妊娠中、痔になる原因と対処法、こんなときは病院へ!

妊娠中、痔になる原因と対処法、こんなときは病院へ!

妊娠中や出産をきっかけに痔になったり、もともと痔を患っている人が、妊娠中から出産後の時期に痔を悪化させてしまうことがあります。

とくに、妊娠後期には、子宮が大きくなるにつれて下半身に負担がかかるため、運動不足・便秘・血行不良となり、痔になりやすいとされています。

デリケートな部分のトラブルであるため、診察を受けたり、市販の治療薬を購入するときに躊躇してしまいがちですが、恥ずかしいからといって我慢せずに、早期の治療と予防を心がけましょう。

痔の原因と治し方・予防対策をまとめていますので、ご参照ください。

痔の種類と症状

痔の種類

子宮に近い直腸や肛門付近の血流が悪くなって「いぼ痔」ができたり、便秘になって、強く弁を押し出そうとして、圧力がかかりすぎて肛門が切れ、「切れ痔」となります。

痔の痛みや違和感があっても、ケアをせずに悪化させてしまうと、いぼ痔が破裂して大量に出血したり、痔が慢性化してしまう可能性があります。

このように、痔には「いぼ痔」「切れ痔」「あな痔(痔ろう)」の3種類があり、妊娠中におこりやすいのが「いぼ痔」と「切れ痔」です。
思い当たる症状がないか、確認してみましょう。

いぼ痔(痔核)

いぼ痔の過程

いぼ痔は、直腸付近にできる「内痔核」と、肛門付近にできる「外痔核」に分けられます。

症状

内痔核の症状は以下のとおりです。

  • 痛みは少ない
  • 便を出しきれていない感じがする
  • 排便時に出血がある

内核痔は知覚神経が通っていない直腸にできるため、痛みを感じないのが特徴です。
便秘などで、排便時に強く力をいれると、直腸付近にできた「いぼ」が、肛門付近に押し出されて残便感を感じたり、いぼから出血が起きることがあります。

外痔核の症状は以下のとおりです。

  • 肛門に違和感や痛みがある
  • 肛門付近を触ると、「いぼ」や「こぶ」のような硬いしこりがある
  • 便を出しきれていない感じがする
  • 排便時に出血がある

外核痔は、肛門の近くにできるため、痛みを感じやすいことが特徴です。

原因

妊娠中、とくに妊娠後期に子宮が大きくなり、直腸や肛門の周辺にある血管を圧迫し、血行が悪くなるために、血管の一部が「こぶ」や「いぼ」状に膨らみ、硬くなります。

また、長時間座った姿勢のまま過ごしていると、肛門付近の静脈が圧迫されやすいので注意が必要です。

治し方

軟膏(塗り薬)、坐薬、内服薬での治療となります。

以下のようなケースでは、除去手術が必要となることもあります。

  • 内痔核:投薬での治療で様子をみて、いぼが小さくならない
  • 外痔核:炎症が起きて、痛みがひどく続く

切れ痔(裂肛)

肛門が切れること、肛門周辺の粘膜が傷つくことを「切れ痔」といい、鋭い痛みや出血をともなうことがあります。

症状

切れ痔の症状は以下のとおりです。

  • 排便時、肛門に痛みがある
  • 排便後、トイレットペーパーに鮮血がついている
  • 便が細くなる

原因

妊娠中や出産後は、便秘になりやすく、硬い便を押し出そうとして、強く力を入れて排便していると、切れ痔になりやすいので注意しましょう。

また、下痢が続く場合は、排便時に、何度もお尻を拭くことにより、肛門付近の粘膜が傷つき、肛門の粘膜が切れてしまうことがあります。

治し方

軟膏(塗り薬)、坐薬、内服薬での治療となります。
炎症がひどい場合には、手術が必要となります。

切れ痔を繰り返すことで起こりうる病気

肛門潰瘍

切れ痔の傷が深くなり、潰瘍化してしまうことです。

肛門狭窄

切れ痔を慢性的に繰り返す事で、肛門が狭くなってしまい一層便が出にくくなるというもの。

見張りいぼ

切れ痔になったところの周りの皮膚が腫れ、いぼになってしまったものです。

肛門ポリープ

切れ痔の部分が、便により細菌に感染してしまい腫れあがって出来ます。大腸などに出来るポリープと違い、悪性化することはないといわれています。

あな痔(痔ろう)

痔ろうの過程

肛門内部の、肛門腺とよばれる管に細菌が入り込み、膿がたまってトンネルのような「穴」ができることを「あな痔」といい、激しい痛みが起きることが特徴です。

症状

あな痔の症状は以下のとおりです。

  • 激しい痛みがある
  • 肛門付近が腫れる、膿が出る
  • 38度以上の発熱がある

原因

下痢のときに、便に含まれている細菌(大腸菌)が肛門内部に入り込み、炎症がおきます。

治し方

手術が必要です。
市販の坐薬や軟膏は効かないので、すぐに、肛門科を受診しましょう。

痔の治療薬

妊娠中は、産婦人科で相談すると痔の治療を行ってくれます。
しかし、次の検診まで日が空いている場合や、なかなか予約を取れない場合は、市販の薬を検討される方もいるのではないでしょうか。

ステロイドは危険?安全?

痔の治療で使われる外用薬(坐薬や軟膏)の中には、ステロイドが含まれているものがあります。

ステロイドとは副腎皮質ホルモンのひとつで、塗り薬や内服薬、点鼻薬、点眼薬、注射など幅広く使われており、からだの免疫力や皮ふや体内の炎症を抑制する働きがあります。

塗り薬として皮ふからステロイドが吸収されるのは、ごくわずかなので、胎児への影響はないとされています。
しかしながら、妊婦への安全性がはっきりと確認されているわけではありません。

安全を優先する方は、成分を確認してから購入するか、医師に確認するとよいでしょう。

市販薬の選び方

痔の外用薬を発売している主なメーカーは、症状に応じた使い分けのために、ステロイド系、非ステロイド系の2種類の商品ラインナップを用意しています。

非ステロイド系の主な商品には、ボラギノールM軟膏、ボラギノールM坐剤、プリザクールジェルなどがあります。

そのほか、妊娠中に鎮痛剤などの市販薬を購入する際は、薬剤師に声をかけ、成分を確認してもらうと安心です。



置き薬で対処できる?

家庭によくある置き薬で痔を治療できるのでしょうか。

オロナイン軟膏には、消毒・殺菌作用があり、切れ痔の予防・炎症緩和に効果があります。
ただし、痔の治療に特化した薬ではないので、いぼ痔を小さくする効果はありません。

また、馬油にも、血行を促進する効果があります。
入浴後に、患部を清潔に保ち、やさしく塗りましょう。

ワセリンは粘膜を保護します。
切れ痔の痛みが緩和されることがありますが、治療効果があるというわけではありません。

どれも、まったく効かないというわけではありませんんが、劇的な治療や効果は期待できません。
病院に行くまでの痛みを少し和らげる程度だと考えておくとよさそうです。

しっかり治療したいのであれば、産婦人科で相談しましょう

痔の緩和方法


以下に挙げるポイントを参考にして、自分の症状にあった緩和方法を取り入れましょう。

入浴方法

夜はシャワーだけで済ませるよりも、しっかりお風呂につかり全身を温めましょう
日中でも、半身浴や座浴でお尻を温めると痛みが和らぎます。

お尻や肛門周りを、強くこすらずに、優しく洗い、清潔を保ちましょう。
また、浴槽の中でゆっくり温め、肛門やお尻周辺をマッサージしましょう。
ただし、触ると痛む場合には、控えてください。

注意したいのは、あな痔の場合です。
細菌によって化膿した状態なので、温めると悪化します。
肛門付近が赤く腫れているような場合には、氷水をあてて、冷やすとよいでしょう。

部屋での過ごし方

夏は冷房で身体を冷やしすぎないように注意しましょう。
冬はカイロ、湯たんぽを使って、腰やお尻を温めると痛みが少し緩和されるようです。

また、長時間同じ姿勢でいると血流が悪くなるので、時々、立ち上がって軽く身体を動かしたり、散歩をするのもひとつの方法です。
座る時間が長い人は、ドーナツ型のクッションを敷くと、楽に座ることができます。

トイレ

トイレの便座は、設定温度を温かめにしたり、便座カバーを使用して、可能であればトイレ室内も温かく保ちましょう。

長時間、便座に座ったまま過ごすと、下半身を冷やしてしまうので、控えましょう。

バランスのよい食事

唐辛子などの刺激物は、少量であれば問題ありませんが、過剰に食べ過ぎると排便時に痛みが増します

唐辛子は、体内に吸収されにくいため、便に混ざってそのまま排出されます。
そのため、切れ痔があったり、痔に炎症が起きているときに食べると、排便時に痛みがおきるというわけです。

また、塩分の多い食事は、体内の塩分を調節するために水分が必要になります。
そのため、便秘や下痢といった症状を引き起こすことがあります。

脂肪分が多い食事は、腸内環境を悪化させ、下痢や便秘の原因になります。

スムーズな排便と、腸内環境をよくするために、バランスのよい食生活を心がけましょう。

痔の予防方法はズバリこれ!

妊娠中は、黄体ホルモンの影響で、便秘になりやすい方が多いようです。

また、妊娠週数が進むにつれて、大きくなったお腹を支えようと、背中の方向へ反り返った姿勢になり、少しずつ腹筋が弱くなります。
腹筋が弱くなると、排便する際にしっかり押し出せないので、便秘になることがあります。

  • 食物繊維を多く含む、バランスのとれた食事を心がける
  • 適度な運動(ウォーキング、ストレッチなど)をする
  • 便意を感じたら、我慢せずにトイレに行く
  • 決まった時間にトイレに行く
  • 規則正しい生活リズムを保つ

スムーズな排便を行えるよう、健康的な生活を心がけて、便秘を予防しましょう。

仕事で緊張状態が続いたり、ストレスや疲れを溜め込むことも、便秘につながります。
長時間同じ姿勢(立ちっぱなし、座りっぱなし)での仕事の人も、血行促進とストレス緩和のために、適度に休憩を挟み、身体を動かすとよいでしょう。

便秘と下痢は痔の原因

下痢になりやすい人も、切れ痔になりやすいので、以下のことに注意しましょう。

  • 温かい飲み物を飲む
  • 油もの、脂の多い肉や魚を控える
  • 腹巻やカイロを使って、お腹を冷やさないようにする

まずは食生活を見直し

便秘のときは、水分をしっかり摂るとよいでしょう。
利尿作用があるカフェインや糖分を多く含む飲み物を避け、麦茶や白湯などを選びましょう。

また、食物繊維の多い食事を心がけましょう。
豆、穀物などに含まれる不水溶性食物繊維と、野菜、果物に含まれる水溶性食物繊維を、バランスよく摂取すると、腸内環境がよくなりスムーズな排便につながります。

一般的には「不水溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1」のバランスがよいとされていますが、便秘気味のときは、便を柔らかくする水溶性食物繊維を多く摂取する(「不水溶性食物繊維:水溶性食物繊維=1:2」)とよいでしょう。

食物繊維が多く含まれている食品には、以下のようなものがあります。

  • 不溶性食物繊維が多く含まれている食品:
    切り干し大根、あずき、えのき、エリンギ、ほうれん草、キャベツなど
  • 水溶性食物繊維が多く含まれている食品:
    山芋、わかめ、ひじき、昆布、大麦など
  • 不溶性、水溶性食物繊維が両方ともバランスよく含まれている食品:
    納豆、ごぼう、人参、なめこ、オクラ、アボカド、キウイ、プルーンなど

こんなときは、病院へ!


以下の症状がみられた場合には、早めに肛門科や産婦人科の医師や助産師に相談し、早期に治療を始めましょう。

  • いぼ痔からの出血量が多い(いぼ痔が破裂し、大量出血する場合があります)
  • いぼ痔が肛門の外側に飛び出してきて、内側へ押し込んでも、もとに戻らない
  • 痔が痛み、座ることも困難である
  • 肛門付近が腫れ、ズキズキした痛みがある

出血の場所を確認

出血がみられた場合には、落ち着いて、子宮からの不正出血なのか、痔からの出血なのかをよく確認することが大切です。
また、出血が多い場合には、貧血がおこり、ふらつく場合もありますので、転倒に気をつけましょう。

出血を確認するポイントは、以下のとおりです。

  • どこからの出血しているか

肛門と膣(子宮)、どちらから出血しているのかを、よく確認しましょう。

  • 出血と同時に、お腹の張りや子宮の痛みがあるか

お腹の張りや痛みがある場合には、切迫流産・早産などの可能性があるので、痛みが強い場合には、すぐに病院へ連絡しましょう。

横になって様子をみても、なかなか症状がおさまらない場合も同様です。

  • 出血の「色」「量」「状態」をチェック

大量出血の場合には、痔か子宮からの不正出血かに関わらず、医師に相談しましょう。

血液の状態(鮮血、どろっとしている、血の塊があるなど)をよく観察して、報告しましょう。

また、臨月になり出産が近づくと、「おしるし」と呼ばれる、おりものに血が混ざったような「ピンク」や「うすい茶色」の出血が起きる場合がありますので、その場合は、すぐに病院へ連絡しましょう。

おわりに


妊娠中の痔の治療は、できるだけ手術をせずに、投薬を中心におこないますが、改善がみられない場合には、妊娠中でも手術をおこなう場合があります。

予防や、早期の治療を心がけましょう。

また、出産(分娩)の際に、「いきみ」で強く力が加わるために、痔が肛門から出てしまう「脱肛」を防止するために、助産師が「脱肛保護処置」をしてくれます。
出産前には、産婦人科の医師か助産師に、痔の症状を伝えておきましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【葉酸サプリおすすめ決定版】効果・値段で徹底比較

葉酸の含有量や、一緒に摂れる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

子どもの保険に悩むママ必見!「保険のビュッフェ」の無料相談体験レポ!

子どものための保険ってどうしたらいいの?妊娠中に気になる子どものためのお金について実際に相談してみました!