切迫早産の入院はいつまで?費用や保険、入院中の流れまで解説

妊娠中には、絶対に安心ということはなく、大なり小なり、なんらかのトラブルはあります。

そのなかでも、妊娠中期以降に気をつけなければいけないのが、切迫早産です。

「少しお腹が張っているかな」程度の認識しかなかったのに、妊婦健診で、「切迫早産なので、すぐに入院してください」と言われて、戸惑う妊婦さんも多くいます。

万が一の時に慌てないためにも、ここでは、切迫早産での入院中の過ごし方や、入院期間、費用や保険についてまとめました。

切迫早産とは


妊娠37週以降に、出産することを「正期産」といいます。

それに対し、妊娠22週から37週未満の出産は「早産」です。

切迫早産とは、妊娠22週から37週未満の時期に、「早産になりかけている状態」のことをさします。

37週目にもなると、赤ちゃんの臓器や身体機能は十分に発育し、外の世界に対応できる状態です。

しかし、それよりも早く赤ちゃんが生まれてしまうと、赤ちゃんの身体機能が未熟なために、保育器が必要になったり、障害が残ったり、最悪の場合は死亡することもあります。

生まれてくる時期が、37週に近ければ近いほど、リスクは低くなるのです。

そのため、切迫早産と診断されたら、できるだけ長く子宮内に胎児を留めておくための処置が取られます。

切迫早産の兆候や症状

切迫早産の兆候には、以下のようなものがあります。

  • お腹の張り(安静にしていてもお腹の張りがおさまらない、規則的な間隔でお腹が張る)
  • 下腹部や腰の痛み(安静にしていてもおさまらず、時間の経過と共に強くなるような場合)
  • 子宮頸管が短くなっている
  • 子宮口が開きかけている
  • 不正出血(鮮血の場合は、要注意)
  • 破水

このような兆候や症状がみられる場合は、切迫早産の可能性が高いので、すぐに産婦人科で受診を受けましょう。

この記事もチェック!

切迫早産と診断されたら


切迫早産と診断された場合は、できるだけ長く胎児を子宮内に留めておくために、安静が必要です。

自宅での安静か、入院か、そのまま分娩となるかは、母体と胎児の状態・妊娠週数など、総合的な判断が必要になります。

お腹の張り具合・子宮収縮の頻度・子宮頸管の長さ・子宮口の開き具合・破水の有無などを医師が診断して、入院するか、自宅で安静するかの判断をおこなうのです。

自宅安静となるケース

比較的症状が軽い場合は、ウテメリンやリトドリンなどの張り止めの薬を服用しながら、自宅にて安静に過ごすように指示されます。

入院しなくてもいいとはいえ、普通に家事をしたり、買い物に行ったりは厳禁です。

基本的には、ほとんどを自宅のベッドで寝て過ごすことになります。

入院となるケース

服用薬では、子宮収縮が抑制できないと判断された場合は、入院してウテメリンやリトドリンの点滴を受けながら、安静に過ごします。

点滴は24時間ずっとする必要があるため、入院が必要なのです。

破水してしまっている場合でも、妊娠週数が少けれな少ないほど、できるだけ長く赤ちゃんを子宮内で成長させる必要があるため、管理入院になります。

入院して手術となるケース

子宮頸管無力症の場合は、大きくなる胎児を支えきれず、まだ予定日には程遠くても子宮頸管が短くなったり、子宮口が開き始めるケースがあるのです。

このような場合は、入院して、子宮頸管縫縮術という手術をおこない、開きかけた子宮口を縛ることで、早産を防ぐ処置が取られることもあります。

切迫早産での入院中の過ごし方


「少しお腹が張っているかな」という程度の認識しかなかったのに、突然、医師に入院を指示され、驚く妊婦さんも多くいます。

出血もなく、痛みがほとんどない場合は、たいしたことはないと考えがちですが、出血や痛みがなくても、切迫早産を放置しておくことはできません。

そのまま放っておくと、早産になったり、赤ちゃんが子宮内で感染症をおこしたりするリスクが高まるからです。

切迫早産と診断され入院することになった場合、病院ではほとんどの時間を安静に過ごすことになります。

切迫早産の症状の重さにもよりますが、普通は、24時間の点滴、トイレ以外は、ベッドの上で横になって過ごすことになるでしょう。
シャワーは医師の許可が出た時のみに限られ、許可が出た場合でもシャワー時間は15分程度。
症状によっては、シャワーが許可されないケースもあるほどです。

入院期間

入院期間の長さは、妊婦さんの症状によってさまざまです。

点滴治療によって、子宮の収縮などの早産の兆候がなくなれば、5〜7日ほどで退院できる人もいます。

しかし、子宮の収縮がおさまらない場合や、子宮頸管が短いままだったり、さらに短くなったりする場合は、出産まで入院することになります。

その場合、入院期間が1〜3ヶ月にわたる場合も。

入院期間は、妊婦さんの経過次第ですし、状態が急変する場合もありますので、入院となったら、出産まで入院する覚悟をしておいた方がいいかもしれません。

転院の可能性

通っていた産婦人科に新生児集中治療室(NICU)が設置されていれば問題ないのですが、全ての産婦人科にNICUが備わっているわけではありません。

入院して、しばらく治療をしても早産の兆候がなくならない場合、万が一、早産になることを考慮して、NICUのある総合病院に転院が必要になることもあります。

また、症状が深刻な場合は、最初からNICUのある総合病院に入院することをすすめられることもあるようです。

現在通っている病院が自宅の近くの場合、自宅から離れた総合病院への転院は、さらに家族への負担も大きくなります。

このあたりのことも含め、どのような形を取るのがよいのか、担当の先生と十分に相談することが必要でしょう。

入院中のストレス

安静にして過ごさなければならない切迫早産の入院中は、以下のようなストレスを感じる妊婦さんが多いようです。

子宮収縮抑制剤の点滴の副作用

切迫早産で入院している多くの妊婦さんは、24時間子宮収縮抑制剤の点滴を受けることになります。

しかし、ウテメリンやリトドリンの点滴は、子宮の収縮を抑える効果は高いのですが、その反面、副作用がおこることも。
副作用としてよく見られるのは、顔や体のほてり・動悸がする・手が震える・だるさ・吐き気・頭痛などの症状です。

重篤な場合は、まれに、肺水腫・心不全・高血糖などの深刻な症状が現れるので、長期間使用する場合には、血液検査などを定期的におこなう必要があります。

血管痛

24時間の点滴が長期間にわたると、子宮収縮剤の点滴針による血管痛に悩まされる妊婦さんも増えてきます。

最初は1週間もった針も、点滴期間が長くなるにつれ、数日しかもたなくなったり、針の差し替え時に激痛を感じたり、液漏れして血管が赤く腫れることがあるのです。

温めると少し痛みが緩和することもありますが、それでも、どうしても痛いときは、看護師さんに相談しましょう。

時間を持て余す

血圧測定、検温、胎児の心音確認、検尿、採血などの一通りの検診が終わってしまえば、あとは食事以外、なにもすることはありません。

基本的には、ベッドの上で横になって終日安静です。
こんな風に、少しも動けないとなると、時間はなかなかたってくれません。

本や雑誌、スマホ、テレビ、DVDなど暇つぶしのためのアイテムは必須でしょう。

またベビー服や赤ちゃんのおもちゃ、小物を編んだり、作ったり、ネットの通販でベビー用品を揃えたりするのもよいですね。

腰痛

1日のほとんどを横になって過ごさねばならないために、寝すぎが原因で腰痛に悩まされる妊婦さんも多いようです。

長時間、同じ姿勢にならないように、向きを変えたりなどの工夫が必要になります。

便秘

ストレスの多い入院生活に加え、安静に過ごさなければならないことによる運動不足などから便秘になる妊婦さんも多くいるようです。

しかし、切迫早産の女性が便秘でいきむのは、問題があります。

妊婦さんでも服用できる便秘薬もありますので、恥ずかしがらずにお医者さんや看護師さんに相談してみましょう。

お風呂に入れない

症状が比較的良好であれば、数日〜1週間に1回程度のシャワーが許可されることもありますが、許可されたとしても15分程度で、慌てて入ることになります。

症状の重い場合は、濡れたタオルで体をふくだけのことも。
毎日お風呂に入れないことは、想像以上にストレスです。

体は濡れたタオルで拭くこともできますが、髪を洗えないのは女性にとってはつらいもの。
ドライシャンプーを使うなどして、なるべくストレスがたまらないようにしましょう。

上の子と過ごせない

上のお子さんがいる場合、ママの入院は、ママにとっても、子どもにとってもストレスになります。

とくに上のお子さんが1~3歳と小さい場合は、我が子と離れるつらさは、大きいでしょう。

また、ご主人のご両親や、実家のご両親の協力も必要になり、心苦しい気持ちになるかもしれません。

罪悪感からご自分を責めるママもいるようですが、自分を責めても状況が変わるわけではないですし、そのようなストレスは体にもよくないもの。

切迫早産と診断されたら、お腹の赤ちゃんのことを第一に考え、上の子の世話はご主人やご両親にお願いするしかありません。

周りの協力に感謝し、できるだけゆったりした気持ちで過ごしましょう。

入院するメリット

安静に寝て過ごすだけの入院生活は、時間がなかなか経過せず、点滴痛や腰痛、副作用に悩まされる妊婦さんも多くいます。

でも、入院するメリットもあるのです。

十分に休める

自宅で安静に過ごすといっても、家にいれば、ついつい動いてしまいがちになります。

とくに、上の子がいる場合は、ずっと横になるわけにはいかないものです。

急に、入院しなければならなくなると、仕事や家事、子供の世話をどうするのかと不安になるかもしれません。

しかし、切迫早産の治療には、安静に過ごすことが不可欠です。

入院すれば、つい家事が気になって動くこともありません。
食事を作る必要もなく、十分に体を休めることができます。

あとで、後悔しないためにも、お腹の赤ちゃんのことを第一に考えて、ゆっくりと過ごしましょう。

バランスの取れた食生活

入院中の食事は妊婦さんの健康を考慮した、バランスの取れたものが出されます。

カロリーの調整、体重の管理は妊娠中には欠かせません。
病院の食事だと、それらを考慮した食事が出されるので安心です。

体調の変化に即座に対応できる

入院していれば、毎日、赤ちゃんの心音を確認できるし、少しの体調の変化にも迅速に対応してもらえます。

その安心感はとても大きいものです。

看護師やスタッフと親しくなれる

長く入院していると、看護師さんや、助産師さん、掃除のおばさんと自然と親しくなるものです。

顔見知りの人が周りにいるというのは、安心感がでてきます。

お医者さんには、なかなか相談できないことを相談できたり、体調が悪い時はわざわざ様子を見にきてくれたりと、心強いものです。

切迫早産の入院費用について


切迫早産での入院は、長期間にわたることも多く、そうなると入院費が心配です。

切迫早産での入院費には、治療費、食事代、差額ベッド代(病室が大部屋の場合はかかりません)がかかります。

治療費には健康保険が適用されるので、自己負担の金額は3割です。
これに食事代が1食につき360円かかります。
治療費は、病院によっても変わってきますが、治療費と食事代を合わせて1日約10,000円前後かかります。

さらに、個室などを使用した場合に、差額ベッド代がかかるのですが、この金額は病院によって大きく異なります。

  • 仮に差額ベッド代を1日5,000円とした場合
  • 1日あたりの治療費、食事代、差額ベッド代の合計は15,000円。

30日の入院となると45万円、60日の入院で90万円となってしまいます。

健康保険の適用対象

切迫早産での入院は、病気の治療として考えられていますので、健康保険の対象となり、自己負担金額は3割となります。

治療費には、以下のようなものが含まれます。

  • お母さんの入院費(差額ベッド代は除く)
  • 診察代
  • 病院で出される薬代(点滴や注射を含む)
  • 点滴や注射の処置代
  • 帝王切開など、普通分娩以外の手術代
  • 赤ちゃんのNICUの入院費

食事代については、健康保険の対象ではないのですが、入院時食事療養費という制度があります。

普通の人の場合、1食あたり360円の支払いさえすればいいことになっています。

健康保険が適用されないもの

健康保険が適用されないものについては、以下のようなものがあります。

  • 差額ベッド代
  • 病衣貸与代
  • テレビ代
  • DVD、CD代
  • 雑誌、本代
  • 洗濯代

こちらの費用は、全額自己負担となります。

差額ベッド代は1〜4人部屋を患者が希望して使用した場合に、大部屋との差額がかかるというものですが、この金額は病院によって大きく異なります。

差額ベッド代は1日だいたい2,000〜10,000円が主流です。
詳しくは、ご自身の通っている病院に確認してください。

高額療養費

切迫早産での入院は、入院期間が長引くことも多く、入院費用がかなりの金額になってしまうこともよくあります。

しかし、健康保険での自己負担金が高額になってしまった場合、高額療養費という制度を利用できるのです。

高額療養費制度は、1ヶ月あたりの自己負担額の限度額が決められており、それを上回る医療費が還付されるという制度。

ただし、対象となるのは、健康保険の対象となる医療費に限られており、食事療養費や、差額ベッド代はこの対象とはなりません。

1ヶ月あたりの自己負担限度は、個々の所得によって異なります。

ちなみに、月収が28万〜50万円の方の場合の1ヶ月あたりの限度額は

  • 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%という計算に。
  • 仮に健康保険対象となる総医療費が100万円だった場合

  • 80,100円+(1,000,000-267,000円)×1%=87,430円です。

ただし、入院が2つの月にまたがる場合は、それぞれの月で、限度額である80,100円+(総医療費-267,000円)×1%を払うことになります。

高額療養費は後日返金という形もありますが、窓口での支払い金額を限度額に抑えるために、あらかじめ限度額適用認定証を発行してもらう方法もあります。

この記事もチェック!

出産育児一時金

妊娠85日以降の出産に関しては、正常分娩・帝王切開・流産・中絶・早産に関わらず、出産育児一時金として、子ども1人あたり42万円が支払われます。

切迫早産で入院中の出産に対しても、出産育児一時金は適用されるのです。

そのため、出産後の病院の窓口での支払いは、出産育児一時金を超える差額のみを支払うことになります。

もしも、病院からの請求が出産育児一時金を下回った場合には、後日その残りを申請して、受け取れます。

この記事もチェック!

民間の生命保険

正常分娩の場合は、生命保険の対象外ですが、切迫早産での入院の場合は生命保険から入院給付金が契約時の金額に合わせて、支払われます。

例えば、入院給付金が1日5,000円の保険に加入していて、40日入院した場合は、20万円が支給されることになります。

民間の生命保険に加入している場合、切迫早産での入院が支払い対象になっているかどいうか、確認してみましょう。

この記事もチェック!

確定申告での医療費控除

出産育児一時金や高額療養費制度からの支給、民間の保険会社からの給付金を差し引いた医療費が年間10万円を超える場合、確定申告時に医療費控除が受けられます。

医療費控除とは、かかった医療費の一部を税金から差し引き、年間最大200万円までが控除される制度です。

対象になるのは、以下のようなものです。

  • 妊婦健診
  • 妊娠、出産に伴う検査費、診察代、治療費
  • 通院や入院のための公共交通機関
  • 分娩時など公共の交通機関での移動が困難な場合のタクシー代
  • 入院時の食事代
  • 出産費用

なお、患者が希望した場合の差額ベッド代については、医療費控除の対象にはなりません。

この記事もチェック!

お金の安心はストレスを減らす


妊娠22週〜37週未満で早産になりかけている状態を、切迫早産といいます。

切迫早産と診断された場合、そのまま出産まで入院となるケースも少なくありません。

入院が1〜3ヶ月と長期化することも珍しくなく、そうなると妊婦さんの精神的、身体的ストレスはもちろん、経済的に不安を感じる人も多くでてきます。

切迫早産での入院は、長引くことが多いだけに、入院費用がいくらになるか、心配なのは当然です。

入院が長くなればなるほど、医療費もかさみます。
しかし、高額医療費制度や、出産一時金などの制度があり、民間の生命保険に入っている場合は、入院給付金がでる場合もあるのです。

支給される金額や、支払い限度額は個々の所得によっても変わるので、安心して入院生活を過ごすためにも、一度、ご自身のケースを調べてみてはいかがでしょうか。

この記事もチェック!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク