子どもができる前にやっておけばよかった事

子どもができる前にやっておけばよかった事

妊娠・出産した後は、自分自身の為の時間を作ることが難しくなってきます。その為「あの時にやっておけば良かった!」と後悔してしまう事が増えてきます。妊娠・出産してから後悔しないためにも、先輩ママ達がどのような事をやっておけば良かったと後悔したのかを知っておきましょう。

やっておけば良かった事とは?

海外旅行にもっと行っておけば良かった

妊娠中のママ・既に出産を経験しているママ達から一番声が多かったのが「海外旅行」でした。国内旅行は子どもがいても、行くことが出来ますが、海外となると行き先によってはフライト時間が長かったり、子どもには厳しい環境だったりと行くことが難しいところが出てきます。子どもが出来たあとに、行きたい国が見つかったとしても「老後に行こう」と、20~30年ほど先の計画になってしまう夫婦が多いようです。子連れでは行きにくい国へ行ってみたいと考えている場合は、子どもが出来る前に行ってしまいましょう!

友達と沢山飲みに出かければ良かった

子どもが出来ると、妊娠期~授乳終了後まではお酒が飲めない状態になります。妊娠して遊びに出かけることが難しくなったときに「もっと友人とワイワイ騒いでおけば良かった」と後悔しているママさんも多いです。

好きなアーティストのコンサートに行っておけばよかった

妊娠すると長時間の立ち見のライブや、ノリの激しいコンサートなどには行けなくなってしまいます。チケット代が少し高いと思っても、当分いけなくなる事を考えて悔いが残らないようコンサートに参加しておく事をオススメします。

資格を取っておけばよかった

妊娠をキッカケに退社する方も多く、再就職するときの為に資格を取っておけばよかった・・・と後悔しているママさんが多くいらっしゃいました。
子どもがいても働きやすい環境・定時には帰宅できるような仕事・土日祝日(学校がお休みのとき)がお休みである仕事を見つけたとしても、企業側の都合で採用してもらえないこともあります。出産後の復職時に、採用されやすいように、復職に有利になるような資格を取っておくといいかもしれませんね♪

もう少し貯金しておけば良かった

出産前~産後1年程度、ママは仕事が出来ません。その為、パパの収入だけで生活していかなくてはならなくなります。貯金を切り崩して生活するという方も少なくないので、貯金が減り始めると「もう少し貯めておけば良かった」と後悔する方も多いようです。お金に余裕がなくなってくると、普段は仲のいい夫婦でも関係がギスギスし始めます。お互い、心にゆとりを持つためにも、妊娠前にある程度お金を貯めておきましょう。子育てにはどれくらいのお金がかかるの?

パートナーに家事のやり方を教えておけば良かった

妊娠するとホルモンバランスの影響で、つわりやマイナートラブルなどに日々悩まされます。そうすると、思うように家事が出来なくなってしまい、ご飯が作れなかったり、洗濯物が溜まってしまったりという事が日常茶飯事になります。そんな時に、パートナーが自分でご飯を準備できなかったり、洗濯機の使い方がわかっていなかったりすると、無理をしてでも家事をこなさなければいけなくなります。妊活中のうちに、洗濯やアイロン、軽食の作り方、ゴミの分別など、後々やってもらう事になりそうな家事は覚えてもらうようにしましょう。

運転免許をとっておけば良かった(ペーパードライバーを脱しておけば良かった)

子どもが出来ると、緊急で動かなければいけない事も多くなります。例をあげるとすれば、子どもが体調不良になったときなどです。グッタリとしている子どもを自転車にのせて・・・体調の悪い子どもの手をひいて病院へ行くというのは、子供にとってもママにとっても大変なことです。緊急時に備えて、ママ自身が運転できるような状態にしておくととても便利です。

また、女性はペーパードライバーの方も多くいらっしゃいます。※ペーパードライバーとは・・・免許は取っているけれども、殆ど運転した事が無い免許保持者。

いざ運転しなければいけないという時に「免許を取って以来・・・一度も運転した事がない」となると、運転するのも怖くなってしまい自信がなくなってしまいますよね。そうならない為にも、ペーパードライバーの方は、練習を兼ねてパートナーを助手席に乗せ、お出かけしてみるようにしてください。

引越ししておけば良かった

夫婦二人で住む家だから小さくてもいいよね!と、小さな家から引っ越さずにいると、子どもが生まれて物が溢れかえってきた頃に後悔することが多いようです。二人で生活するのと、子どもがいる生活ではまるで違います。子どもの玩具などをおいておけるスペースまで考えて、妊活中に間取りを見直してみるようにしましょう。

夫婦で夜遊びしておけば良かった

子どもが出来ると夫婦二人でお出かけするという機会が減ってきます。特に外出が難しくなるのは夜です。子どもが出来るまでは、夕飯がてら居酒屋に飲みに出かけたり、おしゃれなBARなどに出かけることも出来ますが、妊娠・出産を期に夫婦二人で夜に外出するという事が難しくなってきます。もっとパートナーと居酒屋やBARに行けば良かったと後悔している先輩ママが多くいらっしゃいました。

妊娠前に様々な検査を受けておけば良かった

妊娠すると、感染病などの検査は行いますが出産に関係ない部位の検査は行いません。妊娠前に一度検査を受けてもらいたいのが乳がん健診です。「私には関係ない」と考えている女性が多くいらっしゃいますが、女性である以上・・・子宮や乳腺がある以上、誰にでも可能性があるという事を頭にいれておいてください。

妊婦健診の際に子宮頸がんの検査は行われますが、乳がんの検査は行われません。その為、異常があらわれてから乳がん健診を受けるという方が多いのが現状です。母子共に健康な状態で出産を終える為にも、妊娠前に検査は必ず受けておきましょう。妊婦も乳がん健診を受けよう!

夫婦で葉酸を飲んでおけば良かった

妊娠初期に欠かせない栄養素が葉酸です。葉酸を摂取することで先天性異常や二分脊椎症などの神経管閉鎖障害を予防できるといわれているんです。ですが、実際には妊娠前の妊活中の段階から葉酸を摂取することが望ましいと知っていましたか?妊活中から夫婦揃って葉酸を摂取することで、より予防効果が高まるという事が分かっているんですよ。妊娠中に必要な栄養素、葉酸について子作りをする男性には葉酸が必要!?

いかがでしたか?先輩ママ達が「妊娠前にやっておけば良かった」と後悔している事をご紹介しました。妊活中のママ達であれば、まだまだ実現可能なものばかりなので、あの時やっておけばよかったと後悔する前にやってみてはどうでしょうか?妊娠中にやっておけば良かったこと

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク