【小児歯科医が教える】泣いている子にむし歯の治療をするのは悪いこと?

小児歯科と大人の歯科との違いはいろいろありますが、そのうちの一つが「患者さんが治療をしたくないと思っていることがある」ということです。

大人が自分で歯科医院に行くときは、どんなに歯医者さんが嫌いな人であっても、何か診てもらいたいことがあって、悪いところがあれば治してもらいたいと思っているから来院されるのですが、こどもの場合はちがいます。

どんなにむし歯があっても、歯が痛くても、歯の治療なんて絶対にしたくないと思っているのにママに連れてこられてしまった、という子がたくさんいます。

むし歯がありそう…。
でも歯医者さんに連れて行ってはみたものの、大泣きして治療イスにも上がれない。
お口をみるだけでも大暴れ…。

そんなとき、泣いたり暴れたりしていても治療をしてもらったほうがいいのか、嫌がる治療はしないほうがいいのか、ママは悩んでしまうと思います。

インターネットを見てみると「無理やり治療をすると歯医者さんを嫌いになってしまうから、泣いたり暴れたりしている子は治療してはいけない」とか「むし歯がすすんでしまうので、泣いていても暴れていてもむし歯があったらできるだけ早く治療をしなくてはいけない」とか色々な意見がのっていて、かえって混乱してしまうかもしれません。

どんなときは治療をするべきで、どんなときはしないほうがいいのか。

歯医者さんによっても考え方が色々あると思いますが、ママが決心するためのひとつの目安にしてもらいたいことをお話しします。

メリットとデメリットを比較しましょう

むし歯は風邪のように「ほうっておいてもそのうちよくなる」ということは絶対にありません。

そのままにしておくと、どんどん進んでしまいますので、ひどくならないうちになるべく早く治療をするべきであることは、大人であれば当然のことです。

でも、こどもたちにとっては歯医者さんに連れて行かれることも、先生にお口の中をさわられたり、ましてや注射をしたり歯をけずったりされることは、できることならしたくない嫌なことです。

歯医者さんやママやパパ、まわりの「大人」たちがこどもたちに「嫌なこと」をさせるのであれば、その「嫌なこと」である「治療をすること」のメリットが、「しないでほうっておくこと」デメリットを上まわっているという正当な理由があるときです。

たとえば、こどものツメのお手入れについて考えてみましょう。
知らない人に手をさわられるのが大嫌いなお子さんがいる場合、おしゃれのために無理やりおさえつけてマニキュアをぬってもらいに行きますか?

この場合のメリットは「つめがかわいくなること」です。
そのメリットが「子どものいやがることを無理やりする」というデメリットを上まわるとは思えませんので、マニキュアをぬってもらいに行くことはしないでしょう。

では、ツメが病気になってしまったときはどうでしょう。
ほうっておくとどんどん病気が進んで、指まで病気になってしまう可能性があるとしたら、治療をうけさせますか?

この場合のメリットは「指が病気になってしまう前に治すことができる」ということです。

これは「子どもがいやがる」というデメリットを上まわると思われますので、病院では子どもをおさえてでも治療をするでしょう。

「手をさわられることを子どもがいやがる」という同じデメリットがあっても、それを上まわるメリットがある場合には、治療をするべきだと判断します。

歯科医院でも同じです。
たとえば、歯の色をきれいにするとか、歯並びをなおすという治療は、嫌がる子どもをむりやりおさえつけて早急に行うメリットは少ないと判断されることが多いでしょう。

むし歯の場合も、しばらく様子をみていても進行する可能性が低い初期のむし歯や、もうすぐぬけそうな乳歯のむし歯であれば、今すぐに治療をすることのメリットは少ないかもしれません。

「歯に大きな穴があいていて痛がっている」
「早く治療をしないと歯の神経を取らなくてはならなくなる可能性がある」
「はぐきから膿が出て、ほうっておくと永久歯に悪影響を与えてしまう」

などの場合は、治療をすることのメリットが、「子どもが嫌がる」というデメリットを上まわると思われますので、なるべく早く治療をしたほうがよいと考えられるでしょう。

どの程度のむし歯であれば少し様子を見ていてもよいのかは、こちらを参考にしてください。

このように、治療をうけたほうがよいかどうかは、「子どもが泣くかどうか」や「歯医者さんを嫌いになったら困るかどうか」ではなく、それらのデメリットを上まわる医学的なメリットがあるかどうかで判断するべきです。

歯科医院は、歯医者さんとお友達になることが一番の目的の場所ではなく、病気の予防や治療を目的とした医療機関だからです。

障がいのあるお子さんの場合は、おさえて治療をすることのデメリットが一般の子よりも大きくなってしまうことがあります。

逆に、家での歯みがきやお口の管理が難しい場合は、一般的にはまだ様子をみていてもよい初期のむし歯であっても、なるべく早く治療をしたほうがよい場合もあります。

小児科や療育の先生と相談しながら治療方針を決めるとよいでしょう。

スポンサーリンク

治療方法を決めるときのポイント5つ

なるべく早くむし歯の治療をしたほうがよいことはわかっても、目の前で大泣き大暴れしている子どもを見ていると、なかなか決心できないというママも多いかもしれません。

治療方針を決めるときに先生と確認しておきたい5つのポイントがあります。

  1. 今、治療をすることのメリットはなんですか?
  2. 治療をすることによるリスクやデメリットはなんですか?
  3. 安全に行うことができますか?
  4. 治療を受けなかった場合はどんな可能性がありますか?
  5. ほかの選択肢はありますか?

子どものむし歯を治してあげたい、元気なお口を育てたいという思いは、ママやパパも私たち歯科医師も同じです。

歯医者さんにメリットとデメリットをしっかり確認して「泣いているから治療しない」ではなく、治療をすることのメリットが「泣いている子を治療する」ことのデメリットより大きいと判断できる場合は、必要な治療はなるべく早くうけさせてあげてください。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー