早産の予防方法


早産とは

早産の予防

早産とは妊娠22週から37週未満の出産のことを言います。妊娠22週未満に赤ちゃんが流れてしまう事を流産といいます。赤ちゃんはママのお腹の中で1日でも長く育ててあげる事が大切です。ママのお腹の中での1日は私達の生活の時間の1週間分とも言われています。 早産は通常の出産と同じように、お腹が張り、出血・破水が前兆となります。早産の予防には切迫早産の処置を早くすることが大切です。

早産になりやすい人

下記の項目に当てはまる場合は早産になりやすい傾向がありますので、医師に相談しましょう。

  • 双子や三つ子など、多胎妊娠
  • 子宮頸管無力症(子宮頚管に十分な強度がなく、子宮収縮しないのに開いてしまう)
  • 早産を経験したことのある人
  • 子宮筋腫(他の記事参照)
  • 子宮奇形
  • 前置胎盤(胎盤が子宮口を塞いでる状態)
  • 糖尿病や腎臓病の合併症
  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
  • 細菌、ウイルスの感染症
  • 疲労・ストレスの多い生活を送ってる

早産にならない為には次の点に注意しましょう。

  • 体の冷えに注意。寒いところにいたりするとお腹が張りやすくなります。
  • お腹に力を入れすぎない。重いものを持った時にお腹に力が入り、張りを助長させてしまいます。
  • 運動は控える。動きすぎない。
  • 立ちっぱなしに注意。長時間立っていると、お腹に力が入り子宮が収縮しやすくなります。
  • ストレス・疲労をためない
  • 激しいセックスは避ける。感染予防の為にもコンドームは必ず付けましょう。セックスだけがコミュニケーションではないので、負担のかからない触れ合いをしましょう。
  • 長時間の運転は避ける。
  • 妊娠高血圧症候群を予防するために、塩分は控える。
  • おっぱいマッサージは程々に。おっぱいのマッサージについてはこちら

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?