妊娠中のタバコによる赤ちゃんへの影響について

煙草の影響

煙草を吸うと、どのような影響があるのか考えてみましょう。煙草に含まれているニコチンや一酸化炭素には、血管を収縮させたり血中の酸素濃度を低下させる作用があります。血管が収縮したり血中濃度が低下してしまうという事は、赤ちゃんへ栄養や酸素が十分に送られないという事です。

赤ちゃんへの影響

酸素や栄養が不足してしまった赤ちゃんは、脳や心臓に疾患をもって生まれてくる(先天性異常)可能性や、他にも早産流産妊娠高血圧症候群・低出生体重児の可能性が高くなります。その可能性は、一日に煙草を吸う本数が多くなるほど確率は高くなると言われています。また、煙草の影響としてあげられている中で乳幼児突然死症候群(SIDS)があります。産後、何の前触れや兆候もなく赤ちゃんが突然死してしまうものです。

このように赤ちゃんにとって煙草は、命に関わるような影響を与えかねません。妊娠期~授乳期までの間、禁煙するよう心がけ、口さびしくなったらあめ玉・ガム・果物を食べるようにして気を紛らわせましょう。

旦那様やご家族に愛煙家がいる場合

ご自分が煙草を吸っていないから関係ないと思われている方。旦那様・ご家族など身内に愛煙家はいませんか?ご自分が煙草を吸っていなくても、隣でご家族が煙草を吸っていては全く意味がありません。なぜなら、煙草は吸っている当人よりも、周りにいる人の方が害を多く受けるからです。

受動喫煙

煙草を吸う方が、煙草を吸い肺へ送り込む煙を「主流煙」と言います。煙草の点火部から出ている煙を「副流煙」といい、吸った方が吐き出す煙を「呼出煙」と言います。

煙草の害が一番多いと言われているのが「副流煙」で主流煙に比べて何倍もの害があると言われています。

副流煙の危険性

ママが煙草を吸っていなくても、隣で煙草を吸っている人がいるだけで、「副流煙」+「呼出煙」の両方をすってしまう事になります。喫煙者の近くで「副流煙」「呼出煙」を吸ってしまう事を「受動喫煙」と言い、喫煙しているのと何ら変わりのない状況になってしまいます。

もしご家族で煙草を吸っている方がいらっしゃる場合は、赤ちゃんへの影響などを理解してもらい、屋外で吸ってもらうか、禁煙にチャレンジしてもらいましょう。

ご家族だけでなく、公共施設などでも同じ事が言えます。分煙(禁煙)でないお店にお出かけする際は、煙草を吸う方が近くにいない事を確認するようにしましょう。

喫煙の現状

環境省で調査している「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」で喫煙やお酒、産後の状態など様々なアンケートに関する調査結果が公開されていますので、是非ご覧下さい。

エコチル調査の結果>>

調査の結果を見ると、妊娠する前にタバコを吸っていて妊娠を知ってからタバコを止めたという方がほとんどですが、中には少数ですが止めていない方もいらっしゃいます。驚くのはパートナーである夫が妊娠に気づいてからもタバコを吸っていると回答した方が約半数・・・。パートナーの方がタバコを吸っている場合はきちんと赤ちゃんへの影響について教えてあげましょう。どうしても止められない場合は上記で説明したように屋外で吸ってもらうようにしましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク