれるのもうれしくて。一緒に飲み過ぎてしまっていた」とのこと。

でも、そのうれしさは私も分かるし、他のことはかなりやってくれていたので喧嘩にまではなりませんでした。

(2)母としての意識

『夫は口だけで行動が伴ってない』(31歳/主婦)

 夫は、「娘が最優先だ。」とよく言ってくれますが、例えばご飯の時間を過ぎるのに娘が寝ない。ご飯食べない。などいつもあることです。
一応何も言わずに待っていますが、何か手伝う訳ではなくただ待っている。
私としてはよそって食べていてもらった方が気楽だったりもしますが、それを言うとそこまでして食べたい訳ではない。と。
あれもこれもやらなきゃと思うと余裕がなくなってしまうが、やってよと言ってしまったら角が立つので1人であたふたしています。

(3)何かあればお母さん

『マザコン夫を捕まえてしまった悲劇』(32歳/主婦)

娘が元気なときには一緒に遊んでくれる夫ですが、眠くて泣く時はすぐおっぱいが必要と判断され、「泣いてるよ」と預けて来る夫。
確かにおっぱい飲んで、添い寝で寝るのが一番早いし静かに寝ますが、「少し見ててくれても」と言うと「このくらいの時間はいつも眠くなる時間だろう」と言われてしまい、何をしていようが関係なく娘が寝るまでは手が付けられなくなります。

分かって入るけど、後少しで終わると言うときには、少し見ていてと言いたくなるところ…。
些細なことでの言い合いで済み、喧嘩にまで発展しませんが、言ってしまったら喧嘩かもしれません。

(4)勝手な勘違い

『怒る暇があるなら子育てに協力してほしい』(26歳/主婦)

些細なことで夫から何か言われたときに私がニコニコせず考えた顔、悲しい顔をしたときに常にへそを曲げた、怒ったと判断しさらに夫がいらだつと言うことがよくあります。

私は怒っている訳ではないのですが、夫のイライラがさらに強くなり、口もきかなくなる。
喧嘩と言うよりも勝手な勘違いによりイライラされイヤな思いをする。
それも今までは何が行けなかったのか聞くようにしていましたが、最近では流しているので喧嘩にならずに時間とともに終わります。

特に喧嘩が多くなったと言うことはありませんが、娘優先でそれどころではなくなったと言うのが正直なところかもしれません。


いかがでしたか?
子ども中心の生活になった影響で、意識に変化が生じるために喧嘩が起こりやすくなる様子。
お互いに子育てを通じて一致団結できるように、話し合いをしてみるのもいいかもしれませんね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク