妊娠中の乳首の症状(痒い・痛い・チクチク)

妊娠中の乳首の症状(痒い・痛い・チクチク)

妊娠初期のママで、乳首が「チクチク」「痒い」「痛い」と感じる方が多くいます。複数の症状が現れる方もいれば、どの症状も現れない方もいます。どうして、このような症状が現れるのかを見ていきましょう。

乳首の変化はホルモンバランスの変化によるもの

妊娠中の不快な症状のほとんどは「ホルモンバランス」が関係しています。女性はホルモンバランスが少し変化したり、崩れたりするだけで、体の様々な部分に不調やトラブルを招きます。

乳首の痛みや、痒みなどの違和感は、妊娠初期に積極的にホルモンを分泌している「黄体ホルモン」の仕業だといえます。黄体ホルモンは、月経前に活発に働くホルモンの一つです。妊娠前、「月経が始まる前はよく胸(乳首)が張って痛かった。」なんて方も多いはず。妊娠前の胸の張りと、妊娠初期の胸の違和感は、同じホルモンが原因で起こっているのです。妊娠週数が進むに連れて、この不快感は少しずつ緩和していきますが、中には乳腺が発達し、胸が大きくなる過程で、このような症状がでる事があります。妊娠初期~中期は、胸や乳首の不快感は続くと考えていたほうが良いでしょう。

乳首の不快感を緩和できないの?

妊娠前と同じ下着を着用していると、乳首がこすれてしまい、痛みを感じる方が多くいます。早めにマタニティ用のブラジャーに変更することをオススメします。むやみに胸をマッサージしてしまうと、症状が悪化してしまうことがあります。乳首への刺激は、子宮を収縮させてしまいますので、妊娠初期~中期は乳首や胸のマッサージは行わないようにしましょう。

もしも、痛みがひどい場合や、胸が熱を持っている場合、皮がむけた、湿疹が出たなどの症状があらわれた場合は、ひどくなってしまう前に担当医に相談するようにしましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。