妊娠検査薬とは?基本的な使い方から陽性のときにする対応まで紹介

妊娠しているかどうかそわそわしている方にとって、妊娠の判定が出るのが早いに越したことはありません。

産婦人科を受診する前に、妊娠検査薬で妊娠の有無を確かめる女性が多くいます。

市販で販売されている妊娠検査薬の正確性は非常に高く、ある一定の時期を過ぎればその結果はほぼ間違いありません。
最近では早すぎる時期でも検査(フライング検査)ができる早期妊娠検査薬もあります。

妊娠検査薬の正しい使い方や使う時期について知ることで、より正しい結果を得ることができます。
市販で手に入る妊娠検査薬のことやフライング検査、陽性反応が出た場合にするべきことなどをご紹介します。

妊娠検査薬について


妊娠検査薬とは妊娠しているかどうかを尿から陽性・陰性で判定する検査薬です。

妊娠すると、着床(受精卵が子宮の壁に張り付くこと)した受精卵から尿中に「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンが分泌されます。

hCGホルモンが尿中に50mIU/ml以上含まれていると、検査薬は陽性の反応を示すようになっています。
hCG濃度が50mIU/ml以上になるのは妊娠3週目の終わり頃です。

hCG値は妊娠超初期ではごくわずかなものですが、妊娠3ヶ月をピークに急激に増え、出産まで分泌されつづけます。

妊娠していないとhCGは分泌されませんが、ホルモン治療を行っていると分泌されるケースがあるようです。

妊娠検査薬の仕組み


妊娠検査薬はスティック状になっており、先端の試験紙に尿をかけるか尿が入ったコップに浸すと検査できるようになっています。

検査薬には判定窓がついており、尿にhCGが含まれていれば判定窓に線が映し出され(陽性)、hCGの反応がない場合は線は表示されません(陰性)

妊娠検査薬に尿をかけてから判定が出るまでにはおよそ1分~3分程度かかります。

妊娠検査薬の値段

市販の妊娠検査薬はいくつもあり、値段はそれぞれ異なります。
1本の検査薬の値段は安いものなら400円台で、性能が高いものだと2,000円近くします。

単体で売られているものもあれば、2~3本セットで売られているものもあります。

ほとんどの妊娠検査薬が使い捨てタイプで1回使用すれば二度と使えないものですが、最近ではテストスティックを取り換えれば再び使用できるものもあるのです。

妊娠検査薬の使い方


妊娠検査薬で正しい判定結果を得るには、説明書に記載された手順通りに使用する必要があります。
検査薬で若干使い方は異なりますが、こちらでは基本的な使い方をご紹介します。

妊娠検査薬の基本的な使用方法

  1. 妊娠検査薬を袋から取り出しキャップを外します。
  2. 尿の採取部分に尿をかけます。コップに浸すタイプのものはコップに尿を入れた後に採取部分を浸し、平らな場所に置きます。
  3. 1~3分程度で終了窓に線があらわれたら終了です。このとき判定窓に線があらわれたら陽性、あらわれなければ陰性となります。

妊娠検査薬の中には朝・昼・夜いつでも使用可能と記載されているものがありますが、hCGホルモンがもっとも多く尿に含まれているのが朝です。
より確実な判定結果を出すなら、朝起きてすぐに検査薬を使うことをおすすめします。

フライング検査とは?


ほとんどの妊娠検査薬は使用可能時期が生理開始予定日の1週間後を目安にしていますが、待てない人がそれより早いタイミングで妊娠検査薬を試すことを「フライング検査」と呼びます。

最近では生理予定日から1週間を待たずとも、ほぼ正確な判定結果が出せる「早期妊娠検査薬」がありますが、通常の検査薬がhCGホルモン50mIU/ml以上で反応するのに対して、早期妊娠検査薬は25mIU/ml以上で反応するようになっているのです。

妊娠3週目の前半頃に着床出血(受精卵が子宮に着床する際に起こる出血)が起こることがありますが、着床出血があったからと焦って早期妊娠検査薬を使う方もいるようです。

しかしこの頃はまだ妊娠が成立していないことが多いので、陰性になる確率は高いといえます。

フライング検査の注意点


早期妊娠検査薬を使用する際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

陽性反応が出ても化学流産の可能性が

フライング検査で陽性反応が出たのに、生理予定日から1週間以上経過して再度検査をすると陰性反応が出た場合は、化学流産の可能性があります。

化学流産とは受精卵が着床しても継続しない状態を指し、生理予定日あたりに出血するために気づかれない場合が多くあるのです。

医学的には流産とは言いませんが、早期妊娠検査薬を使用することで、知らずに済んだはずの化学流産に気づいてしまいショックを受けることがあるかもしれません。

蒸発線が出たら生理予定日の1週間後に再検査を

妊娠検査薬には蒸発線と呼ばれるものが出るケースがあります。
判定窓に薄い線が出ることを指しますが、これは尿中のhCGホルモンの量が十分でないときに出るようです。

蒸発線が出た場合には陽性反応が出たと確信せずに、月経予定日から1週間後に再度妊娠検査薬を使用して確かめてみましょう。

子宮外妊娠の可能性

子宮内膜以外の場所に着床することを子宮外妊娠と呼びます。

子宮外妊娠は正常な妊娠ではなく、胎嚢は卵管など子宮以外の場所にありますが、hCGは正常な妊娠と同様に分泌されます。

判定窓にくっきりと線が表示されても、このような異常な妊娠をしていることも考えられるため、すぐに病院を受診することをおすすめします。

病気が隠れていることも

ごく稀なケースですが、絨毛性腫瘍といったhCG産生腫瘍を発症している場合、妊娠していないのに陽性反応が出ることがあります。

妊娠検査薬で陽性反応が出たからといって100%妊娠しているわけではありませんので、陽性反応が出たら早めに診察を受けるようにしましょう。

妊娠の早期発見にもなりますし、万が一病気が隠れていた時にもすぐに対応できます。

精神的なストレスになる

妊活中の方など早く妊娠の有無を知りたいという方は、待てずにフライング検査をするかもしれません。

しかしそれで望んでいた結果が得られなかったり、化学流産や蒸発線でのちにがっかりすることで、精神的なストレスを抱えるでしょう。

妊娠検査薬で陽性だったら…


妊娠検査薬のメリットは早い段階で妊娠を知ることができるという点です。
正常な妊娠はもちろん、化学流産や子宮外妊娠といった異常もいち早くキャッチできるので、赤ちゃんだけでなく自分の身体の健康も確保できます。

妊娠検査薬で陽性判定が出た場合、まず何をしたらよいのでしょうか。

妊娠数週を特定する

妊娠数週は最終生理開始日を0週0日として数えます。
hCGホルモンが出始めるのは妊娠3週目からなので、陽性反応が出れば少なくとも3週目には差し掛かっている状態です。

妊娠数週はこれから胎児の成長を見守る中で大切になってきますので、メモを取って医師に伝えましょう。

薬をなるべく服用しない

妊娠中は服用できる薬がかなり限られてきます。
今服用している薬があれば、なるべく一旦服用を中止して早めに医師に相談しましょう。

症状によっては服用し続ける必要があるかもしれませんが、その場合は妊婦が服用しても問題ないものに変えてくれるでしょう。

すぐに病院を受診する

正常でも異常でも、妊娠を早期に特定することが大切です。
妊娠検査薬で陽性が出たならすぐに産婦人科を受診して適切な処置を受けてください。

妊娠を特定するための最初の健診は健康保険が適用されませんが、妊娠していると診断されれば、自治体から母子手帳とともに妊婦健診補助券が交付されます。
これから定期的に受診することになるので必ずもらいましょう。

食生活に気を付け、葉酸を意識して摂るようにする

葉酸はお腹の赤ちゃんが成長するために必要な栄養素です。

妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に 400µg/日のプテロイルモノグルタミン酸(葉酸)の摂取が望まれる。

厚生労働省の発表によると、妊娠前の1ヶ月~妊娠3ヶ月に葉酸を飲むことで、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するとあります。

妊娠初期はもっとも重要な摂取時期になります。

葉酸は、たくさん摂取したからといって体内に蓄えることができない栄養素です。
そこで、毎日、必要な量を摂取するといいでしょう。

しかしながら、食事だけで必要な葉酸の量を補うのは難しいという方が多いようです。
サプリメントなども使いつつ、上手に摂取していきましょう。

≫ベルタ葉酸サプリ公式サイトを見てみる

おすすめの妊娠検査薬5選


市販の妊娠検査薬は性能がさまざまで、値段も商品によって異なります。
値段が手頃なもの、性能が良いものをいくつかピックアップしました。

1.ドゥーテストhCG (ロート製薬)

1回分が864円と手頃ですが、99%以上の正確さを持つ妊娠検査薬です。

1回分と2回分が販売されており、2回分だと1,296円で1回あたりの値段がさらに安くなります。
生理予定日の1週間後から使用可能で、尿をかける部分が大きく使い勝手も良好です。
判定までの時間がおよそ1分ですぐに結果がわかります。

2.チェックワン (アラクス)

こちらも1分で出る判定と99%以上の正確さが魅力の妊娠検査薬です。

ほとんどの妊娠検査薬は時間がたつと判定結果が消えてしまうのですが、チェックワンはずっと残り続けます。
参考価格は1回分で1,080円、2回分で1,620円と少し高めですが、判定結果をしばらく残しておきたいという方におすすめです。

3.デジタル P-チェック (ミズホメディー)

生理予定日の1週間後から使用できるデジタル P-チェックは、判定がデジタル表示形式になっています。

妊娠検査薬は陽性の場合でも表示される線が薄いときがあり、それだと妊娠しているのかどうかの確信が持てません。
デジタル表示ならそういった不都合が起きないので便利です。
参考価格は1回用で1,512円です。

4.チェックワンデジタル (アラクス)

デジタル式で生理予定日の1週間後から使用できます。

判定がはっきりと表示されるので安心です。
テストスティックは交換できるようになっており、3回まで使用可能です。

参考価格が1本3,024円で他の妊娠検査薬と比べて高いのですが、デジタル式で3回使用できると考えるとコストパフォーマンスは良いと言えます。

5.クリアブルー (オムロン)

生理予定日の1週間後から使用可能で、朝・昼・夜いつでも使用できます。

hCGホルモンの分泌量が50mIU/ml以上なら99%と高い確率で正しい結果がわかります。
感度が良いため、生理予定日から1週間を過ぎていなくても陽性の結果がはっきりと出ることがあるようです。
参考価格は1本800円で、2本入りはさらにお得な1,200円です。

妊娠検査薬を使用して気持ちにゆとりを持とう


妊娠検査薬はわざわざ病院に行かなくても妊娠の有無がほぼ確実にわかる優れものです。
妊娠を早期に発見することで身体の安全だけでなく精神的にも余裕が生まれます。

ただし妊娠検査薬だけに頼るのではなく、少しでも心当たりがあれば産婦人科を受診してより正確な結果を得るようにしましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク