妊娠中の体重管理

自分に合った目標体重を!!

妊娠中の体重管理

妊娠中に体重が増えて行くのは当たり前のことです。お腹の中では赤ちゃんが育ち、胎盤羊水や乳房、血液や水分に皮下脂肪などによって体重増加します。これらの増加に考えられるものを合計すると約8キロだと言われています。個人差や妊娠前の肥満度によっても変わりますが、多すぎても少なすぎてもよくありません。太りすぎると、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病などにもなりやすくなります。又、妊娠線ができやすくなったり、産道に脂肪がつくことにより、赤ちゃんが通過しにくくなり、分娩に時間がかかり難産になる事もあります。体重が増えすぎたからといって無理なダイエットをすると赤ちゃんにもママにも負担がかかってしまいよくありません。妊娠中のダイエットは、赤ちゃんにとって危険についてはこちら

上手に体重管理をするポイントは、赤ちゃんの体重増加がゆるやかな妊娠5ヶ月頃まで妊娠前の体重をキープする事です!体重をキープできれば、体重がどんどん増える妊娠後期に入っても体重増加を抑えやすくなります♪しかし、体重管理の為にがんばりすぎるのもストレスのもとになりますので、無理せず少しずつ自分のペースでやりましょう。

妊娠中の至適体重

身長、体重からBMI値を計算します。

身長と体重を入力し、「計算する!」ボタンを押すと自動でBMIが算出されます。

身長:

cm


体重:

Kg

 

あなたの身長と体重から割り出したBMI値

BMI値:


あなたの体重は

のようです

体格区分の内訳は以下のようになります。

 
体重早見表

ご自分の体格区分が分かったところで、推奨体重増加量を見てみましょう。

推奨体重増加の目安

続いて、一週間あたりの推奨体重増加量は以下の通りです。

1週間あたりの推奨体重増加の目安

上記でもお話した通り、病院で定めている推奨体重増加量はまちまちです。「体重の増加は5~6キロで抑えるように」とおっしゃるお医者様も中にはいらっしゃるそうです。赤ちゃんや羊水、胎盤だけでも約7キロは増える事になるのに、このような厳しい体重制限を与えられることでダイエットを始めるママもいるようです。また、妊娠中の体重増加量が7キロ未満の場合には、低出生体重児を出産するリスクが高いことが分かっています。

こちらで紹介した推奨体重増加量は、厚生労働省に基づいて紹介しました。あまりにも無理な体重管理をさせられるようなら、一度ほかの病院へも足を運んでみてください。

無理難題な体重管理の為に食事を抜いたり、ダイエットをしてしまうと、お腹の赤ちゃんが栄養失調の状態になってしまいますし、ママの身体も危険な状態になってしまいます。

また、体格区分が「肥満」に当てはまる方や、妊娠後体重が急激に増加している方は、妊娠糖尿病妊娠高血圧症候群の予防の為、お医者様が個々の対応をする事になっています。母子共に健康に出産を迎えられるように、体重管理はきっちりと行いましょう。

体重管理のポイント

毎日同じ時間に体重を測りましょう!
体重は食前と食後では体重は異なる為、毎日同じ時間、同じ条件で測るのが良いでしょう。一番良いのは、朝起きて朝食を食べる前に測定するといいです。
日記に一日の運動量と食事量を記入!
一日の運動量と食事量が人目で分かるように日記をつけましょう!食べ過ぎた翌日は運動を多くするなどの管理がやりやすくなります。
運動は有酸素運動を!
有酸素運動は脂肪燃焼し、基礎代謝を高めてくれる効果があるので、太りすぎの予防や便秘などに効果的です。マタニティウォーキングやマタニティビクなどの有酸素運動をしましょう!運動は一時的に頑張るだけでは効果がでません!毎日少しづつでも続けましょう!
積極的に体を動かしましょう
妊娠中だからといって毎日ダラダラと生活するのはいけません!無理のない範囲で家事などをして体を動かすことでエネルギーを消費することができます。
ストレスによる食べすぎに注意!
妊娠中はストレスによる食べすぎも良くある事です。ストレスを溜めない為にも気分転換に外で散歩をしたり体操をしたりしましょう♪

妊娠するとこれだけの体重は必ず増える!?

妊娠するとママのお腹の中で、どんどん赤ちゃんが成長していきます。その際に、必然的に増える体重の内訳は以下の通りです。

  • 赤ちゃん・・・約3キロ
  • 羊水・・・約800~900グラム
  • 胎盤・・・約500~700グラム
  • 循環血液量・・・約1~1.5キログラム

上記以外にも、母乳を与える準備の為、胸が大きくなったり、子宮だって大きくなります。これらを全てあわせると、だいたい7~8キロほどになります。

中には、妊娠中にダイエットをされている方がいらっしゃいます。お医者様から食事の量を減らすよう忠告を受けているなら仕方がありません。ですが、中には「太りたくないから」「綺麗な自分でいたい」などの理由でダイエットされている方がいらっしゃいます。妊娠中にダイエットをすると栄養失調の赤ちゃんを産む傾向にある事が研究結果でも発表されています。ママになるという自覚を持ち、自己中心的な考えは止め、赤ちゃんが健康に産まれてこれるよう栄養バランスのよい食事を心がけましょう。妊娠中のダイエットの危険性に関する記事はこちらから

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。