男の子?女の子?赤ちゃん男女の産み分け方法まとめ【成功の秘訣】

妊娠をして生まれてくる赤ちゃんの性別は、男女50%だといわれています。
しかし「男の子がいい」「女の子がいい」など、赤ちゃんの性別を希望する方は多いのではないでしょうか。
赤ちゃんの性別が決まるタイミングは卵子と精子が出会ったときです。
妊娠してから変わるわけではありません。

そこで、妊娠前に行う「産み分け」の方法をまとめました。
男女それぞれがもつ遺伝子の特徴、自分たちでできる産み分けの方法、人工授精の技術を使う方法などを、詳しくお伝えします。

男女の産み分けは成功するの?


産み分けをしたい夫婦には、ふたり目の赤ちゃんで性別を選びたいと希望する方が多いようです。
産み分けをしたい理由は、ご家庭によってさまざまですが、成功させるには夫婦の協力が必須といえるでしょう。

産み分けが成功する確率は?

男女の産み分けを完全にコントロールして、100%成功させることはできません。
産み分け法をすべて実践して70~80%の確率で成功するといわれていますが、はっきりとしたデータはありません。
産み分けを指導するクリニックなど、専門家のサポートを受けると、もう少し確率はあがる可能性はあります。

もしも、産み分けが希望通りでなかったとしても、大切なわが子には変わりありません。
どちらの性別でも「赤ちゃんを授かってよかった」と思える心構えでいましょう。

産み分けのメリット

「一姫二太郎」のように、理想とする子どもの数や性別は人によってさまざまです。
産み分けが成功すると、理想の家族設計ができやすくなるのが、大きなメリットです。

産み分けのデメリット

大きなデメリットは、妊娠する確率が低くなることです。
不妊治療を行っている方は、産み分けを行わないほうがよいでしょう。

また、初めての妊娠を希望される方が産み分けを行うと、なかなか妊娠ができなかったときに原因を特定しづらくなります。

高齢(35歳以上)の方は、男女ともに産み分けを行わないほうがよいとされています。
女性の妊娠率は加齢とともに低下するのと同じで、男性の睾丸や精子の機能が低下することで、妊娠率が低くなります。

性別は染色体で決まる


性別を分ける染色体はふたつあり、X染色体とY染色体です。
学生時代、理科の授業で習った方もいるのではないでしょうか。

卵子にはX染色体しかありません。
X染色体、Y染色体のどちらかが、精子の頭部に入っているので、卵子に着床する染色体がどちらかによって性別が決まります。

男子はXY染色体
女子はXX染色体です。

では、Y染色体を含む精子を「Y精子」、X染色体を含む精子を「X精子」として、それぞれの特徴をみてみましょう。

男子になる「Y精子」の特徴

「Y精子」の特徴は下記となります。

  • アルカリ性に強く、酸性に弱い
  • 「X精子」の約2倍の数がある
  • 寿命が約1日と短い
  • 軽い
  • 動きが早い

女子になる「X精子」の特徴

「X精子」の特徴は「Y精子」と、異なります。

  • 酸性に強く、アルカリ性に弱い
  • 「Y精子」より、数が少ない
  • 寿命が2~3日と長い
  • 重い
  • 動きが遅い

膣の入り口は酸性、子宮はアルカリ性

膣の入り口は、病原菌や雑菌の侵入を防ぐために強い酸性に保たれています。

精子にとっては過酷な状況といえるでしょう。
精液は、射精後しばらくすると凝固して、強酸性の膣から精子を守ります。
30分ほどすると液体化し、精子は卵子を目指して泳ぎだします。

膣内の酸性度は、いつも一定ではなく、周期的に変化し、排卵日がもっとも酸性度が低くなります。

いっぽう、子宮は通常アルカリ性に保たれています。
排卵日が近づくとアルカリ性の粘液が排出され、膣内を中和させます。

つまり排卵日はアルカリ性に強い「Y精子(男子になる精子)」が優位になります。
排卵日以外は、「X精子(女子になる精子)」が優位になるといえるでしょう。

自分たちでできる、男の子が欲しい場合にすること6選


産み分けを行うとき「男の子が欲しい」と考えている方におすすめの方法を6つピックアップしました。

1:排卵日にセックスをする

排卵日は、酸性の膣内にアルカリ性の粘液が排出されるため、ph値が中和されます。
そこで、酸性に弱くアルカリ性に強い「Y精子(男子になる精子)」が、優位に立ちます。

男子になる「Y精子」は寿命が短いため、排卵日当日に性交を行いましょう。

2:女性がオーガズムを感じる

女性がオーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されます。
すると、膣内の酸性からアルカリ性にかたむくので、男子になる「Y精子」が優位になり動きやすくなるといわれています。

なるべく、女性が気持ちよくなるよう濃厚なセックスを行うとよいでしょう。

3:男性器はなるべく奥深くに挿入する

男子になる「Y精子」を膣内の酸性になるべく触れさせないように、なるべく奥深くまで男性器を挿入して、精子が子宮まで移動する距離を短くします

「Y精子」は「X精子」よりも泳ぐのが速いので、子宮までの距離が短いほど有利です。

また、子宮の近くにはアルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されているため、「Y精子」は活発に動けます。

4:禁欲して精子の量を増やす

男子になる「Y精子」の特徴は、動きが早く、「X精子」の2倍の数がありますが、寿命は約1日と短めです。

そこで、パパに3~5日ほど禁欲をしてもらって、精子そのものの量を増やしましょう。
1回に放出される精子の量を増やし、いち早く子宮にたどり着く「Y精子」の数を増やすというわけです。

ただし、禁欲期間が長すぎると、それだけ貯蔵期間も長くなり、精子の受精能力が落ちてしまうので、5日以上の禁欲はしなくてもよいようです。

5:膣内をアルカリ性に保つゼリーを使う

膣内のph値は人によってさまざまです。
酸性度が強い人もいれば、弱い人もいます。
オーガズムを感じたとしても、子宮頚管粘液のアルカリ度が低いなど、個人差があります。

そこで、膣内をアルカリ性に保つゼリーをセックス前に膣内に注入する方法があります。

すべての原料が国産で、天然成分を使った安全性が高いゼリーを選ぶならベイビーサポートをおすすめします。
このゼリーは、副作用や人体への害はありません。

ベイビーサポートはクラス10,000以下のクリーンルーム(医療業界向け製品の衛生環境)で製造されており、安全性に高い配慮をしています。

また、1箱に7本入っているので、妊娠するまで毎月タイミングを見計らって使用できます。
もしも、使い切る前に妊娠をした場合は、余ったベイビーサポートを買い取ってくれるサービスも。
むだにしなくて済むのはうれしいですね。

<<ベイビーサポート公式サイトを見る

今だけのクーポンプレゼント♪

赤ちゃんの部屋をご愛読いただいている方限定のベイビーサポート10%オフクーポンをプレゼント中です♪

ご購入時に下記のクーポンコードを入力してください!

クーポンコード:eodki0lilpmpoquyiflu
有効期限:2017.06.30まで

6:リンカル(リン酸カルシウム)を服用する

リンカルとはリン酸カルシウムの略で、微量の鉄分を含んだ栄養補助食品です。
もともとは赤ちゃんの先天性異常を予防するためのサプリメントとして使われていました。

リンカルを服用した女性が出産した赤ちゃんは、健康だっただけでなく、ほとんどが男の子でした。
なぜ、リンカルを服用したら男の子が生まれる確率が高いのかは、まだ解明されていません。

リンカルは飲み忘れないよう2ヶ月以上服用し続けるといいようです。
5日以上飲み忘れると、産み分けの効果がないともいわれています。

セックスのタイミングを守り、ゼリーを使用し、リンカルを服用することで産み分け確立を上げられる、といえるでしょう。

自分たちでできる、女の子が欲しい場合にすること5選


女の子が欲しいと考えているご夫婦におすすめの方法を5つピックアップしました。

1:排卵日の2日前にセックスをする

女子になる「X精子」は酸性に強く、アルカリ性に弱いという特徴があります。
そもそも排卵をしないと受精しないのですが、排卵日は膣内がもっともアルカリ性に寄る日です。
そこで、まだ膣内が酸性に保たれている、排卵日の2日前にセックスを行いましょう。

男子になる「Y精子」のほうが、泳ぐのが早いため、子宮膨大部にいち早く到達しますが、寿命が短いため2日後の排卵を待っている間に「Y精子」は死んでしまいます。
「X精子」は泳ぐのが遅いですが、「Y精子」よりも寿命が長いため、2日たっても膣内で生き残っている可能性が高くなります。

排卵2日前にセックスを行ったら、膣内を過剰にアルカリ性にしないために、排卵日を過ぎて3日目まで(合計5日間)は禁欲します。

2:なるべくあっさりとした性行為にする

女性がオーガズムを感じると膣内はアルカリ性に近寄ります。
女子になる「X精子」はアルカリ性に弱いので、なるべく女性が気持ちよくならないように調整することが大切です。
挿入時間も短時間で済むようにしましょう。

3:精子の量を減らしておく

精液を薄めるともいいますが、「X精子」と「Y精子」の割合は量が減っても変わりません。
しかし、量が少なければ寿命が短い「Y精子」が生き残る可能性は低くなります。
女の子になる「X精子」が卵子に着床すればいいので、少しでも「Y精子」の確率を減らす方法です。

3日に1回は射精を行い、精子の量を少なくしましょう。
その際の性行為は、必ず避妊を行いましょう。

4:膣内を酸性に保つゼリーを使う

女の子になる「X精子」のために、膣内を酸性に保ちたいと思っていても、膣内のph値は人によってさまざまです。
中には、酸性度がそれほど高くない人もいます。

そこで、膣内を酸性に保つゼリーをセックスの直前に膣内へ注入する方法があります。

男の子を産みたい方には、膣内をアルカリ性に保つゼリーをおすすめしましたが、女の子用には膣内を酸性に保つゼリーがあります。

ベイビーサポートは、安心して使えるようにすべての成分を公開しています。
100%天然成分のため、目や口に入っても問題がありません。
さまざまなゼリーが売られていますが、大切な赤ちゃんを授かるためのものですから、安全性が高いものを選ぶとよいでしょう。

<<ベイビーサポート公式サイトを見る

5:クランベリーサプリを食べる

クランベリーはビタミンCが豊富なフルーツです。
欧米では利尿作用や殺菌作用、解熱作用があるとされているようです。

ビタミンC以外にも、プロアントシアニジンや、キナ酸というポリフェノールが多く含まれており、これらが酸性物質ということから、膣内も酸性に寄せる働きがあるのではないかと、考えられています。

欧米ではクランベリーサプリを飲んでいる人は、女の子を出産しやすいといわれていますが、科学的な根拠はありません。

ビタミンCやポリフェノールは体に悪影響を及ぼすものではないので、「一応」くらいの気持ちで飲んでみるとよいかもしれません。
ただし、どのサプリメントも過剰に飲みすぎるのは、健康を害することがありますので、常識の範囲内で摂取するとよいでしょう。

排卵日の特定が重要


男の子が欲しい場合も、女の子が欲しい場合も、排卵日を特定させることが重要です。
通常、排卵から14日後に生理が開始するため、排卵日は、次の月経予定日から14日前となります。
しかし、さまざまな要因で月経周期が安定していない人が多くいます。
排卵日を把握する3つの方法をお伝えします。

1:基礎体温をつける方法

基礎体温とは、朝、目が覚めたあと、からだを動かす前のもっとも安静にしているときの体温のことです。
女性の体温はホルモンバランスの影響をうけ周期的に変化します。

  • 卵胞期(低体温期)…生理開始から排卵までの間
  • 排卵期…排卵が起こる2~3日の間
  • 黄体期(高体温期)…排卵が起こってから生理開始までの間

高温期と低温期の差は0.3~0.5度といわれているので、小数点以下2桁まで計れる婦人用の基礎体温計を使うとよいでしょう。

毎朝同じ時間で、3ヶ月以上続けて計測し、排卵のタイミングを予測する方法です。

2:排卵検査薬で排卵日を知る

尿をかけるタイプの排卵検査薬を使用すると、うっすらと陽性に色づくときが排卵日の2日前です。
女の子を希望する際は、このタイミングでセックスを行います。

男の子を希望する際は、排卵検査薬が陽性になった翌日にセックスを行うとよいでしょう。

基礎体温と組み合わせることで、排卵日の特定がしやすくなります

3:クリニックで排卵予想をしてもらう

クリニックではホルモン血液検査や、ホルモン尿検査、子宮頚管粘液検査、エコー(超音波)検査などを行い、排卵日を予想します。

なかでも、エコー検査は超音波伝受診機を使い、お腹の上からや膣の中から検査を行います。
卵胞の大きさを調べるので、排卵日の特定にはもっとも精度が高いと考えられています。

これらの検査を組み合わせることで、95%の確率で排卵日を特定できるのだそう。
生理不順の方は、排卵日の特定が難しいので、クリニックでエコー検査を受けるとよいでしょう。

クリニックで産み分け指導を受ける


不妊治療を行っているクリニックの中には、産み分けの指導をしてくれる病院があります。
排卵日を精密に特定し、産み分けの方法を専門医がアドバイスしてくれるというもの。

クリニックに通う前に、3ヶ月分以上の基礎体温表を用意し、夫婦そろって指導を受けるとよいでしょう。

ただし、病気ではないことから、健康保険は適用されないので、自由診療となり全額自費負担となります。
また、クリニックを受診したからといって、100%確実に産み分けができるわけではありません。

人工授精の技術を使うパーコール法


パーコール法とは人工授精の技術を利用した産み分け方法です。
精液をパーコール液に入れて、遠心分離機にかけ、分別します。
すると、男子になる軽い「Y精子」と、女子になる重い「X精子」に分けることができます。
希望する性別の精子を子宮に注入し、受精させる方法です。

このときに利用する「パーコール液」は無害で、精子や卵子に影響を及ぼさないということは日本産婦人科学会が2006年に発表しました。

しかしながら、選別した精子のみを子宮に注入するので、すべての精子を入れるよりは妊娠する確率は下がります。

気になる費用の相場は、1回あたり2~5万円のようです。
1回で妊娠しなかった場合は、その回数分費用がかかるので負担が大きくなります。


昔からある「産み分けカレンダー」


中国式産み分けカレンダーは約13世紀ごろに作成されたといわれています。
受胎した月と、そのときの母体の年齢によって男女の出生を判断したんだとか。

ママの年齢を旧暦(太陰太陽暦)で数え年を計算し、欲しい性別の月にセックスをするというもの。

科学的根拠はまったくありませんが、700年もの間参考にされてきたという歴史を考えると、多少当たるのかもしれません。

中国式の産み分けカレンダーだけでなく、ブラジル式のカレンダーもあります。
日本人が参考にするなら、同じモンゴロイドの中国式を参照するといいかもしれません。

産み分けの成功率を高めるために


まずは、男女ともに妊娠しやすいからだ作りをはじめるとよいでしょう。

規則正しい排卵をキープする

産み分けには、排卵日の特定が重要になります。
月経不順になると、排卵リズムが崩れてしまいます。

排卵リズムが崩れやすい原因

  • ストレス
  • 無理なダイエット
  • 睡眠不足
  • 不規則な食生活
  • 冷え

排卵日が前倒しになって早まる原因は、卵巣機能が低下したり、女性ホルモンのバランスが乱れることが考えられます。
また、排卵日が遅れる原因は、卵胞の成長が遅かったり、成長していない可能性があります。

どちらにせよ、適正な体重、体温でストレスをためないことが大切です。

元気な精子を作る

体調を整えるのはなにも女性だけではありません。
精子の運動率が低下すると「精子無力症」といい、妊娠する確率が低くなります。
男性は、元気に動ける精子を作れる体を目指しましょう。

精子に元気がなくなる原因

  • 喫煙
  • 酒の飲みすぎ
  • 冷え
  • ストレス
  • 不規則な食生活

また、精子は熱に弱いのでぴっちりとしたブリーフやボクサーパンツよりは、トランクスのような通気性のよい下着を付け、精巣の温度が上がりすぎないようにするとよいでしょう。

喫煙とアルコールは精子の運動量が低下するだけでなく、勃起不全(ED)や流産のリスクがあがるという研究報告も。
飲酒や喫煙はほどほどにするとよいでしょう。

妊娠前から葉酸を意識して接種するとよい

厚生労働省が推奨する妊婦の葉酸摂取量は400μg、成人男女は240μgとしています。

妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に 400µg/日のプテロイルモノグルタミン酸(葉酸)の摂取が望まれる。

普段の食事から葉酸を意識して摂るようにしましょう。
しかし、日々の生活が忙しく、そこまで意識できない方はサプリメントを利用するという方法があります。

サプリメントは高品質で、安全なものがよいと考えている方には、ベルタ葉酸をおすすめします。
吸収率が高く、厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型葉酸をしっかり摂れるだけでなく、香料、着色料、保存料、香料発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、光沢材などを使用していないので安心です。

≫ベルタ葉酸サプリ公式サイトを見てみる

妊婦さんに必須の「葉酸」 どんな成分?正しくとる方法は?

妊婦さんに必須の栄養素といえば「葉酸」。 健診で医師からすすめられたという人も少なくないのではないでしょうか。

赤ちゃんは授かりもの。
もしも希望と違った性別だったとしても、大切でかわいい赤ちゃんということは変わりありません。
産み分けを行うときは、思いつめてしまうとストレスになってしまうので、気持ちを軽くしてのぞむとよいでしょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア