【妊娠初期の風邪について】薬は?病院は内科?胎児への影響は?

妊娠初期は特に体調管理が大切ですが、頑張って予防をしても風邪をひいてしまうこともあります。

とくに「器官形成期」である妊娠初期は胎児にとって大切な時期なので、赤ちゃん影響が出るようなことは避けたいものです。

そこで、妊娠初期の風邪は胎児に悪い影響はないか、また風邪の治療方法や飲んでいい薬の種類など、妊娠初期の妊婦さんの気になる疑問をまとめました。
さらに、よく間違えがちな妊娠初期症状と風邪の違いについても解説します。

体調を崩しやすい妊娠初期だからこそ、正しい対処ができるように準備しておきましょう。

妊娠初期の風邪による胎児の影響とは

妊娠初期に風邪をひいてしまった場合何より気になるのが胎児への影響ではないでしょうか。
妊婦さんが風邪をひいた時に胎児にどのような影響が出るのでしょうか。

風邪による流産リスクはほぼない

妊娠初期の流産は、胎児の染色体異常や遺伝によるものであるとされています。
そのため、妊娠初期の風邪は流産にほとんど影響がないとされています。

流産の種類の1つに感染流産というものがあるため、風邪によって流産してしまうのではないかと思われる妊婦さんもいます。

しかしこれも甲状腺の病気や糖尿病、膠原病などの内科的な病気や感染症によって起こるものであるとされていて、風邪による感染が流産に繋がる可能性はかなり低いもしくはほとんどないとされています。

風邪と類似した感染症の場合は要注意

風邪のような症状だとしても、インフルエンザウィルスの感染だった場合は流産に繋がることがあります。

風邪の症状が出た場合、インフルエンザウィルスへの感染を早期に発見するためにかかりつけの産科にかかるなど専門家を受診する方が良いでしょう。
また、風疹であった場合も胎児に影響を及ぼすことがありますので注意が必要です。

妊娠初期に風邪薬を飲んでも大丈夫?

妊娠初期はお薬が胎児へ大きな影響をもたらす可能性があるとよく言われます。
妊娠初期に風邪薬は飲んでも大丈夫なのか、また飲める薬と飲めない薬の違いについてご紹介します。

症状によって飲める薬もある

病院で処方される風邪薬は基本的に抗生剤が処方され、その他に頭や喉が痛ければ消炎鎮痛剤、熱が高ければ解熱剤と症状に合わせた薬が処方されます。
抗生剤の中にも妊婦さんに安全なものがあるため、医師は必要に応じて妊婦さんに安全ということが立証されている抗生剤を選んで処方をします。

また、症状に合わせて処方されるお薬も同様です。
アセトアミノフェンという成分が含まれている痛み止めあるいは解熱剤は、内服しても母体・胎児どちらにも影響がないとされています。
そのため、妊娠中であると事前に伝えておくと、このお薬を処方する病院が多いでしょう。

このようにすべてのお薬がダメというわけではなく、妊婦さんでも安全に飲めるお薬はあるということなのです。

かかりつけの医師に相談して処方薬をもらう

妊娠が発覚した後の妊娠初期に風邪をひいてしまった場合は、内服できるお薬も妊娠していない時とは異なります。
そのため自己判断で薬局でお薬を購入するよりも、病院へ受診して専門家の指示に従うのがオススメです。

その際にかかる病院は、自分のかかりつけの病院に電話で確認した上での受診しましょう。
内科によっては産婦人科へ行くように促されますし、産婦人科によっては風邪ひいたら妊娠していることを伝えたうえで内科に行くように促されることがありますので、事前に確認しておいた方が手間がかからなくて済みます。

また、1番お勧め診療科は産婦人科と内科の混合している病院です。
こういった病院は診療内容に産婦人科領域だけでなく風邪の症状も明記されており、なおかつ両方の分野を診ることのできる専門的な医師もいます。

受診する際には他院にかかっているが受診をしても良いかあらかじめ聞いておくと良いかもしれません。

市販薬の内服は控えたほうがよい

市販の風邪薬は総合感冒薬といい、1つ内服すればすべての風邪症状に効くように成分を配合して作られています。
そのため、中には長期的に内服することによって胎児に影響を及ぼすお薬もあります。

また、市販されている鎮痛剤や解熱剤の中にはお腹の赤ちゃんに液位協を及ぼすため使うことができない種類もあります。
そのため、妊娠中は自己判断で薬を内服をせずにプロである医師へ相談する方が良いでしょう。

ただし、一般的に妊娠初期に市販の風邪薬を内服しても胎児の奇形度や流産の可能性が上がることはないとされています。

漢方薬も100%安全ではない

風邪のひきはじめに内服する漢方薬で代表的でもある葛根湯は、お薬のメーカーによって成分の比率が異なることがあります。
成分の比率によっては安全と思われがちな漢方薬でも、妊婦さんや胎児に悪影響を及ぼす成分が多くなっていることがあります。

さらに、漢方はアメリカなど欧米諸国での使用が少ないこともあり、実験のデータが少ないため妊婦さんにとって本当に安全かどうかが分からないものが多いのも事実です。
漢方薬は、安全のために自己判断でお薬を選ばないようにしておくと安心できます。

妊娠初期は風邪をひきやすくなる?その原因とは

実は妊娠初期は風邪をひきやすくなる時期とされています。
その原因としてポイントとなるのが免疫力の低下です。

妊娠初期はつわりによって今までのような食事をすることができず、中には特定のものしか食べられない、食べてもすべて吐いてしまうため結局栄養を摂れていないという妊婦さんもでてきます。
この食事の乱れが免疫力を低下させる一因となるとされています。

また、妊娠初期は赤ちゃんの生命維持や胎盤を作るためにホルモンバランスが乱れます。
これも免疫力低下に関係しているとされています。

さらに、このようなつわりの辛さやホルモンバランスの乱れがストレスとなり、ストレスが免疫力を低下させてしまうこともあります。
これらのことから、妊娠初期は免疫力が低下し、風邪あるいは感染症にかかりやすくなるということなのです。

妊娠中はあえて免疫を下げる働きをしている!?

妊娠中の免疫力の低下の根本的な要因として「免疫寛容」による影響が大きく関わっています。
人間は異物が体内に侵入してきた時に、自分の持っている免疫がその異物を排除しようと攻撃します。
赤ちゃんもママの身体にとっては異物という扱いになりますが、排除されてしまっては困ります。

そのため、女性の身体は妊娠すると胎児が異物として排除されないようにあえて免疫力を落とすという働きをするため風邪をひきやすくなってしまうのです。

妊娠初期症状と風邪の違いとは

妊娠初期には風邪と似たような症状が出るため、風邪なのか妊娠初期症状なのかが分からないという妊婦さんも多いかと思います。
そこで、妊娠初期症状と風邪症状の違い、見極め方をご紹介します。

そもそも妊娠初期症状とは?

妊娠初期は高温期が続き、微熱や熱っぽさを感じる人が多いため、妊娠初期に風邪をひいたのでは?と勘違いする人も多くいます。

妊娠初期症状では、熱以外の症状も合わせてほかの症状がみられることがあります。

まず、妊娠5週頃になると早い人ではつわりが出てくるため、吐き気がする、吐いてしまう(嘔吐)、食欲がなくなって食事が食べられないという症状も出現します。

ほかにも身体のだるさ、くしゃみや鼻水、腰痛や頭痛など、人によってさまざまな形で妊娠初期症状は起こります。

妊娠初期症状は赤ちゃんを迎える準備をしている証拠

妊娠初期症状とは、妊娠に伴い身体のホルモンバランスが変化することによって起こる症状です。
妊娠初期に該当する黄体期という時期には受精卵が着床したことによって子宮内膜を厚くし、妊娠をサポートする黄体ホルモンであるプロゲステロンがたくさん分泌されます。

全ての妊婦さんに全ての症状が出現するとは限らず、中には症状を自覚しないまま経過してしまう人もいます。

さまざまな体調不良は赤ちゃんを迎えるための準備をしている証拠なので、無理せず安静に過ごすようにしましょう。

風邪との違い、見極め方とは?

妊娠初期症状は風邪の症状と非常に似ているため見極めも難しいのが特徴です。
しかし、見極めるための大きなポイントがあります。

それは、生理開始予定日になって生理が来ているかどうかです。
生理開始予定日を過ぎているのに生理が来ていなければ妊娠も疑われ、妊娠初期症状である可能性も高まります。

そのため、生理開始予定日を過ぎていて風邪症状が見られ、風邪の薬を飲もうかどうか悩んでいるという場合は一度妊娠検査薬を使用して妊娠しているかどうかをはっきりさせてから対処するのが良いでしょう。

病院での治療が難しいときに自宅でできる対処法・予防法

他にも子どもがいてその子の面倒を見なければならない、仕事があるなどさまざまな事情で病院に行くことが難しい妊婦さんもいるかもしれません。
そんな妊婦さんに自宅で簡単にできる対処法、予防法をご紹介します。

自宅で簡単にできる対処法

風邪は長くても1週間から10日で治るといわれています。
そのため、風邪をひいてから少なくとも1週間は無理をせずに過ごすことが大切です。
寒気や震えがしてこれから熱が上がりそうという時は、保温をしっかりと行いましょう。

熱が上がってきたらむやみに解熱剤を使用しないことがポイントです。
熱は身体の中の免疫系が風邪の菌と闘うために最も最適な温度にするために上昇します。
そのため、首の後ろや脇など血管の太いところを冷やしながら横になってゆっくりと休みましょう。

また、汗で身体の水分が失われるので、脱水症状の予防に水分はしっかりと摂りましょう。
特に妊娠初期では早い人ではつわりも始まるため、吐いてしまっている人は嘔吐と発熱による発汗でさらに水分が失われてしまい、脱水症状となることもあるため、水分は特に意識してこまめに摂りましょう。

吐き気があって辛いという場合は、食べ物でなく飲み物でビタミンCを摂取するなど工夫してみると良いでしょう。

自宅でできる風邪の予防方法

風邪の予防には外出先から帰宅した後の手洗いうがいや、菌の侵入を防ぐためにマスクを着用するということが基本的な対策となります。

それ以外に気を付けておきたいのが湿度です。
風邪の菌は、湿度が低い環境を好む傾向にあります。
そのため、加湿器を使用するなどして湿度が低い状態を防ぎましょう。

風邪の対処にも予防にもポイントとなるのはビタミン

ビタミンは風邪の対処及び予防のポイントとなります。
風邪の菌と闘って風邪を治すためには免疫細胞が働きます。
免疫細胞が働くと、ビタミンCが通常の5倍は喪失するといわれるため、ビタミンCの摂取を心掛けると風邪を早期に直すポイントになります。

また、ビタミンA、C、Eを含む食材は風邪の予防に効果があるとされています。
つわりが始まっている妊婦さんは吐き気などによって食べることも辛いかもしれませんが、飲み物に頼ったり調理法を工夫したりして、バランスよく食事をして栄養を摂るようにして風邪の対策をしましょう。

妊娠初期の風邪は妊娠をチェックしたうえで病院へ

一般的に、妊娠0~3週は市販薬を内服してもお腹の赤ちゃんに影響はほとんどないとされていますが、不妊治療をしているママでは3週から4週の間という早い時期に妊娠が分かる場合もあるので、不安になってしまうかと思います。

妊娠初期の風邪症状は妊娠しているかどうかを明確にすること、かかりつけの病院の医師あるいは産婦人科も内科も診れる病院の医師に相談することが良いでしょう。

妊娠したら自己判断はせずに、早めに専門家に診てもらうことがママと赤ちゃんの健康を維持するために大切です。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク