産婦人科の選び方と自宅出産について


選び方のポイント

■家から病院までの距離
トラブルがあった時にすぐに行ける場所を選びましょう。産後はパパがよく行くようになるので、パパの会社から近いなどの事も考えましょう♪

■緊急時の対応
出産時、緊急の事態が発生した場合、院内で対応してくれるのか、又は他の病院に搬送される場合はどこの病院なのかを把握しておきましょう!

■口コミも参考に
周りに出産経験のある友達がいるなら、お世話になった病院の評価などを聞いたり、インターネットで口コミを調べるとよいでしょう。

■施設について
出産場所についてもしらべましょう。和室で出産やLDR(LDRとはふつうのベッドから分娩台に変わるベッド)分娩室での出産などがあります。LDRは、分娩室への移動をしなくても入院室での出産が可能なので、入院している部屋の雰囲気で出産できます。又、家族の宿泊を希望する場合は、可能か調べましょう。

■料金について
病院によって料金の差が結構ありますので、入院日数や大部屋と個室の料金についてなども調べておきましょう。

■出産時と出産後について
出産する際に、ビデオを撮影したい、無痛分娩ををしたい場合は前もって可能か調べましょう。又、出産後は授乳指導をしてくれるのかも調べておいたほうが良いでしょう。病院によっては母乳が出にくい場合、人口乳に切り替えるとこもあります。

総合病院と個人産院と助産院の違い

■総合病院のメリットとデメリット
総合病院にはいろいろな診療科がるので、なんらかのトラブルが起こったとしても各科と連帯して迅速に対応してくれるので安心です。又、出産時にはNICUが設置されている病院だとさらに安心できます。NICUとは、「新生児集中治療室」のことで、病産院によって設置しているところと設置してないところがあります。デメリットは医師数が多い為、毎回違う医師が対応することがり、待ち時間も長い。

■個人産院のメリット
個人産院とは、名前は○○産婦人科などの産院の事で、産婦人科の医師が個人で開業し、ベッド数が19床以下の診療所の事です。個人産院は基本的に一人の医師にみてもらうため、信頼関係を築きやすいのがメリットです。又、産院によっては産後のエステやマッサージなどいろいろなサービスをおこなっているところもあります。デメリットは緊急時に大病院などと連携が必要になる事です。

■助産院のメリットとデメリット
医療法で定められた施設のことで、不特定多数の妊産婦の保険指導や分娩を行い、入院床数は9床以下の施設を言います。一番のメリットは本人がリラックスできる場所で、一番楽に感じる姿勢で自然に出産できるということです。デメリットは自然出産のみ処置することができ、投薬や帝王切開などは行うことは出来ず、医師が常駐していないので医療行為が出来ず、総合病院などに搬送となる為、時間が掛かってしまう。

自宅出産について

自宅出産をする場合は、助産師さんに頼みましょう。夫婦だけで出産する「無介助分娩」は、絶対にやめて下さい。 助産師さんは、出張分娩を行っているとこを探すとよいでしょう。地域別に助産師を探す事ができるサイトはこちら>>社団法人日本助産師会

自宅出産は誰でもできるわけではなく、下記のような方はできません。

などがありますが、他にもありますので、助産師に相談してみましょう。又、助産師は医療行為ができないため、緊急のトラブルが起きた場合に対応が遅れるなどのリスクもあります。

色々な分娩方法についてはこちらをご覧ください。

産婦人科の情報・口コミ

どんな産婦人科があるの?
エリア別のおすすめ産婦人科をチェックしておきましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク