陣痛の兆候や始まった時の間隔について

前駆陣痛と本当の陣痛

陣痛の兆候や間隔

前駆陣痛は本当の陣痛とは違います。前駆陣痛と本当の陣痛を見分けるポイント

  • 前駆陣痛は不規則で時間が経過しても一定の間隔にならないのですが、本当の陣痛は時間が経つにつれて規則的になっていきます。
  • 前駆陣痛は陣痛の強さが増したり、時間が長くなったり、回数が多くなったりしませんが本当の陣痛は徐々に強さが増し、時間も長くなり、回数も増えます。
  • 前駆陣痛はお腹の前や下腹部に痛みを感じますが、本当の陣痛は下腹部からの痛みが徐々に腰全体に広がります。

前駆陣痛の痛みは生理痛に似ていると感じる方が多く、陣痛だと気付かないママも沢山いらっしゃいます。

陣痛とは?

陣痛とは赤ちゃんが子宮→子宮頚部→産道(膣)を通って外の世界へ出る際に起こる子宮の収縮やそれに伴う痛みの事です。

一言で陣痛といっても細かい段階があります
大きく分けると第1期、第2期、第3期に分ける事ができます。

第1期

上記で説明したように陣痛には第1期~第3期までの段階があり、第1期は「潜伏期」と「活動期」という状態があります。

陣痛第一期の潜伏期

潜伏期の様子

陣痛が徐々に強くなります。潜伏期は初産の場合だと平均約8~10時間続きますが、個人差があり、2~3時間かかる事もあれば1日かかる事もあります。

潜伏期は子宮口を広げる為に子宮頚部が薄くなっていきます。
子宮の収縮に伴う痛みを感じますが、痛みは動けないほどの痛みではないので、歩き回ったりする事もできます。
その為、前駆陣痛だと勘違いするママもいらっしゃいます。

陣痛の間隔
5~10分(個人差はありますが、我慢できる痛みで、会話や食事も可能な痛みです)
痛みを感じる時間
30秒~40秒
子宮口開大
~4cm

陣痛第一期の活動期

活動期の様子

子宮が4cm~10cmに広がります。陣痛の時間も徐々に長くなり、赤ちゃんが産道のほうへ下降し始めます。
痛みは子宮口開大・子宮下部への圧迫・伸展による下腹痛と腰痛が主です。

陣痛の波が3~5分間隔で、1分ほど続きます。多くの方は活動期に破水します。

陣痛の間隔
3~5分(個人差はありますが、激しい痛みを感じ、いきみたい感覚になりますが、息を吐くようにして我慢しましょう。陣痛がない時は会話や歩く事もできます。)
痛みを感じる時間
1分程度
子宮口開大
4~10cm(全開)

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?