静脈瘤の症状・原因・予防


静脈瘤とは

下肢静脈瘤

妊娠中はホルモンの影響で色々な体の変化を目の当たりにすると思います。妊娠中のトラブルの一つとして、「静脈瘤(じょうみゃくりゅう)」という言葉を耳にする事があると思います。静脈瘤で悩んでいる妊婦さんは、全体で10~20%と少ないのですが、夫婦共働きで妊娠中もお仕事を続けているママさんが増えている為、静脈瘤で悩む妊婦さんも年々増えているのが現状です。また、高齢妊婦さんの場合も静脈瘤の発症率が高くなる傾向にあるようです。

静脈瘤は妊娠中に見られるトラブルの一つです。 妊娠すると黄体ホルモンが分泌されます。※黄体ホルモンは、子宮の筋肉をゆるめ、どんどん大きくなっていくお腹にあわせて体が対応できるように維持してくれます。ですが、この時に静脈の血管壁や、腸の筋肉の収縮(妊娠中も便秘の原因)も一緒に抑制してしまいます。それにより、血管内の弾力が低下し、静脈弁の働きも鈍くなります。通常、静脈は重力に逆らい足から心臓へ向かって血液が上っていきますが、静脈弁の働きが鈍くなる事で、血液が上へ戻りにくくなり蓄積され、コブのように膨らみます。その状態を「静脈瘤(静脈瘤)」と呼びます。静脈瘤ができやすい場所は、太もも・ひざの裏・すね・ふくらはぎ・肛門・膣などが多いです

静脈瘤の症状

  • 夜間足がよくつる
  • 足の疲れ、だるさ、かゆみが気になる
  • 足が張る感じがある
  • 足の浮腫(むくみ)がひどい
  • 足がかゆい
  • 色素沈着、潰瘍
  • 下肢の血管が盛り上がっている

上記の条件にいくつか当てはまる人は静脈瘤が出来ている可能性が高いです。

静脈瘤になりやすい人

  • 静脈瘤は遺伝とも言われているので、血縁者に静脈瘤がいる場合は発生しやすいです。
  • 長時間の立ち仕事をしている人
  • 高齢妊婦
  • 出産回数が多い人

上記の場合は、静脈瘤の発生率が高くなります。症状には個人差があり、血管がハッキリ見えるようになっただけの無症状な方から、血管が太く盛り上がり浮き出るタイプの方までさまざまです。

静脈瘤の予防

長時間の「立ったまま」「座ったまま」の姿勢を避けるようにしましょう。座る際、足を組むのはやめ、血液の循環を促す為に、一定時間のサイクルで歩くようにしましょう。締め付けるようなパンツやバンド、靴下などは血液循環を悪くしてしまいます。ゆったりとした服を着るようにしましょう。

弾性のストッキングを着用すると良いでしょう。膝までの長さのストッキングは、血液が逆流してしまうおそれがあるので、ウエストまでのタイプを選んで着用するようにしましょう。

以下は一般医療機器として扱われている信用できるマタニティー妊婦用弾性ストッキングです。

横になる際に、足の下にクッションなどを置き、15~20センチほど足を高くして寝る事で下肢に溜まった血液を心臓へ戻しやすくします。

※静脈瘤の注意点

足を使う激しい運動(テニス、サッカー、ジャズダンスなど)は避け、静脈瘤に触ったり、マッサージをしたりしないようにしましょう。静脈を傷つけるおそれがあり、また凝血がひどくなる可能性があります。
その場合、血栓性静脈炎(けっせんせいじょうみゃくえん)を発症してしまう可能性があるので注意しましょう。

血栓性静脈炎とは、血液凝塊が原因となって静脈の血管が詰まり、静脈とその周囲の皮膚が炎症を起こす病気です。症状は静脈瘤が大きくなり痛みを伴ったり、炎症を起こす、腫れる熱をもつなどがあります。そのまま放置すると血栓になってしまう可能性があるので、早めに病院を受診しましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。