【妊娠初期の飛行機の影響】長時間の国外も行ける?X線は平気?

海外旅行を予定していたら、妊娠発覚!
旅行へ行ってもいいのか、それともキャンセルするべきか…と悩んでしまうでしょう。

「妊娠初期に飛行機に乗ったらどんな影響がある?」
「飛行機に乗るなら、どんなことに注意したらいい?」

そんな、妊娠初期の飛行機の利用に関する疑問にお答えします。

妊娠初期は飛行機に乗ってもOK

妊娠が順調に経過していて、流産などの兆候がなければ、妊娠初期に飛行機にのることはできます。

航空会社では、妊婦に搭乗制限を設けていますが、主に妊娠後期の妊婦さんを対象としています。
ですから、妊娠初期は診断書の提出などといった手続きも必要ありません。

ただ、妊娠初期のママの体は非常にデリケートなときです。
専門家の意見でも「母体への影響を考えると、できれば避けたほうがいい」というものが多いのです。

では妊娠初期に飛行機に乗ると、ママの体にどんな影響が考えられるのか、説明していきます。

つわりの悪化

まず、第一に考えられるのが、つわりの悪化です。

機内の匂いや飛行中の揺れが、つわりを悪化させる要因となります。
さらに、離着陸時の気圧の変化で、頭痛などを引き起こすこともあります。

実際に、「つわりの時期に飛行機乗って吐き気でつらかった」というママの声は多く見られます。

出血時の対応の遅れ

妊娠初期に飛行機に乗っても流産の危険性が高まるということはありません。
しかし、妊娠初期は突然の出血といったトラブルが起きやすい時期です。

もし、飛行機の中でそうした事態になった場合、処置が遅れる可能性があります。
特に海外への長時間フライトの場合には、体調管理には細心の注意が必要です。

エコノミークラス症候群の危険性

エコノミークラス症候群は、長時間同じ姿勢でいるために血流が悪くなり、血栓ができることで発症します。
妊婦さんは、もともと血流が悪く血栓が生じやすいので注意しなければなりません。

飛行機の利用に適しているのは安定期

妊婦が飛行機に乗る場合に最も適した時期は、安定期と呼ばれる妊娠5~7ヶ月です。
そのころにはつわりもおさまりママの体調も安定しているでしょう。
胎盤も完成しているので赤ちゃんのトラブルも初期よりは少なくなります。

もし、旅行の計画を延期できるなら、安定期まで待ってはいかがでしょうか。

飛行機に乗る必要がある場合の準備

妊娠初期は飛行機に乗らないほうがいいとわかっていても、帰省や仕事でどうしても乗らなければいけないこともあると思います。

そんな場合には、事前の準備を万全にしておきましょう!
妊婦の搭乗条件や、搭乗中に特に気を付けたい注意点をご紹介します。

知っておこう!妊婦の搭乗に関する利用条件

各航空会社は、それぞれ妊婦の搭乗についてのルールを決めています。
主な国内の航空会社の利用条件はこのようになっています。

国内線 国際線
診断書が必要 出産予定日より28日以内 出産予定日より15~28日以内
診断書+医師の同伴が必要 出産予定日より7日以内 出産予定日より14日以内

出産予定日より28日以内に飛行機の乗る場合には、「飛行機に乗っても差し支えがない」と明記された診断書が必要になります。
里帰り出産する場合には、早めに帰省したほうがいいでしょう。

また、早産の経験や多胎妊娠の場合にも診断書が必要とする航空会社もあります。
飛行機を利用する前には、各航空会社に妊婦の搭乗条件を確認しておきましょう。

妊娠初期の搭乗についての注意点

妊婦さんが、搭乗中に注意しておきたいことをご紹介します。

1時間に1回は体を動かすようにする

エコノミークラス症候群を予防するために、1時間1回は体を動かすようにしてください。
通路を歩いて下半身を動かしましょう。

また、水分を多めにとって血流を促すことで、エコノミークラス症候群の予防につながります。

ゆったりとした服装を心がけ、炭酸飲料は飲まないように

ポテトチップスの袋を機内に持ち込むと、膨らむのはご存知でしょうか?
飛行中の機内の気圧は、調整されているものの若干下がり、空気が膨張するからです。
おなじように、腸内のガスも膨らみます。

機内ではお腹まわりがゆったりした服装を心がけてください。
特に、炭酸飲料を飲むと、膨張して子宮を圧迫する可能性があるので、飲まないようにしましょう。

吐き気止めの薬はお医者さんに相談してから

妊娠初期は薬の影響が懸念される時期です。
自己判断で市販の乗り物酔いは飲まないようにしましょう。
吐き気止めの薬については、必ず医師に相談してください。

国内移動は飛行機と新幹線どっちがいい?

帰省の際、飛行機よりも新幹線で移動したほうがいいのか…と悩む人も多いようです。

つわりがひどい場合には、新幹線のほうが向いています。
新幹線なら、具合が悪い場合にいったん下りるとこともできるからです。

しかし、あまりにも新幹線の移動時間が長い場合には、飛行機を選んでください。
沖縄までのフライトでも、2時間程度ですから、体調と相談して移動方法を決めましょう。

海外旅行はキャンセルする勇気も必要

海外旅行はフライト時間が長く、体調が不安定な妊娠初期にはおすすめできません。
つわりや茶色のおりものなどの症状がある時には、思い切ってキャンセルしましょう。

もし、海外へ行く場合には、現地の医療体制をしっかりと調べておく必要があります。

妊娠早期に対応した海外旅行保険に入っておこう

海外旅行中に出血などが生じて診察を受けた場合、高額な診察料が発生するかもしれません。
海外旅行に行く場合には、妊娠早期から入れる海外旅行保険に入っておきましょう。

搭乗中の放射線や手荷物検査のX線の影響は?

妊娠中に飛行機に乗るときは、搭乗中に浴びる放射線による赤ちゃんへの影響も気になるところです。
また、妊婦さんの多くは保安検査場のゲートも不安になると思います。

結論から言うと、どちらも心配ありません。
その理由について、詳しく説明していきます。

搭乗中の放射線はごく微量で影響なし!

自然界には宇宙から降り注ぐ放射線が存在しており、地上より高いところを飛んでいる飛行機では地上より影響を受けやすいのは事実です。
しかし、その値はごく微量なもので、胎児への影響はありません。

環境省の資料によると、東京~ニューヨークを飛行機で往復したとき、その被ばく量は0.2mGyほど。
50mGy未満であれば、胎児の奇形率は増加しないといわれていますので、搭乗中の放射線の影響はないと考えて大丈夫です。

被ばくによる赤ちゃんへの影響については、以下の記事でも解説しています。

保安検査のゲートは金属探知機なので大丈夫!

もう一つ、飛行機に乗る際に妊婦さんが心配されるのが、空港で受ける保安検査です。

成田空港のホームページによると、保安検査でお客さんがくぐるゲートは金属探知機であり、体への影響はないとのこと。
気になる場合は、身体検査に変更してもらえるので、妊娠していることを申し出てみましょう。

搭乗中に備えておきたい5つのトラブル対策

妊婦さんが飛行機に搭乗中の際は、さまざまなトラブルが予想されます。
対策を万全にしておきましょう。

(1)トイレ近くや通路側の座席を予約する

座席はトイレ近くや通路側を予約しましょう。
気分が悪くなった際には、気兼ねなくすみやかにトイレに行くことができます。

また、飛行機にはバルクヘッド席という座席があります。
機内を仕切る壁の前にある座席で、足元やスペースにゆとりがあるのが利点です。

お子さん連れや障がい者の方の優先座席ですが、妊娠していることを伝えたうえで利用できないかを相談してみましょう。

(2)マスクは必需品! つわり対策やウイルス予防に

つわり対策にマスクは必需品です。
機内にこもった匂い対策や、乾燥とウイルスの予防もできます。

(3)エチケット袋を多めに機内に持ち込もう

エチケット袋は機内にもありますが、自分でも多めに準備しておきましょう。
たとえ短い搭乗時間でも、つわりが悪化することもあります。

(4)母子手帳と保険証は必ず携帯すること!

飛行機に乗る場合だけでなく、遠出の際には母子手帳と保険証は携帯しておきましょう。

機内や旅先で具合が悪くなったら、知らない病院を受診しなければなりません。
母子手帳があれば、医師はママの状況や赤ちゃんの週数を把握できます。

また、保険証がないと自費診療になるので、母子手帳とセットで持っていきましょう。

(5)航空会社のマタニティサービスを利用しよう

大手航空会社では、マタニティサービスを実施しているところもあります。

主なサービスは、座席指定事前改札サービス、マタニティマークのタグの配布などです。
機内では、荷物の収納などを客室乗務員の方に手伝ってもらうこともできます。

予約の際には妊娠していることを告げ、マタニティーサービスを利用しましょう。

飛行機に乗るかどうかは必ず医師に相談してから

旅行目的だけでなく、飛行機に乗らなければならない事情はそれぞれにあると思います。
妊娠が分かった今、飛行機に乗ってもいいのかどうかは、まず医師に判断を仰いでください。

そして、もし、ご自身で迷っている場合には、次の8つの質問に答えてみてください。

1.なぜ自分が今,この時に飛行機で移動したいのか
2.飛行機に乗ることは本当に必要?
3.搭乗時間はどれくらい? 飛行機に乗ることで健康上のリスクは増えるのか
4.渡航時だけでなく戻ってくる時の妊娠週数は?
―妊娠週数が進むほど産気づくの可能性は高くなる
―乗る乗らないにかかわらず妊娠3カ月までの流産は多い(5人に1人)
5.予期しない妊娠中の合併症が起きた場合,目的地に対処できる医療機関があるか
6.予防接種や薬などの準備、主治医からの許可は得ているか
7.加入する旅行保険は妊娠中の出来事や予期しない出産が起きた際の新生児に対するケアを保証するものか? 妊娠中の旅行に関する保証内容は航空会社や保険会社によりかなり異なるので搭乗前に十分に確認しておくことも大切
8.自分の旅行計画について医師や助産師と話し合ったか、長時間搭乗することを考えている場合にはそのことを伝えたか

これは、英国王立産婦人科医協会が発表した「妊婦が飛行機に乗るかどうかを決断するための8つの質問」です。
飛行機に乗るべきかどうか、妊婦さん自身で決めるための一助になるようにと発表されました。
この質問リストをもとに、家族の人ともよく相談して決断しましょう。

いま、マタニティ旅行がブームになっていますが、子どもが生まれてからでも旅行へは行けます。
不安な気持ちを抱えながら行くよりは、おなかの赤ちゃんが無事に生まれて一緒に行く旅のほうがきっと楽しいはずです。

そして、どうしても飛行機に乗らなければならない場合には、準備を万全にしてください。
どうか、安全な旅になりますように、お祈りしています。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク