妊婦さんが気を付けたいサイトメガロウィルス


妊婦さんが気を付けたいサイトメガロウィルス

サイトメガロウィルス

赤ちゃんがお母さんのおなかの中ですくすくと育ち、そして産まれてくるときに、お母さんが持っていたウィルスなどの病原体に感染してしまうことがありますが、これを母子感染といいます。さらに、おなかの中にいるときにすでに感染してしまうこともありますし(垂直感染といいます)、無事に産まれたあとにも母乳を飲むことによって感染してしまう(水平感染といいます)こともあります。

ウィルスや菌によっては、おなかの中での感染…つまり胎内感染のおそれはありませんが、分娩時に産道を通ることで感染することがあります。この場合には、赤ちゃんが産道を通らなくてすむように帝王切開で出産するなどの予防ができます。

しかし、胎内感染・分娩時の感染・授乳時の感染など、どの経路での感染もあり得るというとても恐ろしいウィルスがあります。それが「サイトメガロウィルス」です。

サイトメガロウィルス=ヘルペスの一種

妊娠中・出産時にお母さんから赤ちゃんに感染することで重い症状が出るもの、たとえばサイトメガロウィルスをはじめトキソプラズマや風疹といったもの。これらを総称して「TORCH(トーチ)症候群」といいます。

そもそもサイトメガロウィルスって、どんなウィルスなのでしょうか?これは、私たちの身近にある「ヘルペス」ウィルスの一種。よく風邪をひいたときなど抵抗力が下がったときに、ぽつぽつと口元に痛みのある腫れがあらわれるヘルペス。多くの人が小さなころに感染していて、そこから一生体のなかに住み着いて活動をします。サイトメガロウィルスも同じで、多くの人がもともとウィルスをもっているお母さんの母乳を飲んだり、唾液や性行為で感染します。

これだけ聞くと「普通のヘルペスと同じ?」と思ってしまいますよね。しかしサイトメガロウィルスは油断できないウィルスで、問題は妊娠したお母さんがこれまでにウィルスに感染していないという場合。また、ウィルスをもともと持っていても、何らかの理由で免疫力がガクっと低下してしまった場合、おなかの赤ちゃんに感染してしまう可能性があるんです。

サイトメガロウィルスによる症状って?

おなかの赤ちゃんがサイトメガロウィルスに感染したからといって、重病・死に必ずつながるというわけではありません。感染しても無症状の場合もありますし(不顕性感染といいます)、症状の重さもさまざまなんです。産まれてしばらくしてから感音性難聴や、精神運動発達遅延などの症状があらわれることもあります。

胎児の症状

妊婦健診で異常が見つかることがあります。たとえば、羊水過多・子宮内胎児発育遅延・胎児水腫・小頭症・脳内石灰化・腹水などです。また、自閉症をはじめ、難聴やてんかん、視力障害の原因にもなってしまうと言われています。

新生児の症状

低体重(小さく産まれてしまう)・小頭症・水頭症・けいれん・黄疸・血小板減少・貧血・ぽつぽつとした出血斑などが起こります。

妊婦さんが気を付けたいサイトメガロウィルス

上でもお話したように、もともとサイトメガロウィルスを持っているという方ならそこまで心配はないと言われています。以前は本当に多くの人がサイトメガロウィルスに感染していたので、妊娠してから初めて感染する…ということが少なかったのですが、近年ではもともと感染しているという方が減っていると言われています。これは、以前よりも身の回りを清潔にしたり、身近な間柄でもウィルスに感染しないように気を付けているなどの理由が挙げられます。

未感染の妊婦さんが妊娠中、特に妊娠前期にサイトメガロウィルスに感染すると、赤ちゃんは先ほどの説明のような症状をもつことがあるので問題視されています。このようにサイトメガロウィルスに感染して起こる病気をまとめて、「巨細胞封入体症(CID)」といいます。

ウィルスがあちこちの臓器に感染し、臓器の細胞の中に核内封入体という物質を作ってしまいます。この物質なのですが、ひとつひとつの細胞を働かせている「核」の中に、なんの機能も持たないただの邪魔者として作られたもの。ですから、サイトメガロウィルスのせいでこの邪魔者がたくさんできることで、細胞の働きをおかしくさせてさまざまな症状を起こしてしまうんです。

残念ながら、サイトメガロウィルスの予防法や治療法はないと言われています。産まれた赤ちゃんになんらかの症状がある場合には、症状を軽減させるのに有効だと言われているガンシクロビルという薬が使われます。が、これは妊婦さんには使うことができません。

サイトメガロウィルスに感染する確率

気になるのは、どれくらいの確率で感染してしまうか?ということですね。

まず、もともとサイトメガロウィルスに感染していて抗体を持っている!という方は、70~80%だと言われています。そのうち、妊娠中に免疫力が低下してしまうことでウィルスが再活性化して、おなかの中の赤ちゃんに感染してしまうというケースが、2%ほどだということです。さらに、そのうちの1%の胎児になんらかの障害があらわれると言われています。

そして、まったく抗体を持っていないという未感染の妊婦さんは20~30%ほどいらっしゃいます。このうち1~2%の妊婦さんが、サイトメガロウィルスに感染してしまうと言われています。初感染してしまった妊婦さんのうち、さらに40%ほどが赤ちゃんに感染します。

胎児のうちに感染しても症状がない場合

感染したとしてもそのうち80%ほどが症状がなく、産まれたあともまったく問題なく成長していきます(不顕性感染)。ただ、胎児のときには症状がなくても10%ほどの赤ちゃんは、産まれてしばらくしてから難聴や精神遅延があらわれますが、発症が遅いので見つかりにくいのが問題です。

胎児のうちに感染して症状がある場合

おなかの中にいるときにサイトメガロウィルスに感染した赤ちゃんのうち、約20%に症状があらわれます。それでも少数は問題なく成長していきますが、ほとんどの場合は難聴・精神遅延・運動障害といった症状があらわれます。

確率で見るとごくごくわずかだということがわかりますが、それでもサイトメガロウィルスに感染する妊婦さんがいらっしゃるということは、事実です。

サイトメガロウィルス、どうやって感染がわかるの?

この恐ろしいサイトメガロウィルスですが、妊婦健診の中でおこなわれる項目には含まれていません。調べることもできますが、感染しても対処法がないために健診では基本的に調べないということです。

羊水検査をすることで感染が発覚することもあるのですが、時期によっては偽陰性(実は感染しているのに陰性)となることもあるので、100%ではありません。また、健診のときのエコーでも特に異常が見られない…ということも多いようです。そして、予防法・対処法がないため、万が一妊婦さんの初感染がわかったとしても、胎児治療などはできません。

赤ちゃんが産まれてからは、産まれてすぐ新生児の聴力を調べる「新生児聴力スクリーニング」という検査が行われます。この結果、難聴である・または疑いがあることで、サイトメガロウィルスに感染しているということが発覚することもあります。ですが、この検査をパスしたとしても、後になってから難聴があらわれることもあるので油断はできません。

サイトメガロウィルスについてのまとめ

サイトメガロウィルスの抗体を持っていない…という方であっても、妊娠中に初感染するという確率は本当にごくわずかです。ですが、万が一感染してしまったら赤ちゃんにもお母さんにも治療をすることはできませんから、まず清潔にすることを心がけ、ウィルスに感染しないように気を付けましょう。特に、小さなお子さんがいらっしゃる家庭や保育士さんなどの職業の方は、小さな子どもの尿や唾液には触れないように心がけましょう。これは、ウィルスを持っている子どもの体液に触れやすい環境だからです。

サイトメガロウィルスはアルコール消毒や、石鹸での手洗い、そして乾燥に弱いということです。ですから、アルコール消毒をしたり、布団を干すなどしてウィルス感染しないよう予防していきましょう。

気に入ったらシェア

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。