妊娠中のつらい痛み…坐骨神経痛について知っておこう!


妊娠中のつらい痛み…坐骨神経痛について知っておこう!

おなかの中で赤ちゃんを育てている間、どんどん大きくなっていく赤ちゃんに対してお母さんの身体はさまざまな変化が起こります。特に、赤ちゃんに体を押し広げられていくというのはとても負担がかかることで、重たく大きくなっていくおなかのせいで足の付け根が痛くなったり、腰痛がひどくなったり。そしてその中でも特につらい症状だと言われているのが「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」です。

坐骨神経痛はよく聞く病気のように思われますが、実は症状(痛み)の名前であって病気の名前ではありません。そんな坐骨神経痛ですが、妊娠するとどうして起こりやすくなるのでしょうか?また、妊娠中に坐骨神経痛が起こると赤ちゃんに何か影響があったり、治すことができるのでしょうか?つらい痛みが続く妊娠中の坐骨神経痛について、見ていきましょう。

坐骨神経痛ってなに?

そもそも坐骨神経痛というのは、どんな症状なのでしょうか。私たちの身体の中をめぐっている神経というのは、とてもたくさんの種類があります。脳や脊髄といったとても大切な部分をつかさどる中枢神経や、筋肉に動きを伝えるための運動神経、そして外からの刺激を体の中に伝えるための末梢神経があります。この末梢神経の中でも、いちばん太くて長い神経が「坐骨神経」です。

坐骨神経は、私たちの骨盤のあたりから足の付け根、そしてひざの裏の方まで長く伸びています。この坐骨神経がなんらかの原因で刺激されることで神経痛が起き、坐骨神経痛という症状となってあらわれるのです。

では、坐骨神経を刺激する原因とは何なのでしょうか。坐骨神経痛の原因はいくつかあり、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群といったものが挙げられます。なんと約9割が椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛となっていると言われています。

椎間板ヘルニアというのは、背骨(椎骨)のひとつひとつの隙間にある椎間板が飛び出してしまっている状態のことをいいます。椎間板の近くに坐骨神経が通っているため、椎間板が飛び出して他の場所を圧迫してしまうことで坐骨神経痛が起こる…ということなんです。

妊娠中になぜ坐骨神経痛になるの?

さて、そんな坐骨神経痛ですが…。まず妊娠して赤ちゃんが大きくなるにつれてさまざまな症状があらわれますよね。胃が圧迫されてたくさん食事を摂ることができない・気持ち悪い・胸やけがする。膀胱が圧迫されてトイレに何度も何度も行く・なかなか排尿できないなどの症状がよくあると思います。坐骨神経痛も同じことで、赤ちゃんが大きくなるにつれて骨盤が圧迫されたり下半身がぎゅうぎゅうと押し広げられていきますよね。そうすると当然、坐骨神経にもその影響が及んでしまいます。そのため、特に妊娠後期や臨月に痛みを強く感じるという妊婦さんが多くなってきます。

また、出産が近くなると「リラキシン」というホルモンが分泌されるようになります。これは子宮弛緩因子とも言われていて、出産のときに赤ちゃんが産道・骨盤を通りやすくなるように、準備をしてくれる働きをもっています。リラキシン・出産が近いと恥骨が痛む症状についてはこちら

骨盤が開いて赤ちゃんが出て来やすくなるのは良いのですが、肝心のお母さんの体は重たい赤ちゃんや自分の体をうまく支えきれなくなってしまいますよね。上半身の土台であると言っても良いほど大切な骨盤が開くのですから、グラグラとバランスが悪くなってしまって当然です。そこで、またさらに坐骨神経が圧迫されて神経痛が起こってしまう…というわけなんですね。

具体的な症状なのですが、腰の痛みはもちろん、おしりや太ももの裏、足という下半身全体で痛み・しびれといった症状があらわれることが多いのだそう。ビリッ!とした痛み、針を刺すような痛み、チリチリとした焼けるような痛みなど、感じ方は人それぞれだと思いますがどれにしてもとてもつらい症状のようです。

また、痛みが起こるとそのまま動けなくなってしまったり、起き上がるどころか寝返りもうつことができない…という方も。妊娠中というのは体が重たくなっているばかりか、大きくなっていく赤ちゃんの影響で体のあちこちに痛みを感じるもの。加えて坐骨神経痛が起こってしまうと、うつ状態にまで陥ってしまう方もいらっしゃるんだそうです。では、妊娠中に坐骨神経痛が起こってしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

妊娠中の坐骨神経痛、対策・治療法は!?

妊娠中というと、やはり赤ちゃんへの影響を考えて薬はあまり処方されませんよね。坐骨神経痛でも同じことで、痛み止めのシップを出されることがほとんどだそうです。シップをもらう以外の対処法ですが、保険適用ではないものの鍼(はり)やお灸、さらにピラティスやカイロプラクティックで坐骨神経への圧迫を改善させる…というのが効果が期待できるとのことです。ただ、これは医師によってストップがかかる場合もありますので、事前に必ず相談するようにしてくださいね。

また、坐骨神経痛になりやすい人として「動きすぎる」「同じ姿勢でいつづける」ということがあるそうです。ウォーキングなどで体力作りや体重管理をするのはもちろんなのですが、腰をはじめ下半身に痛みやしびれといった異変があった場合、しばらく控えるようにしてみることをオススメします。

さらに妊婦さんの痛みを簡単に改善させる可能性として、骨盤ベルトを使うのも良いでしょう。産前・産後の骨盤ベルトについてはこちらから

出産時にも、陣痛以外にもしこんな激痛があったらどうしよう…、痛くていきめないし帝王切開になったらどうしよう…と悩んでいるママさんも多いようです。できるだけ症状が軽いうちに医師に相談し、上記のような対策をとってみてくださいね。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?