子供達を預けて親だけでデートするナイトアウト


アメリカでよく耳にする 「ペアレンツ・ナイトアウト」とは・・・

ペアレンツ・ナイトアウト

日本で子育てをしていると、子供がまだ手のかかる小さい頃に、夫と二人きりでディナーを楽しんだり、久々のデート気分を味わう機会なんてまずないですよね。恐らく、二世帯住宅など近くにご両親や親戚がいて直ぐに預けられる状況であればたまにデートするのも可能だとは思いますが、頻繁ともなると両親が良い顔をしてくれないことも・・・。ですが、アメリカでは夜に親だけでデートをするためだけに子供を預けられるサービスがあるのをご存知でしょうか?

アメリカではよく耳にする「ペアレンツ ナイトアウト」という言葉。当初はよく意味もシステムをも分からなかったのですが、地域のコミュニティセンターのイベント情報の一覧に、「ナイトアウト」の文字がちょくちょく出ているので気になり良く読んでみることに。何かの習い事の一種かと思ってみると、なんと夫婦だけで出かけられるよう月に一回夜の時間帯に子供を預かってくれるサービスだったのです!

また、このナイトアウトは、地域のセンター以外でも保育園やスポーツジムなんかでも月に一回のペースで実施しているところが多いことにもびっくり。利用時間や料金もまちまちですが、だいたい4時間ほど利用することができるので、夫婦がゆっくりディナーを楽しんで戻ってくるには十分の時間です。

1回の利用料は、例えば1人目は$20、2人目以降は$15/人などです。1時間単位にすると、1人あたりたった$5程度(日本円にすると約500円)で預けられるなんてすごいです!スポーツジム主催であれば、メンバーシップ対象の料金が設けられていて更にもお得だったりします。

中には、午後6時から11時まで預かってくれるというところもあり、ディナーのみならず、映画やバーに寄ったりと・・・まさに久々にデート気分を味わうのにはもってこい。保育園であれば預ける対象年齢は乳幼児ももちろん含められていて、パジャマを持参して寝かしつけまでしてくれるという驚きのサービスがあったりもします!スポーツジム等であれば、対象年齢は5歳から12歳までというのが一般的。

でも、夜にそんな長時間預けて、子どもたちに何をさせているのか?というと、子供たちは夕飯にピザを食べながらみんなで子供向け映画をみてくつろいでいたりするようです。また、信頼のある施設で預かってくれているので、安心して出かけられるのも良いですよね。

ベビーシッターを雇って長時間デートに行くとなると、費用もかさんでしまいわざわざそこまでしてデートに行かなくても・・・と思ってしまいそうですが、リーズナブルなお値段でしかも安心できる施設で預かってもらえるのならたまには気分転換に利用してみようかな?という気分になりそうですよね。

日本では子供が出来ると夫婦の絆よりも親子間や家族としての絆が一層深まり、どこに出かけるのにも家族全員でという発想が普通ですが、アメリカでは、子供が出来たとしても家族は家族、夫婦は夫婦だけの時間を過ごすというのが当たり前。記念日などは、子供を預けて夫婦だけでデートに行き、奥様はとびっきりオシャレをしてヒールを履いて出かけるもの。このときばかりは新婚時代に戻ったように、母ではなく女として楽しいひとときを味わいます。

月に一度でも子育てから開放されてリフレッシュをすることは、いつも多忙な女性にとってとても大切なこと。いつも家では子供に邪魔をされて二人でゆっくり話す事ができていないけれど、美味しいご飯やお酒とともに夫婦の絆を深められるというのはとてもいい事ですよね。良い気分転換が出来たらまた主婦業が頑張れたりもします!

以前、日本でハーフタレントの方が子供を預けて夫婦で夜に出かけているというバッシングの記事を読みましたが、アメリカ人からすると、ごくごく日常のことなので何故悪いの?とバッシングの意味が理解不能かと思います。そういうバッシングを見ると、日本の女性はいかに「自分よりも旦那さんよりも子どもを一番に優先すべき」と考えている事がわかります。

現在の日本では、子どもだけで参加する夏季のお泊りキャンプなどはあるものの、月一回のペースで両親のデートの時間を設ける為に子供を預かるサービスなどないですし、そういう習慣もないので、まだまだ理解されるのは難しいかもしれませんね。確かに子どもを生み育てている以上、子育てはとても大切なことでママ達にとって最優先すべき事項です。

子どもはいずれ親元を去っていきます。子どもが親離れをし、自宅に夫婦だけが残ったときに夫婦関係が冷え切っていたり、子育てを優先しすぎて一緒にお出かけが出来る友人がいなかったりすると、ママ自身が子離れ出来なくなってしまうことがあります。子育てを卒業した時に、どういう夫婦でいたいのか・・・という事を考えて、子育て期間中に夫婦の絆作りをすることもとても大切ですよ。

子供が出来ても夫婦の関係も大切にできるこのサービス、日本でも利用できるようになればママの役に立つことも多いのではないかと思います。日本も、子どもだけでなく自分自身の事をもっと考えてあげる余裕のある(リフレッシュする時間のある)子育てができるようになればいいなと願っています。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー