常位胎盤早期剥離について

常位胎盤早期剥離について

常位胎盤早期剥離

通常胎盤は、赤ちゃんが生まれたあとにはがれます。ところが、何らかのトラブルにより赤ちゃんが生まれる前に胎盤が剥がれて出てしまうことがあります。これを常位胎盤早期剥(じょういたいんばんそうきはくり)といいます。

赤ちゃんに酸素と栄養を供給している胎盤が剥がれるということは、赤ちゃんの命に関わるという事です。ママも、胎盤が剥がれた部分から大量出血をおこしてしまい、危険に陥ります。ママと赤ちゃんの命に影響を及ぼしかねない「常位胎盤早期剥」は、一体どんな原因で起こりうる可能性があるのでしょうか。

常意胎盤早期剥離が起こりやすい時期とは?

妊娠の全期間を通じて起こる可能性がありますが、32週~35週以降、妊娠末期に起こりやすいといわれています。また、常位胎盤早期剥は、全妊娠の0.3~0.9%に起こるとされていて、そのうち命にかかわるほどの重症例はそのうちの約0.1~0.2%といわれています。

常位胎盤早期剥離が起きる原因について

常位胎盤早期剥は以下の要因があげられます。

常位胎盤早期剥離が起きる原因

  • 妊娠高血圧症候群
  • 絨毛膜羊膜炎
  • お腹を強打したなどの外的刺激
  • 喫煙
  • 常位胎盤早期剥離の経験がある(再発は、前回の発症時期よりも早期におきやすい傾向。)
  • 腎炎、パセドー病、急性・慢性の伝染病による胎盤の器質的な変化、子宮筋腫などの合併症
  • 児奇形や子宮内胎児発育遅延
  • 児奇形や子宮内胎児発育遅延
  • 薬物
  • 急激な子宮内圧の減少

妊娠高血圧症候群のママは常位胎盤早期剥離を起こしやすく、合併すると重症例になりやすいと言われています。また、体外受精で妊娠したママは、自然妊娠の約5.5倍 「常位胎盤早期剥」を起こしやすいと報告されていますので、ともに注意が必要です。

常位胎盤早期剥離の主な症状とは?

常位胎盤早期剥離は、確実に防げる予防策がないので、そのサインがあったら一刻も早く受診することが大切です。代表的な症状は以下の通りです。

  • 突然起こる腹部の激痛
  • 突然起こる出血
  • おなかがカチカチにかたくなる
  • 胎動が減った、なくなった

上記の「突然起こる出血」の場合、多くの血液が子宮の中に溜まるため、お腹の痛みに比べて外に出る出血量が少ないというのがこのトラブルの特徴です。

妊娠初期は、切迫早産と症状が似ていて、少量の出血とおなかの張りで始まりますが、重症の場合は、突然の激しい腹痛が始まり、おなかがカチカチに固くなります。また胎動が少なくなったり、なくなったりするのも“見落としてはいけない重要なサイン”です。このような症状が見られたら、母子共に危険な状態のため、すぐに産院へ受診するようにしてください。常位胎盤早期剥離と診断されたら、赤ちゃんの状態を確認して、ただちに帝王切開になります。

常位胎盤早期剥離の診断方法とは?

常位胎盤早期剥離の診断は、超音波検査や胎児モニターで行います。胎盤が分厚くなっていることなどから判断し、赤ちゃんの心拍をモニタリングして異常がないか調べます。常位胎盤早期剥離が疑われた場合は、すぐに入院する必要があります。

ママと赤ちゃんのリスク

常位胎盤早期剥離によって大量出血した場合、ママがショック状態になったり、産科DICという非常に危険な状態になる可能性が高いため、どうしても出血が止まらない場合は子宮摘出術を行います。

常位胎盤早期剥離になった場合、赤ちゃんは酸素が供給されなくなったら酸素不足になり、脳性麻痺のリスクが高まります。常位胎盤早期剥離の母体死亡率は4~10%、胎児死亡率は30~50%といわれており、母子共に危険な状態といえます。

※播種性血管内血液凝固症候群(はしゅせいけっかんないけつえきぎょうこしょうこうぐん)は、何らかの原因によって起こります。常位胎盤早期剥離が原因の場合、胎盤後血腫で母体の血液の状態が変化し、血が固まりにくくなり、止血が難しくなる状態です。

常位胎盤早期剥離の治療法とは?

軽症の場合のみ、入院して安静にしますが、多くの場合 緊急帝王切開にて赤ちゃんを出してあげる必要があります。常位胎盤早期剥離は止血が難しい事も多く、ママの命を最優先にし、子宮摘出術を行う場合もあります。

胎盤に一部剥離が起きていても、胎盤が正常に機能している場合は、入院して安静に過ごす事もあります。妊娠34週以降で赤ちゃんの準備がほぼ整っている場合は、分娩を誘発して出産しますが、胎盤が正常に機能していなければ、すぐに緊急帝王切開が行われます。

常位胎盤早期剥離はママと赤ちゃんが命の危険にさらされてしまう病気です。「症状が軽いから大丈夫だろう」と自己判断は禁物です!少しでもいつもと違った感じがあったり違和感があるようならば、すぐにお医者さんに相談してください。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク