【妊娠糖尿病の原因と症状まとめ】検査や入院はある?予防方法は?

妊娠中は体質に変化があらわれるだけでなく、妊婦特有のさまざまな病気にかかりやすいものです。
そのなかでも代表的な「妊娠糖尿病」は、それまで糖尿病の傾向がまったくみられなかった方でもかかることがあります。

そこで、こちらでは妊娠糖尿病の原因や症状、予防方法などをまとめています。
母子ともに健康に過ごし、安心して出産を迎えるためにもぜひ参考にしてみてください。

妊娠糖尿病とは?その原因と症状について

生活習慣病の一種である糖尿病は広く知られている病名ですが、妊娠中に特有の「妊娠糖尿病」とはどのような病気なのでしょうか?
まずは妊娠糖尿病の原因や症状についてご説明していきたいと思います。

妊娠糖尿病とは

そもそも糖尿病とは糖代謝に異常をきたし、血糖値が通常よりも大きく変動してしまう病気です。
通常糖尿病は元々の体質や食生活によって引き起こされることが多いのですが、妊娠による身体の変化によって発症し、妊娠中に診断されたものを「妊娠糖尿病」といいます。

そのため、妊娠以前より糖尿病と診断されていた場合は「糖尿病合併妊娠」と呼ばれ区別されます。
また、妊娠糖尿病は軽度であることが多く、産後には症状がおさまる場合が大半です。

しかしそれまで糖尿病の兆候が一切みられなかった人でも、一度妊娠糖尿病になると産後も糖尿病を発症しやすくなるとされています。

妊娠糖尿病の原因

糖尿病は血糖値が急激に上昇することにより引き起こされます。

それまで糖尿病とは無縁だった方や、普段から食事に気を付けている方でも妊娠を機に糖尿病になることがあります。

妊婦全体のおよそ12%が妊娠糖尿病を発症するとされていますが、その主な原因はホルモンバランスの変化によるものです。

赤ちゃんはブドウ糖を栄養にしてお腹の中で成長していきます。
そのため妊娠中のお母さんの身体は、糖が赤ちゃんへ優先的に行き渡るように変化していくのです。

このとき、本来糖を分解吸収するはずの「インスリン」の働きを抑えるホルモンが分泌されます。
これによって食事から摂取した糖をお母さんの身体ですべて吸収してしまわずに、効率よく赤ちゃんに届けることができるのです。

この作用によって、妊娠中は身体の中で糖を分解しにくい状態が続いてしまいます。
そのため妊娠中は甘い物や炭水化物をたくさん食べると、通常よりも食後の血糖値が上昇しやすくなるのです。

また、糖尿病は遺伝的要因も強く、糖尿病の家系の方は妊娠中に妊娠糖尿病を発症しやすい傾向にあります。
さらに元々肥満気味である方、高齢出産の妊婦も通常よりも妊娠糖尿病の発症する確率が高くなるので注意が必要です。

妊娠糖尿病の症状

通常の糖尿病と同様に、妊娠糖尿病の自覚症状はほとんどなく、血糖値の血液検査ではじめて病状に気付く場合がほとんどです。

多くみられる症状としては「喉が渇きやすくなる」「頻尿」などがあげられます。
しかしこれらは妊娠中の症状にも当てはまるため、見逃してしまう方が大半です。

妊娠糖尿病の母体や赤ちゃんへの影響は?

自覚症状がほとんどなく、初期はお母さんの体調にはさほど変化を及ぼさない妊娠糖尿病ですが、進行すると母体やお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

「妊娠高血圧症候群」という、これまた妊婦特有の病気を引き起こしやすくなったり、その他の合併症や、早産や難産、場合によっては流産に繋がるケースもあるのです。

また、出生後の赤ちゃんが新生児低血糖を発症するリスクも高くなるため、体調に変化がないからといって甘くみず、きちんと治療を受けるようにしましょう。

妊娠糖尿病に罹った妊婦すべてがこのようなケースに当てはまるわけではありませんが、検査による早期発見や治療によってさまざまなリスクをぐっと軽減することができます。

妊娠糖尿病の検査と治療方法は?

妊娠糖尿病は早期発見と治療によってほとんどの妊婦が問題なく出産に至ることができます。

また、妊娠糖尿病は出産とともに胎盤が排出されると改善に向かう傾向にありますが、妊娠糖尿病を経験した方は出産後も糖尿病に罹りやすくなるというデータもあります。

前述の通り全体の12%と少ない確率ですが、万が一診断されてしまった場合は病院で適切な治療を受け、出産に向け体調を整えていきましょう。

妊娠糖尿病の検査方法

妊娠中は母体と胎児の健康状態を診断するために定期的に検診が行われます。
その一環として血糖値の測定も行われますので、特別に自分から医師に申し出る必要はない場合がほとんどです。

妊娠が発覚すると、まず妊娠初期の段階で採血により血糖値の数値を測定します。
そこで血糖値100mg/dl以上の数値がでた場合は妊娠糖尿病の可能性があるため、75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)という検査をさらに重ねて詳しく調べていきます。

この75gOGTTによって明らかに糖尿病と診断された場合は、医師の指導のもとで治療に入っていきます。

ただし、妊娠初期の血糖値に問題がなくともお腹が大きくなってくるとインスリンの働きを弱めるホルモンの分泌が増えるため、継続的に注意していくことが大切です。

妊娠糖尿病の治療方法

妊娠糖尿病の治療法は主に食事療法と運動療法に分けられます。

食事療法ではご飯やパン、麺類といった主食、甘い物など糖質の多いものを控えるように指示されます。

炭水化物の摂取量を減らすと、食物繊維が不足し便秘がちになる場合もあるので、その分野菜を多めに摂るなどバランスのよい食生活をキープすることが大切です。

また、血糖値の急激な上昇を防ぐために食事を小分けにして回数を増やすなど、空腹状態をなるべくつくらないことも大切です。

運動療法では身体に負担の少ないゆったりとしたウォーキングや、マタニティヨガなど妊婦向けの運動方法が勧められます。

こうした食事や運動で血糖値に改善がみられない場合は、インスリン注射の投与がなされることもあります。
大抵はインスリン療法を含めた通院治療で済む場合がほとんどですが、重度の糖尿病の場合は一度入院して、病院の管理の下で体質改善を行っていくケースもあります。

妊娠糖尿病の予防方法

妊娠中は食事の好みが偏ったり、どうしても運動不足に陥ってしまう傾向にあります。

そのため妊娠以前に糖尿病の傾向がなかった方でも、不規則な生活習慣をそのままにしておくと妊娠糖尿病のリスクが高まってしまいますし、母体や胎児の健康にも良くありません。

また、現在妊娠を望んでいる女性にとっても、糖尿病を予防することはとても大切です。
普段から健康的な生活を心がけ、妊娠糖尿病やその他のリスクを予防していきましょう。

バランスのよい食生活

糖尿病と診断される以前に過度に食事制限や糖質制限を行う必要はありませんが、炭水化物や糖分を多く含んだ果物、甘い物の摂りすぎは健康にも良くありませんので適切な量を守るようにしましょう。

また、糖質を抑えているからといってカロリーを気にしなくてよいわけではありませんし、たんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルのバランスもとても大切です。

とくに欧米寄りの食生活は元来日本人の体質には不向きで、脂質も糖質も摂取しすぎる傾向にあります。

一方和食は日本人の身体に合っていて、脂質が少なく、さまざまな品目を取り入れることができます。
また、魚をつかったメニューも多いので、低脂質で高たんぱくな食事を目指せます。

普段は和食中心で食事メニューを組み、ときにはストレス発散に好きなものを食べるようにするとよいですね。

適度な運動

妊娠中は早い段階から仕事をお休みする方も多く、だんだんとお腹も大きくなって体重も増えてくるためどうしても運動不足になりがちです。

しかし運動は妊娠糖尿病の予防だけではなく、安産のためにも適度に行うことが推奨されています。

ウォーキングや散歩など、ゆったりとしたペースで行える運動はもちろん、掃除を普段より念入りに行うだけでも十分運動になります。

最初は無理をせず、できる範囲で運動習慣をつくることが長続きのポイントです。
特に安定期に入るまではあまり無理をせずに、家族に頼りつつちょっとした「身体を動かす習慣」をつくりましょう。

妊娠糖尿病は早期治療が大切!出産に向けて身体を整えましょう

妊娠中は身体や生活習慣の変化によって、それまで糖尿病の傾向がなかった方でも妊娠糖尿病の症状があらわれることがあります。

しかし妊娠糖尿病は早い段階で発見し、治療を行うことで、ほとんどの妊婦が安全に赤ちゃんを出産することができます。

妊娠中の病気はさまざまなトラブルの原因にもなりますので、出産に向けて健康な身体を目指しましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク