早産とは?産まれた赤ちゃんは?原因や予防方法をチェック!

赤ちゃんは通常、妊娠37週~41週の「正期産」と呼ばれる期間に生まれてきます。
この間に生まれてくる赤ちゃんは、外界でも生きていける健康な身体になっていることがほとんどです。

しかし、妊娠37週を満たない時期(妊娠22週0日~妊娠36週6日)に生まれてしまうケースもあり、これを「早産」と呼びます。

早産にはさまざまなリスクがあり、赤ちゃんが未熟児として生まれてくることで後遺症をわずらってしまう危険性もあるのです。

早産の原因や確率、リスクなどに迫り、早産にならないための予防法についてみていきましょう。

早産とは?

日本産科婦人科学会では、早産を下記のように定義しています。

早産とは正期産(妊娠37週0日~妊娠41週6日まで)以前の出生をいいます。
日本では妊娠22週0日~妊娠36週6日までの出産を早産と呼びます。
妊娠22週未満の出産は流産といい、早産とは区別されます。国による医療技術の違いにより、妊娠24週以降や、妊娠28週以降に出産しなければ、早産として扱わない国も多くあります。

妊娠22週~36週の間で生きて生まれてくる場合は「早産」ですが、生存できなかった場合は「死産」と呼ばれます。

妊娠22週未満に赤ちゃんが出てきてしまうことは「流産」となります。

また、妊娠37週~妊娠41週までに生まれると「正期産」ですが、それを超過しての分娩は「過産期」と呼ぶのです。

早産には2種類ある

早産は、自然早産と人工早産の2種類に分けられます。

  • 自然早産:何らかの原因によって妊娠の継続が不可能になり、自然に早産になってしまうこと
  • 人工早産:ママと赤ちゃんに危険が及んでいる場合に、お産の時期を人工的に早めること

なお、同じ原因で3回以上自然早産を繰り返すことを「習慣早産」といいます。

切迫早産は早産の一歩手前

正期産の期間より早く生まれることを「早産」と呼びますが、その一歩手前の状態を「切迫早産」といいます。

切迫早産では、子宮収縮が頻繁に起こったり、子宮口が開く、破水するなど、出産直前の症状が妊娠22~36週の間に起こるのです。

早産になる確率

山梨県立大学看護学部の調査によると、すべての妊娠のうち、早産の割合は2000年で5.4%、2008年で5.8%と増加傾向にあるようです。

これはおよそ20人に1人の割合です。

流産は妊娠の20%に及ぶとされており、流産よりは少ないものの、1980年には早産の割合が4.1%というデータもあることから、やはり早産は年々増えているといえるでしょう。

早産の原因


早産の原因、喫煙などの生活習慣から感染症、母体の体質までさまざまです。

自然早産の原因

自然に早産になってしまう原因は、どのようなことが考えられるでしょうか。

  • 子宮頸管無力症(子宮頚管に十分な強度がなく、子宮収縮しないのに開いてしまう)
  • 羊水過多症
  • 細菌、ウイルスの感染症
  • 絨毛羊膜炎
  • 子宮筋腫
  • 子宮奇形
  • 喫煙
  • 過去に早産を経験したことがある
  • 疲労・ストレスが多い生活
  • 双子や三つ子といった多胎妊娠

人工早産の原因

出産の時期を人工的に早める、人工早産の原因はなにがあるかをみてみましょう。

  • 胎児機能不全
  • 常位胎盤早期剥離
  • 前置胎盤
  • 妊娠高血圧症候群
  • 前期破水

なお、近年では35歳以上の女性が出産すること、いわゆる高齢出産が増えており、早産の増加との関連性が指摘されることがありますが、医学的な因果関係は認められていません

しかし、高齢出産の場合、上記にあげた妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)のリスクが高まるため、注意が必要です。

また、近年ではママが歯周病にかかっていると早産になる可能性が高まるという調査結果が報告されています。

歯周病菌が体内に侵入することで、胎盤まで菌が入り込んでしまうことが原因のようです。

さらに、歯周病にかかると「プロスタグランジン」と呼ばれる炎症物質が増殖し、子宮収縮につながるといわれています。

早産になった場合のリスク


早産で生まれた赤ちゃんは、2,500g未満で生まれてくることが多く、2,500g未満の赤ちゃんを「未熟児」と呼びます。

未熟児は身体の機能が十分に発達していないため、生存率が低下したり、後遺症をわずらうことがあるのです。

早産になってしまった場合、具体的にどのような危険があり得るのでしょうか。

出産が早ければ早いほど生存率が下がる

下記は1990年~2005年の間に集計された、早産で生まれた赤ちゃんの死亡率をグラフ化したものです。

1990年は27週までに生まれた場合の死亡率は50%を超えていましたが、時代が進むにつれ医療の発達により、早産での死亡率は低くなっているのがわかります。

また、早産でも1日単位で生存率が大きく変わるといわれており、妊娠22週0日と妊娠22週6日とでは、10~15%もの違いがあるそうです。

とはいえ、早産は正期産と比較すると、やはり赤ちゃんが生存できないというリスクが高まってしまうのです。

赤ちゃんの後遺症のリスク

赤ちゃんが早く生まれてくればくるほど、後遺症を抱えるリスクが高くなるといわれています。

1,000g以下の赤ちゃん(超低出生体重児)のうち、10~20%に障害が残る可能性があるといわれています。
胎児の体重が1,500gを超えると、その確率は5%以下にまで下がるようです。

早産で起こり得る障害には、下記のようなものがあります。

  • 未熟児網膜症
  • 壊死性腸炎
  • 脳室内出血
  • 視力障害
  • 聴力障害
  • 知能発達の遅れ

早産で生まれた場合の治療法


妊娠22週~36週の間に出生すると、ほとんどの場合に身体の機能が未熟であるため、出産後しばらくの間は新生児集中治療室(NICU)に入院することになります。

未熟児で生まれた赤ちゃんは「保育器に入る」と耳にしたことがあるでしょう。
これは、自力で体温を調節できないため、外界と遮断して体温を適切に保つ目的があるのです。

低体重で生まれた赤ちゃんは、母乳や哺乳瓶を吸う力が足りないため、点滴で必要な栄養を送ります。

また、呼吸の機能の十分に備わっていないため、保育器の中で酸素の吸入を行ったり人工呼吸器をつけることで無呼吸発作を防ぐのです。

NICUは全国的に飽和状態にあることから、分娩した病院や近くの病院で空きがなければ、他県の病院に入院するケースもあるようです。

早産を予防するには


早産を回避して、正期産で健康な赤ちゃんを生むためには、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。

妊婦健診を必ず受ける

早産の原因は、先に述べたようにいくつも存在します。
これらを早い時期に特定するためには、妊婦健診を必ず受けることが求められます。

妊娠数週が浅いころは、次回の健診までに結構な日数があるでしょう。
その間に何か異常が感じた場合は、早めに病院に連絡することをおすすめします。

切迫早産の症状としてもっとも多いのが、お腹の張りです。
1時間に3回以上の張りを感じたり、お腹の痛みや出血を伴う張りを感じた場合は、すぐに受診することで早期発見につながります。

安定期中に歯医者に通う

ママが歯周病をわずらっていると、早産になる危険性が高くなります。

妊娠中はつわりなどの問題で、歯の治療を遠慮するママもいるようですが、体調が安定しやすい安定期のうちに、歯科検診を受けることをおすすめします。

自治体のなかには、母子手帳の発行時に、歯科検診の無料券を配布しているところもあるようです。

妊娠中のセックスはコンドームを使用する

妊娠中は避妊する必要はないと思う方もいますが、精液には子宮収縮を促すプロスタグランジンが含まれているのです。

感染症を防ぐためにも、妊娠中のセックスではコンドームを使用しましょう。

その他の注意点

他にも日常生活において、早産や切迫早産を招く要因がいくつもあります。
上記でご紹介した予防法以外に、次の点に注意しながら妊娠生活を送りましょう。

        • 体の冷えに注意

      寒いところにいたりするとお腹が張りやすくなります。

        • お腹に力を入れすぎない

      重いものを持った時にお腹に力が入り、張りを助長させてしまいます。

        • 激しい運動は控える
        • 立ちっぱなしに注意

      長時間立っていると、お腹に力が入り子宮が収縮しやすくなります。

        • ストレス・疲労をためない

      家事や買い物など負担になることは家族に手伝ってもらいましょう。

      • 妊娠高血圧症候群を予防するために、塩分は控える

早産は、医療の発達で赤ちゃんが助かるケースが増えていますが、それでもやはり死亡率や後遺症などの懸念はぬぐえません。

赤ちゃんが出生後も健康に育つためには、ママが妊娠中からさまざまなことに気をつける必要があります。

妊娠中に、少しでも切迫早産の兆候のような症状が現れたり、心配に思うことがあれば、ぜひ医師や周りの先輩ママに相談するようにしましょう。

そうすることで早期発見でき、赤ちゃんを危険から守ることができます。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア