切迫流産で入院!安静期間は?保険は使える?先輩ママの体験談は?

「切迫流産」と診断されると、ショックを受けたり不安になりますが、適切な対応をとることで、無事に出産までたどり着く可能性もあります。

切迫流産と診断されたら、どうしたらよいのでしょうか。

ここでは、いざ切迫流産で入院となった場合に知っておきたい治療費のことや、入院期間、切迫流産を乗り越えた先輩ママの声などを紹介します。

切迫流産とは


そもそも切迫流産とはどういう状態を示すのでしょうか。

切迫流産はその名の通り、流産が差し迫っている状態をさし、子宮口が開きかかっていたり、子宮の収縮が激しいなどさまざまな症状がみられます。

切迫早産との違いは、切迫早産は妊娠22週以降37週未満に上記の症状がみられるのに対し、切迫流産は妊娠22週未満の早い段階で症状がみられる点です。

切迫流産と診断されても、妊娠継続の可能性が軽度の場合は、自宅での絶対安静で経過を見ることになります。
しかし、場合によっては中長期入院が必要になるケースもあるのです。

切迫流産の原因や症状について、くわしく知りたい方は、こちらの記事を参照ください。

入院することになった場合


自宅安静ではなく、入院を余儀なくされた場合は、出産までどのように過ごすことになるのでしょうか。

どのように治療するの?

赤ちゃんの心拍を確認し、胎児に危険がなければ自宅で安静にすることになります。

しかし、なにかしらの異常や危険性が高い場合には、入院することになるのです。

入院中は、基本的には絶対安静が必須で、人によっては食事やトイレ以外は病室のベッドから離れることを禁止される場合もあります。

また、必要に応じて出血や子宮収縮を抑える薬、または張り止めなどを点滴などを用いて投与しながら様子をみるというのが基本です。

自由はほぼないに等しいですが、自宅安静だとどうしても最低限身の回りのことをしなければなりません。
しかし、入院中は看護婦さんにすべて任せられるので、しっかりと治療に専念することができます。

くわしい治療方法については、下記記事を参照ください。

入院期間はどのくらい?

いざ切迫流産で入院することになった場合、入院期間は人によって異なり、1週間ほどの入院で済む人もいれば、出産するまでの数ヶ月をベッドの上で過ごさなければならない人もいるようです。

切迫流産に対する特効薬はないので、経過観察を経て、医師が流産のリスクが低くなったと判断するまで入院することになります。

一度、退院しても再度入院するケースもみられるため、入院期間はかなり個人差があることを知っておきましょう。

入院準備として最低限必要なもの

切迫流産と診断され、入院することになった際の、必要最低限、準備しておくべき物を紹介します。

いざというときに、焦らなくても済むよう、確認しておいてください。

  • 洗面用具(クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液・歯磨きセット)
  • お風呂グッズ(シャンプー・トリートメント・ボディソープ・体用タオル・ドライヤー)
  • 貴重品類(携帯・財布・充電器など)
  • お箸とコップ(できれば蓋つき)
  • タオル類(フェイスタオル2~3枚)
  • パジャマ(前開きのもの2~3着)
  • 下着類(ブラトップキャミ、マタニティショーツ、4~5枚)

入院生活を送るなかで、必要なものがでてくるかもしれませんが、入院当日から必要になるものをピックアップしました。

治療費の負担費用について


お腹の赤ちゃんの健康が最重要事項ですが、入院にかかるお金の面も気になるところです。

入院中にかかる費用といえば、「治療費」、「食費」、「差額ベッド代」が基本です。

これらの合計金額に入院した日数が加算されるため、入院中の負担額は人によって大きく異なります。

治療費に健康保険は適用される?

切迫流産と診断をうけた場合、健康保険は適用されるのでしょうか。

治療費には健康保険が適用されます。

しかし食費やベッド差額代に関しては、保険がきかないため全額自費扱いとなり、自己負担しなければなりません。

治療費と食費は、だいたい1日あたり1万円ほどが相場ですが、差額ベッド代に関しては、病院によって異なります。
差額ベッド代は、病院や個室か大部屋かなど部屋の種類によって、1,000~10,000円程度の幅があるため、あらかじめ病院に確認をとりましょう。

高額療養費制度は利用できる?

保険適用が可能でも、入院期間が長くなればなるほど入院費用はかさんでいき、1ヶ月も入院すると単純計算で数十万円かかってきます。

しかし、健康保険加入者であれば「高額療養費制度」を利用できるため、1ヶ月の治療費に上限額が設けられ、上限額を越えた費用が払い戻されます。

この高額療養費制度の上限額は、年齢や所得によって変わります。

例えば、年収が370万円未満の人であれば、1ヶ月の治療費は最大でも6万円までと設定され、6万円を超えた治療費負担しなくてよいのです。

ただし、こちらもあくまでも治療費のみに適用され、食事代や差額ベッド費用は別途支払う必要があるので注意しましょう。

また、払い戻しは、医療機関等から提出される診療報酬明細書の審査などの手順があるため、診察を始めた月から3ヶ月以上かかるようです。

この記事もチェック!

限度額適用認定という制度もあります

上記の高額療養費制度は、健康保険の窓口にて申請することで、後から超過した医療費が還付されてくる制度のため、一度は病院請求額を現金で支払いをする必要があります。

しかし、限度額適用認定を受ければ、病院で支払う時点で補助が受けられるため、実際に支払う金額が最低限になります。

つまり、こちらの制度は多額の現金を用意する必要がなく、自己負担限度額のみを支払えばいいので、経済的にも負担が少ない方法でしょう。

事前に申請書を健康保険協会に提出し、限度額適用認定証を受け取り、医療機関に提出することで適応されます。

切迫流産どう乗り越える?


実際に、切迫流産を経験した先輩ママたちが、どのように乗り越えてきたのか体験談を紹介します。

とにかく安静第一!

入院してもしなくとも、絶対安静が、無事に赤ちゃんを出産するための近道です。

切迫流産と診断されても、しっかりと安静を守ることで、元気な赤ちゃんを産むことができた方も多くいます。

無事に赤ちゃんに出会えることを信じて、治療に励みましょう!

上の子がいる場合は?

入院するにもまだ小さな子がいると、なかなか入院に踏み切れないママも多く、自宅安静を選ぶ傾向にあるようです。

しかし、上の子が小さいと、自宅での自己管理は難しいのが現実です。

上の子があるママさんは、どのようにこの状況を乗り切ったのでしょうか?

子どもを預ける施設に入れたらよいのですが、最近はどこも満員のことが多いようです。

そのため、実家や友達に頼ったり、旦那さんの協力を得て乗り切っている方が目立ちました。

やはり無理は禁物なので、思い切って頼れる人に頼りましょう。

ストレスを溜めない環境づくりも大切

入院することになった場合、仕事は休むしかありません。
職場の上司には、きちんと説明しましょう。

場合によっては、お医者さんに診断書を書いてもらい提出すると、スムーズです。

退院したからといって、無理してすぐに社会復帰することで、また身体に負担がかかり入院を繰り返すことになるケースもあります。

会社に迷惑をかけまいとする気持ちは分かりますが、妊婦である以上、お腹の赤ちゃんの健康を一番考えて行動しましょう。

一度切迫流産と診断されたら、再発の可能性は十分にあることを覚えておいてくださいね。

切迫流産は乗り越えられる!


切迫流産だと診断を受けたからといって、諦める必要は全くありません!

まわりの理解と協力を得て、しっかりと療養すれば元気な赤ちゃんを出産できます。

さまざまな制度を利用したり、先輩ママの体験談を参考に、不安材料をひとつでも減らして治療に臨みましょうね!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク