妊娠後期の葉酸のとりすぎはよくない?子供の喘息と関係あるの?

おなかの赤ちゃんが元気に育つために、妊娠中の女性が摂取するとよいといわれる栄養成分にはいくつかあります。
そのなかのひとつである葉酸は、母子手帳に記載があったり、ドラッグストアで気軽に購入できることもあって、知名度があがってきたようです。

栄養成分は、目標摂取量に達していなければ思ったような効果がでません。
かといって、上限を超えてしまえば弊害がでる恐れがあります。

葉酸を摂取するタイミングや、どれくらいとればよいのかわからずに不安を抱えているママも多いのではないでしょうか。

今回は、妊娠後期の女性が葉酸を摂取する際の注意点や、赤ちゃんへのリスクについてまとめてみました。

葉酸の過剰摂取は子供の喘息発症率を上げる

妊娠後期に葉酸を摂取しすぎると、なにか問題がでるのでしょうか。

じつはオーストラリアのアデレード大学が1998年から2005年にかけて行った研究調査によると、「妊娠後期に1日あたり1,000μgの葉酸サプリを摂取していた妊婦の子供は、3歳~5歳の時点での小児喘息発症率が、通常よりも高い」という傾向があることがわかりました。

この説には異論をとなえる学者もいて、現時点では論争にハッキリした決着はついていないようです。
しかしリスクがある以上は、葉酸の過剰摂取はさけておいたほうが無難といえるでしょう。

通常の食生活を送っていれば過剰摂取にはならない

葉酸をとり過ぎるとよくないという情報をきくと不安に思うかもしれませんが、注目したいのは「1日あたり1,000μgの葉酸を摂取」というくだりです。

厚生労働省は、成人男女の葉酸摂取上限値を900~1,000μgに定めています
食事からであっても葉酸サプリからであっても、1日あたりの推奨摂取量を守るように意識していれば、危険量を超えることはまずありません。

葉酸による小児喘息のリスクを過度に心配する必要はないといえるでしょう。

妊娠後期の適切な葉酸摂取量は?

厚生労働省によると、一般成人の1日あたりの推奨量は240μgですが、妊婦さんはこれにプラスしてさらに240μg、合計480μgの葉酸を摂取するように推奨しています。
妊娠後期になっても、葉酸を積極的にとることがのぞましいのです。

妊娠後期に葉酸が必要な理由

妊娠後期になると、妊婦さんから赤ちゃんへの栄養供給はますます増加。
ビタミンB群である葉酸が不足した場合には、赤血球が減ることでおこる「巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)」のリスクが高まります

巨赤芽球性貧血とは、細胞分裂がうまくいかなくなり、骨髄のなかの赤芽球(赤血球の卵というべき細胞)が大きくなり過ぎて、赤血球になる前に壊れてしまう症状です。

同様の症状が白血球や血小板でもおこり、血球が少なくなるので貧血がおこります。

巨赤芽球性貧血になると、ふらつきや息切れ、倦怠感といったいわゆる貧血症状以外にも、舌の違和感(表面のツルツル感・痛み)や、味覚・食欲がおちるといった症状がでます。

妊娠後期にも葉酸を十分に補給していれば、このような巨赤芽球性貧血になるリスクをさげることができるのです。

妊娠後期にとる葉酸には、貧血予防以外にもメリットがあります。

普段から血圧が高い妊婦さんや、35歳以上の高齢出産に該当する方は、妊娠中期から後期にかけては「妊娠高血圧症候群」になるリスクがアップ。
葉酸には、血液をサラサラにしてコレステロール値を下げるはたらきがあるため、肥満度をさげ、妊娠高血圧症候群のリスクをさげることができるのです。

妊娠初期から、赤ちゃんはずっと細胞分裂を繰り返しながら成長しています。
葉酸はDNA形成のたのもしいサポート役として、つねにとり続けるのがおすすめです。

葉酸の摂取方法は?

妊娠後期には、ふくらんだ子宮で胃を圧迫されるために、食欲が低下する人もいます。
しかし、大きくなったおなかの赤ちゃんのためにも、引きつづき栄養はしっかり補給したいところです。

葉酸を選ぶときのポイントには、どんなことがあるでしょうか。

食べものから葉酸をとる方法

食べものから葉酸を摂取したいときには、葉酸含有率の高い食べものを意識してとるとよいでしょう。

イチゴやみかんやバナナといった果物類、納豆や枝豆といった豆類、ほうれん草やブロッコリーといった緑黄色野菜を意識して食べると効率的です。
とくにイチゴは、葉酸の吸収率がアップする「ビタミンC」も豊富なためおすすめします。

ただし食品に含まれる葉酸は、加熱や光に弱く水にも溶けやすいため、調理方法には配慮したいところです。
また食品由来の葉酸は、じっさいには半分くらいしか吸収されないので注意しましょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

サプリメントから葉酸をとる方法

厚労省がすすめる480μgの葉酸を、日々食品だけですべてまかなうというのは思った以上にハードルがたかく、実現できない人もいるでしょう。

そんなときには、葉酸サプリメントを利用するのがおすすめです。

1日あたりの推奨摂取量を守れば、過剰摂取などの心配はいりません。

サプリなら推奨量を効率的かつカンタンに摂取できる!

食品の葉酸は、調理の過程で失われやすく、体内での吸収率も低いことが知られています。
その点サプリメントなら、記載の量がほとんどそのままとれるため、効率的かつ計画的な葉酸摂取が可能なのです。
厚生労働省も、妊婦さんは食品にくわえ、サプリからも葉酸をとることを推奨しています。

またサプリなら、葉酸以外の栄養素も手軽にとれます。

妊娠中は葉酸だけでなく、カルシウムやビタミンAなどの栄養素も、あわせて積極的にとっておきたいところ。
マルチビタミンのように1種類で複数の栄養素をカバーできるタイプのサプリなら、複数のサプリをバラバラに飲むような面倒もなく、便利です。

葉酸サプリのなかには、各種栄養素がバランスよく配合されている優れた商品もありますので、利用を検討してみるとよいでしょう

なかには、サプリメントに含まれる添加物が気になる妊婦さんもいるかもしれません。

サプリメントの状態に加工するためには、凝固剤などの添加物がわずかながらに必要です。
添加物は、基本的には身体に問題ないとされています。
しかし、なかには添加物の割合が多すぎて、栄養効率がとても悪い商品があるのも事実です。

おなかの赤ちゃんのためにも、なるべくなら添加物がすくなく、高栄養な優秀サプリを選びましょう

↓以下の記事では、編集部おすすめの葉酸サプリを紹介しています。

葉酸ってどんな栄養素なの?

ところで、葉酸とは具体的にはどんな栄養素なのでしょうか?

水溶性のビタミンB群の一種である葉酸は、ヒトのたんぱく質や細胞を形成するために必要な核酸、つまりDNAの合成を助ける役割をしています。
DNAは、細胞のなかにある遺伝子情報を維持し、そのとおりに体を形成する指示を出すところ。
葉酸は、細胞が新しく生みだされる際には、なくてはならない栄養素なのです。

おなかにいる赤ちゃんは、12週あたりまでさかんに細胞分裂をくりかえし、その後もさまざまな器官を形成していきます。
そんな事情から妊婦さんは、カラダづくりをサポートしてくれる葉酸を積極的にとるようすすめられているわけです。

妊活時から葉酸を摂取すべし

葉酸は、妊娠中はもちろん、妊娠前の妊活の時期から摂取しておくのがおすすめです。

妊娠がわかるのは早くても、生理がこないことがハッキリする妊娠4~6週前後。
生理不順があれば、妊娠に気づくのはもう少し遅い可能性もあります。

しかしママが気づいていないあいだにも、受精卵は子宮に着床し、細胞分裂をはげしく繰りかえして、どんどん成長していくのです。

この妊娠超初期とよばれる時期にも、DNA合成のためには葉酸が必要になります。
つまりいつ妊娠するかわからない妊活中の女性も、つねに葉酸をとり、妊娠に備えておくべきなのです。

葉酸の妊娠期ごとの効果

妊娠期ごとに、葉酸の効果をチェックしてみましょう。

妊娠初期

日本では、新生児のうち2~5%程度が先天性疾患をもって生まれてくるといわれています。
その原因は、遺伝子の欠陥や、ウイルス感染などです。
先天性疾患のひとつである「二分脊椎症」という病気は、葉酸との関係が強いといわれています。

二分脊椎症とは、脊椎のなかに走っている神経が脊髄や脊椎のそとに出てしまう「神経管閉鎖障害」の一種で、足の麻痺や変形、排泄障害といった症状があらわれます。

妊娠初期は、活発な細胞分裂によって、赤ちゃんの脊椎や脊髄、神経が成長していく大切な時期です。
そのはたらきをサポートするためには、正常なDNAを合成する必要があります。
そのDNAの合成を手助けするのが葉酸です。

妊娠初期に葉酸不足になると、DNA合成に影響がでて、先天性異常を発症するリスクが高まります
それを回避するためにも、しっかり葉酸を摂取することが大切です。

妊娠中期~後期

妊娠中期に入ると、妊婦さん自身のためにも葉酸が必要になります。

妊娠週数が進むと、赤ちゃんにとられる栄養分が増えるため、妊婦さんは貧血になりやすい状態です。
葉酸には貧血を予防するはたらきがあるため、この時期に葉酸を摂取することで貧血をくい止めることができます。

また貧血で血液量が減るのを防ぐことによって、引き続きおなかの赤ちゃんに十分な栄養を届けることができるのです。

妊娠中期以降にはつわりがおさまる人もおおく、食事量には問題がないかもしれませんが、栄養バランスしだいでは、1日当たりの葉酸推奨摂取量をクリアできない可能性もあります。

妊婦さん自身の栄養補給のために、妊娠中期以降も、引き続き葉酸サプリメントを利用するのがおすすめです。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

葉酸は推奨摂取量を守れば問題なし!

妊娠後期に入ると、赤ちゃんの動きも活発になり、ますます愛情が深まることでしょう。

しかしおなかが大きくなってきたり、むくみがひどくなったり、ホルモンバランスの乱れから慢性的な睡眠不足が続いたりして、体調面では不安定になる人もいるようです。
身体の調子をくずすことによって、精神的なダメージにつながることもあります。

そんなときには、なるべくラクに栄養補給をして、すこしでもコンディションを整えたいところです。
その手助けとして、葉酸サプリをかしこく利用してみましょう。
葉酸は、摂取量のめやすをきちんと守ってさえいれば、喘息などのリスクを心配することはありません。

赤ちゃんとの対面の日まで、もうひと息です。
赤ちゃんが元気に成長していくにも、まずは妊婦さん自身が健康でいたいもの。
妊婦さんにも赤ちゃんにも必要な葉酸をしっかり摂取して、健康な身体をつくっていくようこころがけてみましょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク