【高齢出産とは】どんなリスクがある?ダウン症や障害になりやすい?

女性の社会進出や晩婚化に伴い、従来よりも女性の出産時の年齢が上がってきています。
しかし、高齢出産にはさまざまなリスクがつきものです。
テレビや雑誌でも高齢出産のリスクが報じられているので、不安に思う女性も多いのではないでしょうか。

そこで、世間で噂されている高齢出産に対するリスクは、実際のところ本当なのかどうか調べてみました。
高齢出産を控えている方も、ご自分の人生設計から高齢出産を選択する予定の方もぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

高齢出産の定義とは、何歳から高齢出産になる?


現在、高齢出産は「35歳から」とされるのが一般的です。

35歳からが高齢出産と定義されると聞いて、「早い」と感じるかどうかは人それぞれでしょう。
しかし35歳というと、大卒で就職した場合、仕事でキャリアを積み上げやっと会社でのポジションが落ち着き始めた頃です。

近年は女性の社会進出がすすみ、20代を仕事に捧げる方も増えてきているので、35歳前後の出産は決して珍しいことではありません。

また、現代の日本は晩婚化が進んでおり、初婚年齢の平均は男女ともに30歳前後とされています。
もしも30歳を過ぎて結婚した場合、子どもができる頃には35歳を迎えていたとしても不思議ではありません。

さらに、二人目の出産を考えた場合にさまざまな理由から35歳以降の出産を選択するご夫婦も少なくありません。

昨今は核家族化が進み、祖父母など、子どもを預けておける身内がすぐそばにいないという家庭が増えています。
そうなるとひとり目の育児が落ち着いた頃に二人目を考える場合、結婚・出産後も奥さんに仕事がある場合は、「すぐに二人目を」というわけにもいかないのではないでしょうか。

このように、高齢出産は現代のすべての女性にとって決して他人事ではない、とても身近な話といえるでしょう。

高齢出産で可能性がある4つのリスク


そもそも35歳以降の出産をなぜ区分し、「高齢出産」と定義づけるのかといえば、35歳以上の妊娠・出産にはさまざまなリスクがつきまとうからに他なりません。
高齢出産は35歳未満の出産に比べ、母体や赤ちゃんに与える影響が多いのです。

もちろん下記のリスクには個人差がありますが、高齢出産の場合はこうした知識をしっかりと身に付けておくことが大切になります。

1:ダウン症や発達障害のリスクが高まる

ダウン症や発達障害の子どもは染色体異常児と呼ばれ、妊娠中胎児の染色体に異常が生じることで引きおこされます。
染色体異常は母親と父親の卵子や精子の老化が原因のひとつです。

女性が一生のうちに身体で作り出せる卵子の数は決まっています。
そして年齢を重ねるごとに数が低下し、卵子の老化がはじまります。
卵子の老化は不妊の原因ともなり、時折不妊治療が必要になる理由のひとつです。

ダウン症や発達障害の原因は卵子の老化だけではありませんが、実際にお母さんの出産年齢が上がるにつれてダウン症の発症率が高くなる傾向にあります。

40歳の出産では約100人にひとりと、決して低い確率ではありません。

高齢出産によって必ずしも赤ちゃんに染色体異常が生じるわけではありませんが、こうしたリスクを伴うことを、妊娠前に知っておくことが大切です。

2:早産や難産、流産になる確率が上がる

高齢出産では早産や難産、流産になる可能性も高まります。
切迫早産や切迫難産になり、帝王切開をよぎなくされる場合もあります。

これも前述と同様に胎児の染色体異常が原因で起こり、20代と比べるとおよそ2倍も確率が上がることが分かっています。

こうした事態を想定し、冷静に対処するためにも高齢出産の分娩経験の多い産婦人科を選ぶとよいでしょう。

3:妊婦特有の病気にかかりやすくなる

妊娠は母体に大きな影響を及ぼし、なかには妊娠中特有の病気を発症してしまうケースもあります。

妊娠中特有の病気としては「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「妊娠糖尿病」などがあげられます。

中でも高齢出産の場合に注意しなければいけないのが「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」です。
妊娠高血圧症候群の症状としては血圧が高くなるだけではなく、それに伴う体調不良や、場合によっては帝王切開に繋がることもあります。
通常、妊婦全体のおよそ10%が発症するとされていますが、35歳以上では14%~18%と発生率が高くなる傾向にあります。
これは、加齢によって卵巣の機能が低下し血管も老化していくためで、高齢になればなるほど発症する確率も高くなっていきます。

4:高齢出産で二人目以降を産む際のリスクは子育て

高齢出産の妊婦の中には経産婦の方も少なくありません。
国際産婦人科連合では経産婦の場合、40歳以上を高齢出産としています。

初産の妊婦と異なり、二人目を妊娠している高齢出産の方は上の子どもの育児をしながら
出産にのぞまねばなりません。

35歳や40歳ともなると、20代~30代前半と比べるとやはり体力的な衰えを感じる方の比率が増えていきます。
そのため二人目の高齢出産では、妊娠中に体力的な問題から体調を崩してしまう方もいます。

旦那さんや家族、友人などできるだけ周囲の人に頼り、自分ひとりで妊娠や子育てに関する悩みを抱え込まないことが大切です。

可能であれば家事や育児の負担を軽減するよう協力してもらい、気持ちに余裕を持って出産にのぞめるように体調を整えていきましょう。

安心して高齢出産にのぞむために準備しておきたいこと4つ


高齢出産のリスクについてご紹介していきましたが、さまざまな理由から高齢出産を選択する女性は増えてきています。

厚生労働省のデータでは、実際に35歳以上の年間出産数は上がっており、最近では芸能人で高齢出産を経験した方も増えて、益々高齢出産に前向きな女性が多いでしょう。

しっかりとした準備をしておくことで、高齢出産のリスクを下げて母子ともに安心して出産にのぞむことができます。

1:妊娠に関する基礎知識を身に付ける

高齢出産に際しては、妊娠や出産に関する基本的な知識を身に付けておくことが大切になります。
妊娠中や妊活中の方は妊娠出産について勉強している場合がほとんどかと思いますが、リスクを伴う高齢出産だからこそ、きちんと正確な知識をつけることが大切です。

2:生活習慣を整える

高齢出産のさまざまなリスクは体力不安や、卵子の老化によるものが大半です。

生活習慣を整えることは卵子の老化を防ぐだけではなく、ホルモンバランスを安定させて妊娠しやすい身体をつくることにも繋がります。

規則正しい生活や、栄養バランスに優れた食事を心がけて、適度な運動を取り入れることで体力の衰えもゆるやかにすることができます。

また、ストレスもホルモンバランスを乱す原因になります。
妊活中や妊娠中もあまり焦らず、ストレス発散法を見つけてできるだけ穏やかに過ごすことが大切です。

卵巣や子宮、排卵の状態は病院の検査で確認することができますので、年齢不安のある方は妊活を行う前に調べると良いでしょう。

3:パートナーとよく話し合う

高齢出産のリスクはお母さん自身だけではなく、パートナーとなる男性と一緒にしっかりと共有することが大切です。
リスクやデメリットを含めて話し合いを重ね、お互いが納得してから妊活に励むようにしましょう。

また、起こりうる事態や妊娠の知識に関して医師に相談する時はパートナーにも同席してもらい、ふたりで対処方法を学んでおくと良いですね。

4:前もって家族や友人に相談しておく

高齢出産は周囲の協力が必要になる場面が多々あります。
特に二人目の出産の場合、上の子のお世話や家事に関して頼れる人を探しておくと安心でしょう。
もしも旦那さんの都合が悪い日に、体調を崩してしまっても大丈夫なように対策を考えておくと良いですね。

また、妊娠から出産までは長期に渡り、妊婦さんの身体や心に大きな負担がかかります。
そういう時に支えになってくれる人が身近にいれば、負担を軽減することができます。

もしも高齢出産を経験したご家族やママ友がいれば、その時の状況やお産の際の注意点を聞いてみましょう。
心構えをしておくことで、心理的な負担を大きく軽減することができます。

高齢出産にはメリットがある


高齢出産にはリスクがつきものですが、そうした知識や事実を知った上であれば、精神的にも肉体的にもより安定した形で出産にのぞめます

高齢出産は若い頃と違い精神的にも成熟していますので、妊娠中も穏やかな状態で過ごせる方が多いようです。

その他経済的にも安定しており、利用できるサービスの選択の幅が増えるなど、決して悪い面だけではありません。

心身共に健康で、パートナーや周囲の人の助けがあれば、高齢出産でも若い方と変わらず出産できるケースもたくさんあります。
高齢出産だからと臆さず、知識をつけた上でぜひ前向きに出産にのぞんでいきましょう!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?正しくとる方法

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!でもその理由は?どうやってとったらいいの?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

子どもの教育費や保険で悩んだときにどうすればいいのか、体験談を交えてご紹介します。