産前産後休暇制度について

産前産後休暇制度について

産前産後休暇制度

産前産後休暇制度とは産前は6週間(多胎妊娠は14週間)、産後は8週間の休業期間を取得する事ができる制度のこと。(労働基準法第65条)

会社は6週間(多胎妊娠は14週間)以内に出産する予定の女性が、休業を申請した時には就業させてはいけません。(本人の希望があれば、産前休暇を申請せずに、出産前日まで仕事をすることも可能です。)また、産後8週間を経過していない女性も就業することができません。(産後6週間を経過した女性が申請した場合は、医師が就業につき支障がないと認めた業務につかせることは差し支えありません。)

ここで、産前休暇は本人の請求により与えられることに対し、産後休暇は本人の請求の有無に関係なく6~8週間は与えなければいけません。

死産・流産の場合・・・出産とは「妊娠4ヶ月以上経過した場合の分娩」をいいます。よって、4ヶ月経過後の死産・人口流産も含まれるので、産休を取得することができます。

※会社の規則で産休がない場合でも、法律が優先され、産休を取得することができます。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?