もし前置胎盤だと診断されたら・・・。前置胎盤について知っておこう!

ハイリスク妊娠・前置胎盤って?

出産というのは、赤ちゃんもお母さんにとっても本当に命がけのこと。多くの女性が出産をして元気に子育てをしているため、出産経験のない方や男性から見ると「そんなに大変なの?」なんて言葉も出てしまうものですよね。

しかし、すべての妊娠・出産が何事もなくスムーズに終わるわけではありません。多くのお母さんが少なからず何らかのトラブルを抱えて出産に臨むでしょう。陣痛への恐怖、赤ちゃんに会えるという喜びなどたくさんの気持ちが入り乱れていると思いますが、その前に出産は「命がけである」ということを忘れないでください。

先ほども述べましたが、すべての出産がスムーズにいくというわけではなく、中には“ハイリスク妊娠”というものもあります。お母さんが妊娠高血圧症候群になってしまう、ひどい貧血や早産、赤ちゃんの染色体異常などなど…そしてもうひとつ「前置胎盤」があります。今回は、その「前置胎盤」についてお話していきたいと思います。

危険がいっぱい…前置胎盤の恐ろしさ

前置胎盤というのは、胎盤が赤ちゃんの出口である子宮口をふさいでしまっている状態のことをいいます。子宮口をどれくらいふさいでいるかによって呼び方が変わってくるのですが、それぞれ辺縁前置胎盤・部分前置胎盤・全前置胎盤・低置胎盤という種類になります。

前置胎盤

胎盤は本来ならば子宮の上の方にあって、そこから出ている臍帯(へその緒)を伝って赤ちゃんに栄養を送っています。ですが、何らかの原因によって、通常よりも下の位置に胎盤がある低置胎盤や前置胎盤が起こってしまいます。

前置胎盤になると出産や妊娠時にどのような影響があるのでしょうか?

前置胎盤は、赤ちゃんの出口である子宮口をふさいでしまっている状態をいいます。ですから、陣痛がきたとしても赤ちゃんは外に出られませんから、とても危険な状態になってしまうということなんです。

さらに、子宮口にかかっている胎盤は、おなかの張りやすい時期になるとはがれやすくなってしまいます。そこから大出血…ということもありますので、前置胎盤だと診断されたら安静にする・または早めに管理入院するなどの措置がとられます。

前置胎盤の診断時期はいつ頃?

経腟エコーなどで、前置胎盤かどうかを確認します。

前置胎盤かどうかを確認

妊娠初期から中期にかけて「前置胎盤」であると診断された場合でも、その後にどんどん子宮が大きくなり胎盤が上に上がっていって問題ではなくなる場合もあります。ですから、妊娠中期までは「前置胎盤の疑い」という呼び名になります。妊娠31週目頃から「前置胎盤」と断定されます。

前置胎盤になりやすい人ってどんな人?

前置胎盤になりやすいのは、どのような人なのか・・・発症メカニズムの詳細についてはまだ詳しくわかっていません。

ですが、流産で手術の経験がある方や、人工中絶などの経験がある方、喫煙者、高齢出産、帝王切開での出産経験者、多胎妊娠、すでに子どもを数人出産している方などがあげられます。近年では出産年齢が高齢化している事や、帝王切開で出産する方が多い事、不妊治療の普及などの影響で前置胎盤のママさん達が増加している傾向にあるんですよ。

前置胎盤と診断されたら・・・仕事はどうしたらいいの?

前置胎盤は、無理をして出血してしまうと大変なことになってしまいます。

世の中には様々な仕事があるので全ての職業をダメだとは言い切れませんが、激しく動く仕事や立ったり座ったりが激しい仕事であるならば、赤ちゃんとママ自身の事を考えて、会社の方と相談してお休みをいただくしかありません。出産前に退職を考えていた方であれば、少し予定よりは早くなってしまいますが、退職して家で安静にしているのが一番安全です。

前置胎盤はどのようなことで出血が起こるのか、誰にも予測がつきません。家で掃除機をかけていた時に出血してしまった方もいれば、パート先で仕事中にしゃがんでいた態勢から立った瞬間に出血された方、保育士をしており園児と遊んでいたときに出血してしまった方など様々です。前置胎盤だと診断されてしまった以上、普通の妊婦さんと同じような生活スタイルで生活するのはとても難しい事です。

職場で理解のない上司であれば、「○○さんは何ヶ月まで働けていたよ?」と他の方と比べてくることもあるかもしれません。ママと大切な赤ちゃんの命を守るためにも、「ハイリスク出産」である事をしっかりと伝え、無理のない生活を送るようにしましょう!

刺激は厳禁!ゆったりとした気持ちでいよう

前置胎盤はさまざまな妊娠の中でもとてもハイリスクで、まず出産時には大量に出血するということが予想されます。ですから、事前に自分の血液をとって輸血用に保存しておく…という対策がとられることも。また、出産時に出血がなかなか止まらず輸血しても間に合わないということも少なからずあると言われていて、この場合には子宮を摘出するという処置がされることもあります。

基本的には、前置胎盤の方は帝王切開での出産になります。赤ちゃんの出口である子宮口をふさいでいるのですから、どうしても帝王切開での出産になってしまうんですね。前置胎盤は出血しやすいのですが、特徴としては痛みなどはないということです。気が付いたときに大量出血していた…ということもありますから、遠出や運動は控えてできるだけ安静にし、刺激を与えないようにしておきましょう。刺激というのは、運動だけではなく産院での内診も含まれます。それほど慎重になる状態になっていますから、できるだけ出血させないよう・赤ちゃんをおなかに長くいさせるようにしていくことが目標です。

前置胎盤は改善される!?

ただ、「前置胎盤と診断された=危険な状態」とは、一概には言えません。というのも、実は前置胎盤・低置胎盤は赤ちゃんの成長とともに改善されることもあるんです。赤ちゃんが大きくなっていくにつれて子宮もどんどん大きくなっていきますが、このときに胎盤の位置がどんどん上に上がっていく…ということも。

そのおかげで、前置胎盤と診断されたのに帝王切開ではなく経膣分娩ができた!という方もいらっしゃるんですよ。確かにいつ出血するか…とヒヤヒヤするかもしれませんが、経膣分娩できる可能性もじゅうぶんにあります。赤ちゃんと母体のことを考えて、30週以降になると管理入院になることがよくありますが、もちろん入院せずそのまま出産という方もいらっしゃいます。前置胎盤の度合いや、そのほかにも切迫早産などになっていないか、さまざまなリスクを考えたうえでどんな処置をするか決めていきます。

そしてもうひとつ、前置胎盤になると「癒着胎盤」になりやすいということ。胎盤は、出産を終えるとその役目を果たしたということで、つるんと出てきます。赤ちゃんを出産して10分以内には出てくるのが一般的なのですが、癒着胎盤になっていると胎盤が子宮や周りの組織とがっちりくっついてしまっているので、出てくることができません。それどころか、たとえ一部でも無理やりはがれることによって大量出血してしまうこともありますから、前置胎盤だと診断された場合には癒着胎盤の可能性が高いということも知っておきましょう。癒着胎盤についての詳しい記事はこちらから

前置胎盤はいつ出血するかもわからないとても恐ろしい病気ですが、安静にしたり入院措置をとるなど、赤ちゃんをできるだけおなかの中で育てる対策もあります。緊張せず、できるだけゆったりとした気分でいることでおなかの張りも出にくくなりますよ。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。