男の子、女の子の産み分けは、排卵日を把握することが成功への近道!

「健康で元気な赤ちゃんでさえあれば、性別はどちらでもよい」というのは、すべての親の願いかもしれません。

とはいえ、できれば最初の子は女の子がよい、ふたり目は男の子が欲しい、という人もいるでしょう。
赤ちゃんは授かりものだから、産み分けなんて考えたことがないという人でも、かなりの確率で産み分けができる方法があるならば、試してみたいと思うのではないでしょうか。

じつは男女の産み分けには、「排卵日」をみきわめることが重要なポイントになってきます。

そこで今回は、赤ちゃんの性別がどのように決まるのか、そのしくみとともに、男の子と女の子を産み分ける方法を取り上げてみました。

赤ちゃんの性別が決まるしくみとは?

赤ちゃんの性別を決めるのは、精子が持つ染色体です

人の染色体は46本ありますが、そのうちの2本が性別を決める「性染色体」になっています。
この2本の性染色体の組み合わせが「XX」か「XY」かによって、男の子になるか女の子になるかが決まるのです

精子はX染色体、Y染色体を持っており、いっぽうの卵子はX染色体のみを持っています。
つまり、X染色体の精子と卵子が結合すれば、「XX染色体」となり女の子に、Y染色体を持つ精子と卵子が結合すれば、「XY染色体」となって男の子になります。

男女を決定づける要因(1)X精子とY精子

男の子か女の子かを決定する要因のひとつが、精子の種類です。
X染色体を持つ精子と、Y染色体を持つ精子には、それぞれ次のような特徴があります。

精子の種類 特徴
X染色体を持つ精子
  • Y染色体を持つ精子より数が少ない
  • 寿命が2~3日と長め
  • 泳ぐスピードが遅い
  • 酸性に強く、アルカリ性には弱い
  • この精子が卵子(X染色体)と結びつくと女の子になる
Y染色体を持つ精子
  • X染色体を持つ精子に比べ、その数は約2倍
  • 寿命はわずか1日と短い
  • 泳ぐスピードが速い
  • アルカリ性に強く、酸性には弱い
  • この精子が卵子と結びつくことで、男の子が生まれる

X染色体を持つ精子のほうが約2倍も多いことから、男の子が産まれやすいと考えがちです。
しかし膣の入り口は酸性なので、多くの精子は子宮まで到達することができません。
男の子、女の子が生まれる確率は、実際には半々だと考えられます。

産み分けをしたい場合には、男の子になる精子(Y染色体)、女の子になる精子(X染色体)が受精しやすい環境をつくることが重要です。

もし男の子を望むなら、できるだけ精子の数を増やし、Y染色体を持つ精子がすこしでも多く卵子に届くようにする必要があります。
女の子を望む場合には、その逆のことを行えば、産み分け成功への道が開けるということです。

男女を決定づける要因(2)排卵日

男の子か女の子かを決める要因には、男性側の精子の性質だけではなく、女性側の排卵日も大切なポイントとなります。

じつは女性の膣内は通常は酸性ですが、排卵日は酸性度がもっとも低いのです。

排卵日に性交を行うと、酸性に弱いY精子にとっては、活発に動きやすい環境になるため、男の子になる確率が高くなるといえます。

逆に排卵日から日を空けて性交した場合には、ふたたび膣内の酸性度が高くなるのでY精子が減り、X精子が活発に動くため、女の子になりやすいのです。

このように、排卵日を知り、タイミングよく性交を行うことが、産み分けの成否をわけます。

まずは排卵日を正確に把握しよう!

産み分けにチャレンジしようとするときもっとも大切なことは、排卵日を予測することです。
排卵日を正確に予測できてこそ、産み分けもしやすくなります。

排卵は、生理と次の生理までの間にたった1回だけあります。
平均的な生理の周期は28日なので、その中間あたりで排卵が行われます。
しかし、生理周期には個人差があり、毎月変わる人もいるので、生理だけで排卵日を特定するのは難しいのです。

では、どのように排卵日を把握したらよいのでしょうか
自分でできることから検査薬を使う方法、クリニックを受診して検査してもらう方法まで、いくつかご紹介します。

基礎体温を測る

起床後、すぐに体温を測る方法です。
身体を動かしてしまうと体温が変化するので、朝、目が覚めたらベッドの中で測ってください。
基礎体温計を枕元に置いておくとよいでしょう。

毎日同じ時間に基礎体温を測り、低温期から高温期へ変わるタイミングをつかんでおくことがポイントです。

低温期と高温期の差は、0.5度くらいなので、微妙な差を見逃さないよう、小数点以下第2位まで表示される体温計を使うようにしましょう。
また、十分な睡眠をとらないと、正確な基礎体温がわからないので、最低4時間以上の睡眠をとってから測ってください。

基礎体温は、毎日線グラフにして記録します。
低温期が続く最後の日を中心に、前後2日ほどの期間に排卵があると考えるとよいでしょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!


オギノ式排卵日計算

オギノ式とは、「つぎの生理予定日の12~16日前の約5日間が排卵日」とする排卵日予測方法です。

この方法では、毎朝基礎体温を測ったり記録する手間がなく、費用もかからないため、気軽にはじめられます。

しかし実際には、体調不良やストレスなどにより生理周期がずれたり、乱れたりすることがあるため、この方法で正確に排卵日を特定するのは難しいでしょう。

生理周期が一定していなかったり、生理がこない月があるような生理不順の人には、あまりおすすめはできない方法です。
あくまでも参考程度に、排卵日のめやすを知る方法としてとらえておきましょう。

おりものの状態で判断する

排卵が近づくと、おりものが増えてくるので、ティッシュなどに付着したおりものの状態を見てみましょう。
量には個人差があるので、少ない人の場合は、直接膣に指を入れて採取する方法もあります。

採取する前には、ていねいに手を洗います。
片足を椅子や台に乗せ、前かがみになって、人差し指と中指を膣に挿入し、2本の指ではさみ取るように採取しましょう。

次に2本の指を開き、おりものが伸びる長さを見てください。
排卵が近づくにつれて、水っぽいおりものが伸びるようになり、透明度も増していきます。
おりものは、最終的には10cmくらいまで伸びるようになるようです。

排卵痛、体調の変化で判断する

排卵の前後に起こる下腹部の痛みを排卵痛といいます。
わずかな出血を伴う場合もあります。

排卵痛についても個人差があり、排卵前、排卵後などどのタイミングで痛みを感じるかは人それぞれです。
これだけで判断するのは難しいのですが、基礎体温やおりもののチェックを普段からしている人の場合には、排卵日に排卵痛を感じる比率が高いといわれています。

また排卵日が近づくと、胸が張るという人もいるので、これも予測する際に役立つでしょう。

排卵検査薬

市販の排卵検査薬には、尿検査を行うものと、唾液検査によるものの2種類があります。
簡単に排卵日を予測するには便利なツールですが、長期的に使用するとなると、なにかと費用がかかるということはあります。

尿検査による商品の場合、1回分が400円~500円程度。

唾液検査の商品は、3,000円~8,000円ほどしますが、一度購入すれば半永久的に使え、使用方法も唾液をつけるだけといたってシンプルです。

排卵検査薬を利用するなら、普段は唾液検査のものを使い、陽性反応が出たら、尿検査を併用するという方法がおすすめです。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

クリニックでの専門的検査

基礎体温表を見てもわかりにくかったり、生理周期が不規則な人なら、クリニックを受診し、より専門的な検査をしてもらうのもおすすめです。

クリニックでは、ホルモン血液検査、尿検査、頚管粘液検査、超音波検査などを行います。
とくに、超音波検査はもっとも精度の高い検査と考えられており、排卵日を95%の高確率で特定できるといわれています。

ただしそれなりに費用がかかりますので、そのほかの方法では排卵日がわからない場合に利用を検討するとよいかもしれません。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

排卵日予測アプリを使う

妊娠のタイミングを教えてくれるアプリを利用する、という手もあります。
排卵日、妊娠可能日、生理予定日などを予測できるほか、基礎体温グラフの管理機能も無料で使えるので便利です。

以上、主な排卵日の特定方法をご紹介しましたが、どれかひとつだけで判断するのではなく、体調や必要に応じて、いくつかを組み合わせるとよいでしょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

排卵日がわかったら産み分けにチャレンジ!〈男の子編〉

排卵日を予測、あるいは特定できたら、具体的な産み分け方法にチャレンジしましょう。
ここでは、男の子が欲しいカップルに試していただきたい方法をご紹介します。

性交は排卵日に

男の子を産み分けたい場合には、Y精子と卵子が受精する必要があります。
そのためには、Y精子が元気に動ける環境をつくることが大切です。

Y精子はX精子に比べて、酸性に弱い性質がありますが、排卵日には膣内の酸性度がもっとも弱まるので、このときがY精子にとって絶好のチャンス!
Y精子が活発に動ける排卵日に性交をすることで、Y精子が受精する確率が高まります。

また、Y精子が卵管膨大部にたどり着けても、排卵がないとそれを待たなければなりません。
しかし、Y精子の寿命は1日だけと短いので、待っている間に死んでしまいます。
そのため、Y精子が元気に生きているうちに受精できるよう、性交は排卵直前が望ましいのです。

Y精子の数を増やす

Y精子は、酸性の膣内を通るあいだに大半が死んでしまうので、受精する確率を上げるためには、Y精子をより多く送り込むことが大切です。

そこで、精液中の精子の数を増やすために、5日間ほど禁欲しましょう。
射精の回数を減らせば、精子が蓄積され、1回に放出される精子の数が増えるからです。

とはいえ、ためる期間が長くなりすぎても、精子の受精能力が低下してしまいます。
禁欲期間が極端に長くなりすぎないように、うまくバランスをとりましょう。

さらに、Y精子は熱に弱いという性質も持っています。
熱すぎるお風呂、サウナなどに長時間浸かることはさけて、熱を放出しやすい下着を身につけるよう心がけましょう。

女性が気持ちよいと感じる性交をする

女性が性的な刺激を受け、オーガズムを感じると、膣内にアルカリ性の子宮頚管粘液(※)が分泌され、酸性が中和されます。
女性が気持ちよいと感じる濃密な性交をすることで、Y精子にとってより有利な環境を作り出せるのです。

また、男性器をできるだけ奥まで挿入してから射精すると、Y精子は酸性の膣内に長くとどまらずに済むので、比較的数を減らさずに、卵管膨大部にたどり着くことができます。
性交時には、できるだけ深く挿入できる体位を心がけましょう。

※子宮頚管粘液とは:
子宮頚管粘液とは、子宮頚管(子宮腔と膣とをつないでいる部分)にある粘液のこと。
たんに「頚管粘液」と呼ぶことも。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

排卵日がわかったら産み分けにチャレンジ!〈女の子編〉

ここからは、女の子を産み分ける方法についてみていきましょう。
女の子を産み分けたいカップルは、こちらをチェックしてください。

性交は排卵日の2日前に

卵子と結びついて女の子をつくるX精子は、酸性の環境にも強いので、酸性が弱まる排卵日ではなく、まだ酸性が強く保たれている排卵2日前に性交するとよいでしょう。

Y精子は泳ぐスピードが速いため、先に卵管膨大部にたどり着きますが、寿命はわずか1日なので、2日後の排卵日を待つ間に死んでしまうのです。
いっぽうのX精子は寿命が長いため、排卵日まで生き続けます。

このように寿命に着目しても、排卵日より前に性交したほうが、X精子に有利にはたらくのです。

しかし、実際に排卵日2日前がいつなのか、正確に予測するのは難しいことです。
基礎体温、おりもののチェック、排卵検査薬での検査など、さまざまな方法を組み合わせて排卵日2日前を特定しましょう。
さらに、なるべく生理周期を一定にさせるためにも、日頃からストレスをためないように気をつけ、規則正しい生活を心がけることも大切です。

精液を薄めておく

Y精子の数は、X精子の約2倍です。
精子の全体量が増えると、Y精子の数が膨大になるため、X精子が不利になってしまいます。

女の子を産み分けたい場合は、精液をため込まないようにするために、3日に1回~1週間に1回は射精することです。
ただし、精液を薄めるためにおこなう性交では、かならず避妊をするようにしてください。

刺激の少ないあっさりした性交をする

女性側がオーガズムを感じる性交を行うと、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌され、膣内の環境が中性になります
そうすると、Y精子のほうが活動しやすい状態になってしまうため、受精卵は男の子になる可能性が高くなるのです。

X精子に有利な状態を作るためには、女性があまりオーガズムを感じないよう、刺激がすくなめで短時間の性交にとどめておくとよいでしょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

その他の男女産み分け方法

ご紹介してきた方法のほかにも、男女産み分けの方法があります。

これらは、自分の生理周期がよくわからず、排卵日を基本とする産み分け方法が難しいと悩んでいる女性や、できるだけ簡単に行える方法があればと考えている人にもおすすめです。
いくつかの方法と組み合わせて、活用してみてはいかがでしょうか。

中国式産み分けカレンダー

13世紀の中国の科学者が、男女別の出生記録を統計学的に計算し、作成されたとされているのが、中国式産み分けカレンダーです。

数え年と受胎月の2つから構成されており、その2つが重なるところをみれば、赤ちゃんの性別を占うことができるようになっています。

産み分けゼリー

生理周期がわからない人や、不規則な人にとっては、排卵日を正しく把握することは少しハードルが高いかもしれません。
そんな生理不順がちな女性におすすめなのが、産み分けゼリーです。

男の子を産み分けたい場合には、「グリーンゼリー」を使う方法があります。

グリーンゼリーは、膣内の環境をアルカリ性に傾けるはたらきがあるゼリーです。
原料は食品ですし、副作用もないので安心して使うことができます。

性交の前に、注射器で吸い上げ、膣の中に注入します。
あお向けになり、外部に流れ出ないように、腰の下にクッションなどを敷くとよいでしょう。

女の子が欲しい場合には、「ピンクゼリー」を使います

ピンクゼリーは、膣内を酸性に保ってくれるゼリーです。
こちらも副作用の心配はなく、手軽に使用できます。
使いかたは、「グリーンゼリー」と同じです。

↓産み分けゼリーについてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

産み分けで一番大切なのはパートナーとの信頼関係

さまざまな産み分けの方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

どの方法も、決して100%確実なものではありません。
産み分け法は、あくまでも確率を高める方法です。

男女を産み分けるときにもっとも大切なことは、パートナーとの信頼と協力関係ではないでしょうか。

産み分けは、ひとりではできないことです。
子どもは何人欲しいのか、これからどんな家庭をつくり、どんな家族になりたいのか。
まずは将来の夢や家族像を、ふたりで率直に話し合って共有しておくことが大切かもしれません。

もし産み分けが成功しなかったとしても、ふたりのところへ来てくれた赤ちゃんは、性別にかかわらず、ふたりにとってかけがえのない宝物です。
元気に生まれてきてくれたことに感謝し、たくさんの愛情を注いであげてくださいね。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク