妊活中の鉄分不足は不妊になる!?オススメのヘム鉄サプリ6選

女性の妊活に必要な栄養には、葉酸やマカのほか、「鉄分」があります。

鉄分不足は貧血を引き起こすだけではなく、不妊の原因になることもあるのです。

しかし、多くの女性が鉄分不足で、自覚症状のない「隠れ貧血」であるといわれています。

鉄分は、レバーなどの食材に多く含まれますが、毎日これらを必要量食べ続けることは大変です。

そこで、食事で不足しがちな鉄分を補えるおすすめのサプリと、選び方のポイントを紹介します。

妊活中の女性におすすめの鉄分を補うサプリ6選

鉄分が十分補えて、さらに妊活中の女性におすすめしたい栄養素が、しっかりと含まれるサプリを紹介します。

マカナ


【公式サイト】

内容量:120粒(1日4粒)
通常価格(税込価格):6,580円
定期購入(税込価格):3,980円 ※最低購入回数なし
鉄分:8.7mg

厚生労働省の定める基準を、鉄とビタミンEでクリアした栄養機能食品です。

鉄分だけでなく、妊活に特化したマカをたっぷり配合し、葉酸は厚生労働省が推奨する量の400㎍を配合してあります。

ほかにも、妊活に必要なビタミンE・ビタミンC・ビタミンB12・ビタミンB6・亜鉛など、妊活に必要な栄養素をぎゅっと配合しているサプリです。

マカナは女性だけでなく、男性の妊活にもオススメできる成分が配合されているため、夫婦で続けられるのもよいポイントですね。

マカナの詳細をチェック

この記事もチェック!

プレミン

プレミン・プレミンMen
【公式サイト】

内容量:124粒
通常価格(税込価格):5,980円
定期購入(税込価格):3,880円 ※最低購入回数なし
鉄分:15mg(うちヘム鉄8mg)

安全性と、栄養素のバランスが気になる方におすすめしたいのはプレミン。

全成分の原産国と最終加工国を開示し、ホームページでも栄養素の含有量を全て掲載しており、安全性や製造過程の透明性に高い信頼がおけるサプリです。

葉酸が推奨量400μg含まれており、さらに鉄分の吸収を助けるビタミンCもたっぷり配合されています。

葉酸もしっかりとりたい妊活中の女性には、最適でしょう。

プレミンの詳細をチェック

合わせて読みたい!

ベルタ葉酸サプリ


【公式サイト】

内容量:1袋120粒
通常価格(税込価格):5,980円
定期購入(税込価格):初回3,980円※最低購入回数6回
鉄分:20mg(非ヘム鉄)

妊活に必要な栄養素を、まんべんなく摂取したい方におすすめは、ベルタ葉酸サプリです。

ヘム鉄吸収率の劣る非ヘム鉄ですが、含有量がほかのサプリに比べて圧倒的に多く、鉄分の吸収を助けるビタミンCやビタミンB12が配合され、吸収率をあげています。

そのほか、カルシウム、ビタミン・ミネラル、野菜エキスや美容成分などが配合されており、妊活中も美容にも気をつけたい女性に人気のサプリです。

ベルタ葉酸の詳細をチェック

この記事もチェック!

美めぐり習慣

美めぐり習慣
【公式サイト】

内容量:150粒(1日5粒)
通常価格(税込価格):3,980円
トライルセット(税込価格):1,480円(送料無料)
定期購入(税込価格):2,980円 ※最低購入回数なし
鉄分:10mg(ヘム鉄100%)

ヘム鉄の含有量と、吸収促進を重視する方におすすめです。

鉄分の吸収率を上げるビタミンCのほか、葉酸もしっかり配合しているため、貧血対策には申し分ないといえるでしょう。

ハーブミックス配合で、鉄分サプリに独特のニオイや味にも気を配り、飲みやすさを追求しています。

さらに、しっかり血液が身体に巡るように、冷え性対策として生姜も配合されているため、妊活中の冷えに悩んでいる方にもよいですね。

葉酸は200μgとやや少なめです。

美めぐり習慣の詳細をチェック

プレグナオールママ

女性の不妊・妊活サプリ[マカ、葉酸緑茶、タンポポ、ルイボスティ、ヘム鉄、日本米麹、シリカ、アセロラビタミンC ]など妊活に必要成分配合 プレグナオールママ

内容量:84粒(1日3粒~8粒目安)
通常価格(税込価格):5,400円
定期購入(税込価格):4,590円 ※最低購入回数なし
鉄分:5mg(ヘム鉄)

1日鉄分の推奨摂取量としては、やや少なめですが、しっかりヘム鉄で構成されており、吸収力を高めるアセロラビタミンCも配合しています。

食生活改善をメインに、補助的にサプリで栄養素を補給する妊活スタイルの方に最適でしょう。

葉酸245μgに加えて、マカも配合された妊活サプリ。

そのほかの栄養素も、日本米麹、ルイボスなど、自然素材に由来しているので安心です。

ディアナチュラ ヘム鉄 With サポートビタミン

ディアナチュラ ヘム鉄 With サポートビタミン2種 30粒

内容量:30粒(30日分)
通常価格(税込価格):842円
鉄分:3.0mg(ヘム鉄)

ドラッグストアで購入できる、価格も手頃なサプリです。

一日1粒という少量の摂取量ですが、葉酸も200μg含まれています。

鉄分はほかのサプリと比べ少なめなので、食生活の補助的に使いたい方におすすめです。

また、国内にある自社工場で、一貫管理体制のもと作れているので品質にも信頼が置けます。

鉄分が不足するとどうなるの?妊活に鉄分が必要な理由


貧血対策の必要を感じていない女性も、鉄分は妊活中に必ずとっておきたい栄養素です。

鉄分が不足すると、身体は貧血状態になるばかりか、不妊の原因にもなってしまうからです。

鉄分と黄体ホルモンの深い関係

鉄分は、血液と深い関わりがあります。

生理がある女性は、男性より鉄分を多く必要です。

鉄分は、女性にとても大事なホルモンである、黄体ホルモンの分泌を促す作用があります。

黄体ホルモンとは、排卵直後から卵巣で作られる女性ホルモンのひとつ。

受精卵が着床しやすいように子宮粘膜を厚くし、基礎体温を上げる大事なホルモンです。

鉄分は貧血予防だけではく、妊活中の女性には必要不可欠な栄養素なのです。

1日に必要な鉄分の摂取量は?

日本人の30歳~49歳の女性の場合、1日10.5mgの鉄分が必要とされています。

豚レバーであれば、約90g、小松菜であれば約350gも食べるとよいでしょう。

しかしレバー類は、ビタミンAが多いので、食べ過ぎには注意が必要です。

ビタミンAは、脂溶性ビタミンのため、妊娠初期に過剰摂取をしてしまうと、胎児の奇形リスクが高まるといわれています。

足りないのもいけませんが、多すぎてもいけないのです。

鉄分不足が不妊の原因に!

鉄分が不足すると、なぜ妊活に悪影響なのでしょうか。

鉄分不足が、引き起こす不妊の原因は、大きく3つあります。

1:鉄分は卵細胞の成長に必要

鉄分は、卵細胞が成長するのに、必要な栄養素です。

鉄分不足により卵細胞の成長が妨げられ、卵細胞が正常に育ちにくくなります。
排卵障害にもつながってしまいます。

2:黄体ホルモンの分泌を促す

鉄分には、黄体ホルモンの分泌を促す働きがあります。

黄体ホルモンの分泌が減少することによって、子宮内膜が薄くなり、受精卵が着床しにくくなるのです。

3:細胞が酸欠になる

血液中の酸素運搬が滞るため、卵巣への酸素が不足し、卵子の質へ悪影響を及ぼします。

4:貧血は生理不順にも

身体が常に貧血状態になるので、生理不順を引き起こします。

妊活サプリにデメリットはないの?


鉄分を、毎日に補えるのが、鉄分サプリです。

しかし、誰でも手軽に始められるいっぽう、サプリによる妊活にはデメリットもあります。

1:安全面への不安

サプリはあくまで栄養補助食品であり、人工的に製造されたものです。

なかには、低価格ですが、成分が合成物だったり、多くの添加物が入っていたりするものも。
添加物の摂り過ぎは、妊活の大敵です。

毎日体に摂り入れるものなので、できるだけ天然素材で、無添加のものを選びましょう。

2:経済的な負担

サプリはすぐに効果がでるものではなく、妊活のためには継続的に飲む必要があります。

安全性が高く、評判のいい高価なサプリを買っても、継続できないと意味がありません。

毎日続けられるように経済的に負担になりすぎない、自分に適した価格帯を選びましょう。

一定の回数、続けて購入することが、条件となっているメーカーもあるので、しっかりとした検討が大切です。

鉄分の過剰摂取による体への負担

鉄分を摂りすぎると、吐き気、嘔吐、下痢などの胃腸障害といった副作用が発生します。

また、過剰な鉄分は、体のいろいろな臓器に蓄積されてしまい、その状態が長く続くと、血管疾患や肝硬変、糖尿病につながるリスクが高まるのです。

鉄分サプリは、複数のサプリを合わせて飲むと、過剰摂取の危険があるため、1種類だけにしましょう。

妊活サプリのメリット


妊活の基本は体質改善なので、サプリを飲み始めても、すぐに効果がでるわけではありません。

しかし毎日の生活に、妊活をストレスなく効率的に組み込めることが、妊活サプリのメリットです。

手軽に鉄分を補える

肉や野菜から、毎日必要な量の鉄分を摂取するのは、なかなか難しいことです。

サプリであれば、必要な量の鉄分を、毎日確実に、そして手軽に補うことができます。

手軽なので、妊活として継続しやすいことも大きなメリットです。

妊活に必要な栄養素をまとめて摂れる

妊活に必要な栄養素は、鉄分だけではありません。

葉酸やビタミンなど、ほかの栄養素もバランスよく摂らなければ、妊活の効果は出にくいです。

しかし、全ての栄養素を意識しながら食事を考えるのは、ストレスになることも。
妊活サプリは、鉄分を摂取しつつ、妊活に必要なほかの栄養素も補える工夫がされています。

この記事もチェック

鉄分不足解消のために、妊活サプリを選ぶポイント


鉄分サプリはたくさんの種類があり、妊活を目的に作られていなものもあります。

妊活サプリとして、鉄分サプリを選ぶポイントを3つ紹介します。

吸収されやすいヘム鉄を選ぶ

鉄分には、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があります。

ヘム鉄は、肉や魚介類などの動物性食品に含まれる鉄分です。

いっぽう、非ヘム鉄は、野菜や海藻などの植物性食品に含まれる鉄分。

ヘム鉄のほうが、非ヘム鉄に比べると、5~6倍も体内への吸収率が高いといいわれています。

サプリの成分を確認するときは、鉄分がヘム鉄であるかどうかをチェックしましょう。

ビタミンが含まれているかもチェック

ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12には、鉄分の吸収をより高める効果があります。

これらのビタミンが、一緒に含まれているサプリを選びましょう。

葉酸も妊活サプリには欠かせない栄養素

葉酸を、妊娠前から妊娠初期に摂ることで、胎児の奇形リスクを低下させることができます。

そのため、厚生労働省では、妊活中から葉酸を摂ることを推奨しています。

厚生労働省の推奨する葉酸の一日の摂取量は400μgです。

複数のサプリを購入しなくてもいいように、葉酸が推奨量含まれるサプリを選びましょう。

妊活の効果をしっかり出すための、鉄分サプリの正しい用法


せっかく鉄分を摂取しても、鉄分がしっかり身体に吸収されないと効果がありません。

鉄分サプリには、妊活効果をあげるための飲み方があります。

鉄分の吸収力を上げる工夫

鉄分は、ビタミンC、クエン酸・リンゴ酸を一緒に摂ることで、吸収力があがります。

また良質なたんぱく質と鉄が結びつくことで、吸収が高まるといわれているのです。

そこで、ヘム鉄サプリを摂るときは、肉や魚と一緒に摂るなど工夫をしましょう。

サプリの理想的な摂取タイミング

鉄分はほかの栄養素と一緒に摂ることで、吸収率が上がります。

空腹時や食間よりも、食事のタイミングにあわせて摂るのが理想的です。

せっかくの鉄分サプリが台無しになる、NGな使用方法


手軽に妊活できることがメリットのサプリですが、用法には注意が必要です。

逆効果にならないように、正しい用法を事前にしっかり確認しましょう。

鉄分の吸収力を下げてしまう飲み物に注意

カルシウムやタンニンが鉄分と一緒になると、身体への吸収力を下げる要因になります。

牛乳やコーヒー、お茶と一緒に摂取するのは避けましょう。

適量を守って、過剰摂取を避ける

鉄分は過剰に摂りすぎると、身体に蓄積されるのです。

その余った鉄分は、動脈硬化や肝硬変を引き起こす原因になる可能性があります。

鉄分サプリが返って身体に悪影響を及ぼさないよう、サプリの摂取量は必ず守りましょう。

複数のサプリを一緒に摂ることはオススメしませんが、どうしても摂りたいときは、各栄養素の合計の摂取量に注意が必要です。

妊活に鉄分は必須栄養素


妊活サプリというと、マカサプリや葉酸サプリばかりに注目してしまいがちです。

しかし、鉄分も妊活中の女性には重要な栄養素。

鉄分不足は女性ホルモンの乱れを引き起こし、不妊につながるといわれています。

ところが鉄分は日頃の食生活からの十分な摂取が難しく、多くの女性が不足しているのが現状です。

自分にあった鉄分サプリを選び、さらに吸収力を高める工夫をしましょう。

鉄分をしっかりとることで、女性ホルモン分泌の活性化につながります。
卵子を健康に保ち、受精卵がふかふかの子宮に元気に着床できる準備をしましょう。

この記事もチェック

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク