妊娠初期セックスはできる?性交渉による痛みや感染症のリスクは?

「妊娠初期にセックスをしても大丈夫?」という疑問は、まわりに聞きづらいですよね。
セックスによる流産や胎児への影響が気になるいっぽうで、妊娠初期はパートナーとの関わり方に悩みを感じやすい時期です。
そこで今回は、妊娠初期のセックスについて気をつけたいポイントを解説します。

妊娠初期のセックスは基本的に問題なし

基本的に妊娠初期のセックスは問題ありません。
妊娠発覚後いつからセックスをしても大丈夫なのか悩むママは多いですが、たとえ妊娠に気づかないでセックスをしていても胎児や母体に悪影響がでる心配はないでしょう。

以前は妊娠初期のセックスが原因で流産をおこすと考えられていましたが、妊娠中の性行為が原因で流産や破水がおこる可能性はきわめて低いのです。

無理なセックスは性感染症や流産の原因に

いっぽうで、コンドームをつけていなかったり、無理なセックスをするのは危険です。
セックスが原因で膣内にばい菌が入ると、感染症や早産・流産につながりやすいので必ずコンドームを着用してもらうようにしてください。

妊娠初期はママの体を気遣い、思いやりのあるセックスをするのが大切です。

オーガズムを感じても大丈夫?

「妊娠中、セックスで女性がオーガズムを感じると赤ちゃんが苦しくなる」という噂がありますが、こちらも問題ありません。

ただ、オーガズムを感じると脳下垂体からオキシトシンという子宮収縮をおこす物質が分泌されて、お腹の張りや痛みを引き起こす場合があります。
とはいえ、セックスの刺激による子宮収縮が早産や流産を必ず引き起こすというわけではありません。

オーガズムをむかえた後に腹痛を感じたら、しばらく横になって体を休ませてあげましょう。

妊娠初期のセックスを控えたい症状・ケースは?

妊娠初期はホルモンバランスの変化でママの体調が優れない時期です。
つわりの症状がつらいときは、ママの体を一番に考えてパートナーとの仲良しをお休みしましょう。

また、以下の症状やケースに当てはまるときは妊娠初期のセックスを控えてください。

  • 不正出血がある
  • 下腹部痛が続いている
  • 双子など多胎妊娠の経験がある
  • 切迫流産や切迫早産の経験がある

妊娠初期は出血をおこしやすい時期なので、茶色いおりものや出血があっても心配し過ぎる必要はありません。
とはいえ、不正出血が子宮外妊娠のサインである可能性があり、医師の診察が必要なケースがあります。

不正出血があったり、下腹部痛が続く場合はセックスを控えて医師に相談してください。

また、過去に多胎妊娠や切迫流産、切迫早産の経験があるひとは妊娠初期のセックスを控えましょう。

茶色いおりものは心配し過ぎなくても大丈夫

妊娠初期の茶色いおりものはほとんど問題ありません。
茶色いおりものは時間の経過とともに血液が酸化したものです。

妊娠初期は子宮に血液が多く集まっており、少しの刺激で出血をおこすため茶色いおりものが出やすくなっています。

あまり心配し過ぎる必要はないとはいえ、茶色いおりものが続くときは性交渉を控えて体に負担をかけないようにしましょう。
茶色いおりものではなく、鮮血がでた場合は急いで産婦人科の病院を受診してください。

妊娠初期は「したくない」と感じるママが多い?

妊娠初期は性欲に変化を感じるママが多くいます。
個人差はあるものの、妊娠初期はホルモン分泌の影響やつわり症状、流産が不安という理由で性欲が減退するというママが多いようです。
なかには、つわりの症状でパートナーのにおいまで受け付けなくなるケースがあります。

妊娠初期のママは守りの体制に入る

妊娠初期は母性が強くなり胎児を守りたいという気持ちが強まります。
胎児に負担をかけないように「仲良しをしたくない」「スキンシップを控えたい」とセックスに消極的になるママは多いのです。

本能的にパートナーを警戒してしまったり「触れられたくない」と感じてしまうのは母性の強化が理由なので、決してパートナーを嫌いになったわけではありません。

性欲が増す・頻度が変わらないケースも

妊娠初期の性欲は個人差があります。
妊娠をしてから一切性的な行為をしなくなったというママがいるいっぽうで、かえって性欲が増したというママがいます。

性欲の増減についてはどちらかが異常というわけではありません。
性欲があるからといって母性が働いていないというわけではないので心配しないようにしましょう。

したくないときはセックスをお休みする

妊娠初期のセックスは基本的に問題ありませんが、ママの気持ちと体を一番に考えるのが大切です。
「拒否をして不仲になってしまったらどうしよう…」と夫婦の関係性を悩んで無理をしてしまう妊婦さんがいますが、愛情表現はセックスだけではありません。
したくない気持ちをパートナーに理解してもらい、セックスはお休みしましょう。

パートナーに理解してもらおう

とはいえ、男性は女性の妊娠による変化を理解しづらいものです。
急に妻から性生活を拒まれて困惑するパートナーは多いでしょう。

妊娠初期の夫婦生活や関係性が不安定にならないためには、お互いの気持ちをきちんと話し合うのが大切です。
どうしてもセックスへの意欲が湧かないときは、自分の気持ちを正直に打ち明けておきましょう。

また妊娠中期以降で安定期(妊娠16週目)に入ると、つわりの症状がおさまり性欲が戻るママがいます。
妊娠初期のセックスは無理にする必要はないと考えておくと良いでしょう。

妊娠初期のセックスで気をつけたいこと

さいごは、妊娠初期にセックスをするうえで気をつけたいポイントや注意点を解説します。

長時間の性交渉は控える

長時間の性行為はママの体を冷やしてしまい、お腹の張りや痛みをおこすケースがあります。
また同じ体勢が続いて血行が悪くなり、体調を崩す可能性があります。

妊娠初期のママは疲れやすい時期なので、長時間のセックスは控えておきましょう。

必ずコンドームをつける

妊娠初期に限らず、妊娠中のセックスは必ずコンドームをつけるようにしましょう。
精液は陣痛促進剤と似た成分が含まれているので、膣の中に出してしまうと腹痛を引き起こす恐れがあります。

また衛生面からもコンドームなしの挿入は控えてください。
妊娠中は母体の抵抗力が落ちているため、膣内に細菌が入り込むと性感染症や炎症を起こしやすくなります。

肛門や乳房への刺激は控える

妊娠初期は肛門や乳房を刺激し過ぎないようにしましょう。
おしり周りのばい菌が膣内に入り込んでトラブルをおこし、流産や早産につながるリスクがあります。

また乳房を刺激し過ぎると子宮が収縮してお腹の張りを感じやすくなります。

お腹に負担をかけない体位でおこなう

妊娠初期のセックスは女性のお腹に負担をかけないようにおこないましょう。

体位は後ろ向きになる後背位や女性が上になる体位、横向きに寝た形の側臥位がおすすめです。
正常位は足を大きく折り曲げてお腹を圧迫してしまう可能性があるので、十分に注意してください。

深くまで挿入しないようにする

妊娠初期は挿入が深くならないようにしましょう。
挿入が深いとお腹の負担になったり、刺激が強すぎてしまうケースがあります。

気をつけていても、セックスの体位によっては挿入が深くなってしまいます。
刺激が強いほどママの体には負担なので、性行為が激しくならないようにしてください。

途中でお腹が痛いと感じたら中断する

セックスの途中でお腹の強い張りや痛みを感じたらストップしましょう。
激しく動いたり、身体が冷えた影響で子宮収縮がおこってしまうケースがあります。

お腹の張りや痛みのほかに、出血がみられた場合はセックスを中断しましょう。

男性から女性へのオーラルセックスは控える

男性が女性にするオーラルセックスは控えましょう
膣にばい菌が入ってしまったり、血管内に空気が入り込んでしまう危険性があります。

オーラルセックスで空気感染をおこして母子が危険な状態になったというケースもあるため、できるだけ行わないようにしてください。

妊娠初期のセックスはママの心身を第一に

妊娠初期のセックスについて解説してきましたが、いかがでしたか?
基本的に妊娠初期のセックスは問題ありませんが、性欲に変化を感じるママがいます。

激しい性交渉やコンドームをつけないことが原因で感染症をおこして流産や早産につながるリスクがあるため、無理をせず思いやりのあるセックスが大切です。

妊娠初期のセックスはママの体調や気持ちを優先して考えましょう。
セックスについてはパートナーとよく話し合い、理解してもらうようにしてください。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク