子宮外妊娠について

子宮外妊娠とは

「子宮外妊娠」という言葉を耳にする事があるのではないでしょうか。頻度としては大体全妊娠数の約1~2%くらいの発症のため、言葉は聞いた事があっても、詳しい事までは知らないという方が多いようです。子宮外妊娠は女性なら誰にでも起こりうる事です。一緒に子宮外妊娠について学んでいきましょう。

子宮外妊娠とは通常の妊娠とは違い、文字の通り受精卵が子宮以外の場所で着床してしまう異常妊娠の代表的なものです。子宮以外で着床することを全て含めて「子宮外妊娠」と呼びますが、着床した場所によって呼称が変わってきます。卵管で着床してしまう「卵管妊娠」、卵巣で着床してしまう「卵巣妊娠」、子宮頚管で着床してしまう「子宮頚管妊娠」が主にあげられます。子宮外妊娠の方の98パーセントが卵管妊娠だと言われており、残り2パーセントの中に「卵巣妊娠」「子宮頚管妊娠」ごくまれに「腹腔妊娠」が起こります。

子宮外妊娠が起こる場所と名前

※腹腔妊娠とは・・・卵管から腹腔内にこぼれ落ちてしまい、そこで着床してしまう事です。

子宮外妊娠には初期症状がない!?

子宮外妊娠は、妊娠している事には変わりないので妊娠検査薬で検査をすると「陽性反応」が出ますし、つわりがある方や胸が張る方など妊娠初期の症状があらわれます。子宮外妊娠には初期症状がなく、通常の妊婦さんと同じようなマイナートラブルの症状のみがあらわれる為に、ママ自身が妊娠に気付き、産婦人科を受診した際に始めて「子宮外妊娠の疑いがある」と知らされる事が多いのです。妊娠を待ち望んでいた方にとっては、子宮外妊娠だと宣告さてツライ思いをされるかもしれません。ですが、早めに気付けた事は不幸中の幸いとも言えます。

子宮は赤ちゃんを育てる為に伸びたり縮んだり収縮できるようになっていますが、子宮以外の場所は収縮機能は備わっていません。その為、子宮外で妊娠してしまった場合は、早めに受精卵を取り除かなければ卵管や卵巣が破裂してしまいます。妊娠(子宮外妊娠)している事に気が付かず、卵巣や卵管が破裂してしまった時に初めて下腹部痛や不正性器出血(月経以外の出血)の症状があらわれるのです。破裂した場所によっては、かなりの出血量があり、最悪の場合は死に至る事があります。

子宮外妊娠しやすい人とは?

子宮外妊娠に関しては、まだまだ分かっていない事も多いようです。今現在、分かっている事は以下の通りです。

  • 以前、子宮外妊娠をした事がある方。過去に子宮外妊娠を経験された事のある方は、そうでない方に比べて次の妊娠が子宮外妊娠である可能性が10%ほど高くなると言われています。
  • 卵管やその周辺を手術した経験がある方や頻回の人工妊娠中絶の経験がある方。卵管や周辺を手術した傷跡が受精卵の移動を妨げてしまい、子宮外をひき起こす可能性があります。
  • 性感染症や骨盤内感染症に感染した事のある方。性感染症(性器クラミジア感染症)や骨盤内感染症に感染した事のある場合、卵管にダメージを与えてしまい、卵管が狭くなってしまっている事があります。
  • 虫垂炎や子宮内膜症、腹膜炎に感染した事のある方

検査方法

昔は危険な状態になるまで子宮外妊娠に気付けない事が多かったようですが、今の医療技術は進歩しており、超音波検査などで早期発見が可能になってきました。妊娠の可能性に気付き、妊娠検査薬で確認をして陽性反応が出た場合、嬉しさの余りに家族以外にも報告したくなってしまいます。今の時代は便利になりSNSなどを利用して、みんなに喜びをすぐにでも報告したくなってしまいます。ですが、病院にいって通常の妊娠であるかどうかを確認して、出来れば安定期に入ってからお友達などに報告するようにしましょう。

子宮外妊娠の治療

子宮外妊娠の治療にはいくつか種類があります。下記の治療法は早期で発見した場合に限ります。

  • 待機療法 (自然に吸収され治癒することがある為、待機して経過を見守る)
  • 薬物療法(手術が出来ない場合に行います。抗ガン剤を使用します。)
  • 手術(腹腔鏡や開腹手術で受精卵を取り除きます)

少し前までは卵管や卵巣を切除する事が多かったようですが、今現在は状況が深刻な場合(破裂寸前など)のみ切除をし、極力残すよう心がけているそうです。

子宮外妊娠の怖さ

子宮外妊娠は、妊娠には変わりない為、妊娠検査薬で「陽性」反応が出てしまいます。その為、ママ自身がとても幸せな気持ちになり、生まれてからの生活を想像してみたり、周りの方々に報告したりと、ワクワクとした気持ちにさせられてしまいます。産婦人科を受診して初めて子宮外妊娠だと気付き、赤ちゃんを諦めなければいけない現実と向き合わなければならないのです。残念ながら子宮外での妊娠になってしまった場合、今の医学では赤ちゃんを助ける事ができません。子宮外妊娠に早めに気付き、治療を受ける事が次の妊娠や未来へとつながります。

初めての妊娠の際に子宮外妊娠を経験され、片方の卵管を切除したという方がいらっしゃいます。ですが、その後3人のお子様に恵まれ幸せに暮らしています。

一度、子宮外妊娠を経験してしまうと、次の妊娠も子宮外妊娠になってしまわないかという恐怖心と、赤ちゃんとサヨナラした時の気持ちが思い出され、前向きになれないという方もいらっしゃいます。子宮外妊娠を経験した方でも、その後通常妊娠し出産した方を沢山知っています。子どもがほしいと望まれているのであれば、前向きにチャレンジしてもらいたいです。子宮外妊娠が心配な方は「子宮卵管造影検査」を受けてみるのもいいでしょう。

※子宮卵管造影検査とは・・・特殊な器具で子宮口に蓋をしてヨードの造影剤を注入し、その液が子宮から卵管へ流れていく様子をレントゲンで見る検査です。この検査により、子宮の中の状態(子宮の奇形や子宮筋腫の有無)や卵管の閉塞の有無などがわかります。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?