赤ちゃんの性別が分かる時期

赤ちゃんの性別はいつ決まる?

赤ちゃんの性別

赤ちゃんの性別は受精する段階で決まっています。 お母さんの卵子にYの染色体をもつ精子が受精すれば男の子、Xの染色体をもつ精子が受精すれば女の子になります。途中から性別が変わることはなく、その時のパパの精子の染色体次第で赤ちゃんの性別が決まってしまうのです。

性別確定

お父さんは赤ちゃんの性別を決めるという、とても大切な役割を担っているんですね。受精で性別が決まると言っても、見た目で性別が分かるまでには少し時間がかかります。 赤ちゃんは未分化性腺というものをみんなもっており、未分化性腺という組織が性器へと変化していくのです。卵巣になるか、精巣になるか不明の為「未分化性腺」と呼ばれます。

性別の変化

性別を決めるのに重要なのは性器です。性器は「外性器」と「内性器」の2種類に分けられます。外性器とは、文字で見た通り外から見て分かる性器の事で、内性器は卵巣や精巣といった体内にある性器の事です。男の子も女の子も、まずは女性型の性器から作られていきます。その際、Y染色体(男の子の染色体)が存在しないと女性の内性器(子宮や膣など)や外性器(われめ・ひだ)などが作られていきます。精子がY染色体をもっていると、男性の内性器(精巣・陰嚢)、そして外性器が作られていきます。妊娠9週頃から男女の差が出てきて、11週頃から区別がハッキリとしてきます。

性別が分かる時期

性別を確認出来るのは早くて妊娠16週ごろから可能です。 確認がしやすいのは妊娠24週前後だと言われています。 赤ちゃんの胎位や赤ちゃんの手足の位置によっては、確認に時間がかかる事もあります。赤ちゃんが、股に手を挟んでいたり・・お尻を向けていたり・・股を閉じていたりしていると確認が出来ません。最近の最新超音波機器では、性別を間違えて伝えるという事は無いに等しいそうです。ですが、まだまだ最新機器を取り入れていない病院などは「100%間違いない!」など断言は出来ず、生まれてみてからでないと分からないという現状もまだまだあるようです。

ちなみに、エコーで性別を確認する際に、エコーで確認出来る女性器の事を日本だと「たらこ」「コーヒー豆」「木の葉」などと表現する産院もあります♪アメリカではマリリンモンローの唇に見立て「モンローリップ」と呼ぶようです。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?