妊娠中期の腰痛

腰痛がひどい

お腹が大きくなるに連れて、大きな悩みとなってくるのが「腰痛」です。早い方では妊娠6か月頃から、ひどい腰痛に悩まされる方もいらっしゃいます。「このままだと、出産までに腰が壊れてしまわないか心配」などという声も耳にします。6か月以降のママの背中がどのようになっているのかを見てみましょう。

ママの背骨はこんなことになっている!

お腹が大きくなるに連れて、大きな悩みとなってくるのが「腰痛」です。早い方では妊娠6か月頃から、ひどい腰痛に悩まされる方もいらっしゃいます。「このままだと、出産までに腰が壊れてしまわないか心配」などという声も耳にします。6か月以降のママの背中がどのようになっているのかを見てみましょう。

妊娠中期に入ると、骨盤の関節がだんだんと緩み、お腹も大きくなってきます。その為、バランスが取りにくくなり、お腹を突き出すような姿勢になってしまいます。その結果、背骨が湾曲してしまい、背中の筋肉も引っ張られてしまい、様々な部分が傷んでくるのです。

妊娠中期の腰痛

妊娠前に、腹筋を鍛え、正しい姿勢を心がけていたという方は、そうでない方に比べると湾曲が緩やかになり、背中の痛みは少しだけ楽になります。妊娠前から妊娠に備えて様々な予防策をとっておく事が大切なのです。今更、妊娠前の予防策を聞いたところで、対策を取る事は出来ませんよね。今の時期に行える、背骨の矯正方法をご紹介したいと思います。

骨盤傾斜運動をやってみよう!

  1. 腰のくびれた部分を、壁に押し付けながら息を吐きます。息を吐ききったら、息を深く吸い、背骨の力を抜いていきます。これを何度かおこないましょう。骨盤傾斜運動を行うことで、姿勢が徐々に改善されていき、腰痛の緩和に繋がります。
    骨盤傾斜運動
  2. 四つんばいの姿勢になり、背中を真っ直ぐ伸ばします。その状態から、骨盤を前後に動かします。四つんばいの体勢が苦しい場合は無理をせず、立ったまま腰を前後に動かすストレッチをしてみましょう!
    運動

腰痛を引き起こす、その他の原因

お腹が大きくなり、骨盤の関節がゆるむ事で腰痛が起こりますが、その他の事が原因で痛みが増している可能性があります。以下の事に心当たりがある場合は、まずそちらを改善しましょう。

重いものを持ち上げる際の姿勢に気をつける

妊娠していても、重いものを持ち上げなければいけない機会が多々あります。お米を持ち上げたり、上のお子さんがいる場合は、子どもを抱っこしてあげなければいけない事もあります。勢いよく立ち上がると、おもいきり腰に負担がかかってしまいます。ゆっくりと立ち上がり、重たいものを腰の力ではなく、腕だけの力で持つようにすると、腰への負担が軽減されます。重たいものは持たないようにするのが、一番望ましいですが、やむを得ない場合は立ち上がり方に気をつけましょう。

高すぎるヒール、またはヒールは低いがバランスをとり難いデザインの靴を履くことで、腰痛がひどくなると言われています

ヒールが全くない靴よりも、5センチ程度ヒールがあった方が楽という方もおり、意見は様々なので、シューズショップで色々な靴を履き比べてみると良いでしょう。

バタフライツイスト

バレエシューズ

産前・産後の骨盤ベルトについてはこちら

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク