妊娠中、赤ちゃんの性別はいつわかる?見分け方やジンクスまとめ

つわりがおさまってきて安定期に入ってくると、気になるのは赤ちゃんの性別ではないでしょうか?

元気に産まれてきてくれれば、男の子でも女の子でもどちらでもよいと思っていても、わかるなら知りたいという気持ちになります。

二人目、三人目となると、次は男の子がいいとか、女の子がほしいとか希望が出てきたりもします。

赤ちゃんの性別はいつからわかっているのでしょうか?
自分で見分ける方法はあるのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの性別を見分けることができる時期と方法、男女の産み分け方法などについてご紹介します。

赤ちゃんの性別はいつ決まる?

赤ちゃんの性別は、卵子と精子が受精したときにすでに決まっています
妊娠中に性別が変わることはありません。

卵子はX染色体だけを持っています。
精子はX染色体もしくはY染色体を持っています。

卵子がX染色体を持つ精子と受精すると、赤ちゃんの染色体はXXとなり、女の子になります
卵子がY染色体を持つ精子と受精すると、赤ちゃんの染色体はXYとなり、男の子になります

しかし、受精してすぐ、受精卵に男女の区別がつくわけではありません。
受精卵には未分化性腺というものがあり、それが細胞分裂を繰り返すことによって、やがて男性性器もしくは女性性器へと変化していきます。

性器の変化

男女の性別を判断する決め手は、男女それぞれの性器です。
性器には、身体の外にある外性器と、体内にある内性器があります。

X染色体のみを持つ受精卵の未分化性腺は、子宮や膣などの女性の内性器と外性器(小陰唇、大陰唇など)に変化していきます。

Y染色体を持つ受精卵の未分化性腺は、精巣、陰嚢といった男性の内性器と外性器(ペニス)に変化していきます。

妊娠9週目頃から男女の特徴に違いが出始めて、妊娠11週目頃には男女の区別がはっきりとできるようになります。

赤ちゃんの性別はいつわかる?


赤ちゃんの性別は、産婦人科の検診でおこなわれるエコー検査(超音波検査)によって知ることができます。

妊娠11週目頃には、男女の性器の区別がはっきりしてくるとはいえ、まだエコー検査で男女の性別の特徴を判断できるほどではありません。

エコー検査で性別が判断できるようになるのは、早くて妊娠16週目(妊娠5ヶ月目)頃からです。
ちょうどつわりもおさまりかけて、安定期に入った頃です。

男女の性別の特徴がよりはっきりと診断できるようになるのは、妊娠24週目(妊娠7ヶ月目)に入ってからです。

エコー検査による男女の性別の見分け方

男の子の場合、胎児の太ももの間にピーナッツのような突起物を確認することができます。
エコー写真で突起物を確認した場合は、100%に近い確率で男の子だと診断できます。

女の子の場合は、男の子の特徴である突起物はなく、太ももの間に木の葉のようなものが見えます。

また、女の子の場合は、子宮と膀胱がふたつの黒い点としてエコー写真に写ります。
男の子の場合は、膀胱だけですので、黒い点はひとつになります。

ただし、エコー検査時の胎児の位置や向きによっては、診断が難しい場合があります。
お尻を向けていたり、足を閉じていたり、股の間に手を挟んでいたりすると、赤ちゃんの性器を見ることができません。

性別を見誤ることはある?

エコー写真では女の子だと思っていて男の子が産まれた場合は、エコー検査時に男の子のシンボルがうまい具合に股の間に隠れていたということが考えられます。

逆に、エコー写真で男の子だと思っていても、へその緒を男の子のシンボルと勘違いしていて、産まれたら女の子だったというケースがあります。

エコー検査の技術は発達してきていますが、それでも100%の確率で赤ちゃんの性別を診断できるわけではありません

先生に赤ちゃんの性別を聞いても大丈夫?

今はほとんどの病院・産院で、産まれる前に赤ちゃんの性別を教えてくれるので、気になれば先生に聞いても問題はないでしょう。

また、赤ちゃんの性別を確信した場合、先生の方から教えてくれることもあります。

赤ちゃんの性別は産まれてくるまでのお楽しみにしておきたい場合は、性別は言わないでほしいことを医師や看護師に前もって伝えておいた方が無難です。

自分から聞くのであれば、妊娠24週目以降の男女の特徴がはっきりと診断できるようになった頃がよいでしょう。

ただし、病院や産院によっては妊娠中に性別を教えてくれないところもあるようです。

また、エコー検査の目的は胎児が順調に発育しているか、胎盤の位置に問題はないかどうかを把握するためであることを理解しておいてください。

男女の性別を知ることはエコー検査の本来の目的ではないので、あまりしつこく先生に尋ねるのはやめておきましょう。

男女の見分け方迷信・ジンクス

エコー検査が発達していなかった時代の人たちは、色々な方法で産まれる前の赤ちゃんの性別を予想していました。
赤ちゃんの性別を知りたいという気持ちは、いつの時代も変わらないようです。

以下に性別判断のジンクスをいくつかご紹介します。

お腹の出方

  1. お腹が前に突き出ていたら男の子
  2. お腹が横に広がっていたら女の子

お腹の出方に違いがあるのは、妊婦の骨盤の形の違いによるものです。

骨盤が広ければ、赤ちゃんの頭や身体は骨盤の中にすっぽりおさまることができるので前に突き出てくることはありませんが、骨盤が狭ければ、赤ちゃんは骨盤の中におさまることができないので、お腹は前に突き出てきます。

つわりの程度

  1. つわりが軽ければ男の子
  2. つわりがひどければ女の子

つわりは個人差が大きいため、一概にはいえません。
つわりがひどかったけれど、産まれたら男の子だったというママもいます。

顔つきの変化

  1. 顔つきがきつくなったら男の子
  2. 顔つきが優しくなったら女の子

ママの表情や顔つきによってというのは、医学的な根拠はありません。

食べ物の好みの変化

  1. お肉が食べたくなったら男の子
  2. 甘いものが食べたくなったら女の子

つわりの時期は食べ物の好みが変わることが多くありますが、それによって男女がわかるというものではありません。

手首の脈

  1. 左の脈が強かったら男の子
  2. 右の脈が強かったら女の子

手首の脈は、通常強さは左右対象です。
あまりにも左右差が大きい場合は、脈が弱い方の腕の血管に動脈硬化がおこっている場合がありますので、医師にご相談ください。

どれも昔からの言い伝えや迷信によるもので、科学的根拠はありません。

子どもに聞いてみる

子どもに聞いてみると、「女の子だよ」とか「男の子だよ」と教えてくれて、実際に赤ちゃんが産まれたらあたっていたという話があります。

なんの根拠もありませんが、子どもの心は純粋だということでしょう。

男女の産み分け方法

男の子がほしい場合は、Y精子の「アルカリ性に強く、酸性に弱い」「寿命が1日だけ」という特徴を利用します。

方法としては、排卵日の膣内の酸性度が最も弱い時期に性交をおこないます。
精子の膣内での移動距離をできるだけ短くするために、男性器をなるべく深く挿入してから射精をおこなうのがよいといわれています。

女の子がほしい場合は、X精子の「酸性に強く、アルカリ性に弱い」「寿命が2〜3日と長い」という特徴を利用します。

方法としては、排卵日の2日前に性交をおこないます。
酸性度が強い膣内で排卵を待たなければならないため、酸性に強く、寿命が長いX精子が生き残る可能性が高くなります。

ご夫婦でタイミングを相談してみてください。

ただし、100%の確率で産み分けができるわけではありません。

不妊治療中もしくは高年齢で妊娠を望むご夫婦には産み分け方法はおすすめできないとされています。
産み分け方法では、望まない性別を染色体に持つほうの精子の数を抑えることになりますので、妊娠の確率が下がってしまうからです。

おわりに


最近は赤ちゃんの性別を知らないまま出産を迎えるママやパパは少ないのではないでしょうか。

出産前に男の子か女の子かを知ることによって、赤ちゃんの洋服など出産後の準備がしやすかったり、男女どちらかにしぼって名前を考えることができるなどのメリットがあります

しかし、赤ちゃんが希望の性別でなかったからといって落胆することのないよう、気持ちにゆとりをもって、産婦人科の先生に赤ちゃんの性別を尋ねるようにしてください。

男の子であれ、女の子であれ、元気に産まれてきてくれることが大切なことなのですから。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク