妊娠中・出産時のトラブル・・・低置胎盤ってなに?

妊娠中・出産時の危険、低置胎盤について

低置胎盤

妊娠中のトラブルは、本当に数えきれないほどたくさんあるものです。つわり、貧血、腰痛、妊娠線、尿漏れなどなど…ママの身体にはさまざまな変化が起こり、トラブルが起こります。妊娠中に起こりやすいマイナートラブルについて

そのトラブルの中には、ママやおなかの中の赤ちゃんの命に関わるものまで。特に危険だとされているものとしては、妊娠高血圧症候群や切迫流産・切迫早産などが挙げられます。妊娠高血圧症候群切迫流産・切迫早産

そしてもうひとつ、出産時に大きな危険になってしまうことが考えられるのが「低置胎盤(ていちたいばん)」です。

低置胎盤ってどんな症状、どんな状態?

赤ちゃんとママをつなぐ胎盤は、通常は子宮体部といって子宮を縦に輪切りにして見た時に子宮の横や上のほうについています。ただ、その位置がとても低いところについていて、赤ちゃんの出口である内子宮口の近くにある場合が。これを「低置胎盤」といいます。低置胎盤と前置胎盤

同じように、胎盤が子宮口をふさいでしまっている・子宮口の一部をふさいでいるという状態を「前置胎盤」といいます。前置胎盤

よりリスクが高いのは前置胎盤にはなりますが、低置胎盤も前置胎盤と同じようにとても危険な状態だといえます。特に、内子宮口から2センチの範囲に胎盤がついているという場合には、前置胎盤と同じハイリスク妊娠・ハイリスク出産となります。

胎盤が内子宮口の近くにあるということは、もし陣痛が始まってしまった場合に子宮口が大きく開いていくことになるので、胎盤が剥がれ始めてしまうことがあります。これによって出血が起き、さらに子宮口の近くに胎盤がくっついている事で子宮口が弱くなっているために、裂傷などさらにダメージを受けてしまうことが。そうするとさらに多くの出血が起こりやすくなりますし、出産後もしっかりと子宮が収縮することが難しくなります。出産後に子宮がうまく収縮できないと、産後に胎盤が剥がれたところからの出血が止まらなくなり、弛緩出血(しかんしゅっけつ)が起こります。弛緩出血について

そのため、通常の経膣分娩では危険が高いので低置胎盤や前置胎盤の場合、基本的には帝王切開での出産となります。

低置胎盤はいつわかる?

妊婦健診のときに、エコー(超音波検査)で「胎盤はココですよ」などと教えてもらうことができますよね。胎盤の位置に異常がある場合、このエコーのときに見つかることが多いと言われています。

また、おなかはまったく痛くないのにも関わらず突然出血が起こるというのも、低置胎盤や前置胎盤の特徴です。このときの出血はストップしやすいのですが、出産時には止血できないほどの大量出血を起こす場合もあるので、とても恐ろしい状態なんです。低置胎盤が見つかった時期によりますが、妊娠34週未満であれば止血をし、できるだけ妊娠を継続できるようにしていきます。止血ができなければやむを得ず帝王切開での早産となります。妊娠34週以降であれば、やはり止血が難しい場合には帝王切開での出産となります。

また、胎盤が下のほうにあるために赤ちゃんは位置を安定させるのが難しく、横位や骨盤位、いわゆる逆子になってしまうことも多いんだとか。このように胎盤の位置によって、さまざまな影響があることがわかります。逆子の治し方整体で逆子は治るの?

低置胎盤=必ずしも帝王切開ではない!?

ただ、早い段階で低置胎盤とはわかっても、実はその診断が確定したわけではありません。というのも、赤ちゃんが成長するとともに子宮もどんどん伸びていきますよね。そうすると胎盤も伸びていく子宮とともに位置が変わってくることがあります。妊娠後期になると胎盤が内子宮口の近くではなく、正常な位置に移動したように見えることが。医師の判断にもよりますが、この場合には経膣分娩をすることも可能な場合があります。

ただ、先ほども述べたように分娩後に子宮がうまく収縮しにくく、さらに胎盤がくっついてなかなか出てこない「癒着胎盤」になりやすいとも言われています。癒着胎盤について

胎盤は出産を終えると自然に出てくるものですが、一部分でも子宮に残っているとそこから出血や感染が起こり、母体が危険な状態になることも。特に、前回の出産が低置胎盤・前置胎盤のために帝王切開だったというママは、かなりの確率でその傷口部分が癒着してしまいます。この場合には出産後に子宮摘出をしなくてはならないということも…。

低置胎盤の原因って?どんな対策をするの?

このように、低置胎盤が起こると妊娠中のママ・赤ちゃん、そして出産後のママに危険が及ぶことも。次の妊娠・出産のときに癒着胎盤などのリスクが高まることも、妊娠中の突然の大出血などハイリスク妊娠となってしまいます。そして、いつどんなタイミングで出血が起こるかはわかりませんので、いつどこでも安心することはできません。低置胎盤になってしまう理由としては、以下のような原因が考えられます。

  • 多胎妊娠で胎盤が大きく、内子宮口のほうまで広がってしまうということ
  • 胎盤が作られるときに何らかの異常があったということ
  • 帝王切開や人工妊娠中絶手術などの手術によって子宮内に傷がつき、うまく胎盤が定着できなかったこと
  • 妊娠や出産を重ねるごとに子宮は弱りやすいため、胎盤がうまく定着できなかったこと
  • 子宮内膜の炎症などで受精卵が子宮に着床しにくく、通常よりも低い位置に着床してしまうこと

…などが挙げられます。特に産後に胎盤がなかなか剥がれない癒着胎盤については、母体の死亡率もかなり高いものとなっています。

低置胎盤と診断された場合には、まずとにかく安静にすること!立ち上がった瞬間、しゃがんだ瞬間など、人によっていつどんなタイミングで出血が起こるかわかりませんので、まだ出産できないという早い妊娠週数であればあるほど安静にしておきましょう。

たくさんの出血があった場合にそのまま帝王切開での出産となることも考えられますので、入院セットはきちんと整えておきましょう。いよいよ出産。入院に必要な物リスト

また、残念ながら低置胎盤は予防することはできません。前回の出産が帝王切開だったという方、前置胎盤や低置胎盤だったという方は再発率が高いので、不安があれば医師に相談の上、よく診察してもらうようにしてくださいね。前回、帝王切開で出産したという方は合わせてこちらもお読みください。帝王切開で出産した、その後の出産は普通分娩が可能なの?

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。