妊娠検査薬の使い方、オススメの妊娠検査薬

妊娠検査薬、どうやって使う?なんで妊娠がわかる?

赤ちゃんを望む方にとって、妊娠検査薬の結果判定はとっても大事なもの。生理がこない…というときに、「もしかして・・・?」ということで妊娠検査薬を使うことがあるかと思います。現代では産院に行って妊娠に気づくよりも、この「妊娠検査薬」を自分で使ってから妊娠しているかどうかをチェックし、その後産院に足を運ぶのが一般的ですよね。昔よりもより精密に妊娠結果がわかるということで、なんとほぼ99%以上の正確さを誇っているとも言われています!正確さに定評のある妊娠検査薬ですが、きちんとした使い方をしないと思うような結果が得られないということなんです。

では、妊娠検査薬の正しい使い方って、どんな方法なのでしょうか?また妊娠検査薬はどんな仕組みで妊娠していることがわかるのでしょうか?

どうして妊娠していることがわかるの?

妊娠検査薬を使うと、どうして妊娠しているかどうかがわかるのでしょうか…?そもそも「妊娠」というのは、赤ちゃんのもととなる受精卵がママの子宮に着地して、しっかりと根付いた状態からはじまります。これを着床(ちゃくしょう)といいます。着床するときに、受精卵は子宮の壁を壊して中にもぐりこみ、そこに定着しながら大きくなっていくんです。このとき壊れた子宮の壁から出血することもあり、それが着床出血としてあらわれることもあります。着床出血について詳しくはこちら

受胎(妊娠がスタートすること)すると、あるホルモンが分泌されるようになります。それが「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンです。このホルモンは、のちに胎盤の一部となる合胞体栄養膜細胞(栄養膜合胞体層ともいいます)という部分で作られます。男性はこのホルモンが作られることはありませんし、女性であっても妊娠していないときには作られない特殊なホルモンとなっています。妊娠検査薬で、その「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」ホルモンの有無を調べることによって妊娠しているのかを確認しているというわけなんです。

ただ、胞状奇胎のように赤ちゃんが存在しないのにhCGが作られるため、擬陽性となってしまうこともあります。※擬陽性とは、陽性ではないけれども、陽性に近い反応が出る事をいいます。

上でお話しした胞状奇胎とは、胎盤になるはずだった絨毛という部分が異常に増えてしまい、まるでぶどうの粒のようになって子宮いっぱいに広がってしまうものです。胞状奇胎についての詳しい内容はこちら

そのほかにも、子宮外妊娠の場合でも擬陽性になってしまうことがあるので注意が必要です。子宮外妊娠についてはこちら

妊娠ホルモン、hCGの役割とは?

hCGの役割としては、以下のようになります。

  • 黄体を刺激して妊娠に重要なホルモンを分泌させる
  • 妊娠を継続させる為のホルモンを分泌させる
  • 胎児が男の子の場合、胎児の精巣の男性ホルモン(テストステロン)が作られるのを促す

黄体を刺激する

女性の卵巣の中に「黄体(おうたい)」という部分があるのですが、妊娠前に排卵したあと、その卵子を包んでいた卵胞という部分が役目を終えて黄体へと姿を変えます。黄体はプロゲステロンとエストロゲンというホルモンを分泌して子宮内膜を厚くしていき、受精卵が着地しやすいようにクッションをつくっていきます。

しかし、受精しなかった場合にはこのクッションは必要ありませんから、ホルモンの分泌をストップしてその役目を終えます。このクッションが剥がれ落ちて、次回の排卵に備えるためにリセットするのが、生理(月経)というわけですね。

ですが、受精した場合には子宮内膜が剥がれてはいけませんよね。hCGは黄体に子宮内膜のクッションをキープするように信号を送り、そのまま妊娠できる環境を作り続けるということなんです。

妊娠を継続させるホルモンを分泌させる

これは妊娠中期からとなりますが、妊娠を継続させるためには「エストロゲン」という女性ホルモンが必要になります。妊娠中にたくさん分泌されるホルモンは、hCGやエストロゲン、プロゲステロンなどたくさんありますが、特にエストロゲンはもっともたくさん分泌されるホルモン。分娩のときまで右肩上がりに分泌されて、分娩を終えると一気に分泌量が急降下してしまいます。それほど妊娠・出産に大きくかかわるホルモンなのですが、hCGは妊娠中期になるとエストロゲンの材料となるホルモンを分泌させるという働きをもっているんです。

胎児の精巣の男性ホルモンの生成を促す

受精した瞬間に赤ちゃんの性別は決まっていますが、男の子の場合では妊娠7~8週ごろからそれらしい見た目がつくられはじめます。赤ちゃんの性別が決まるのはいつ?

これはhCGによって精巣でテストステロンという男性ホルモンがつくられ、見た目がどんどん男性化していくということなんです。また、見た目だけでなく脳についても考え方や男らしさ・女らしさというのは、このテストステロンが大きくかかわっているということがわかっています。hCGは受胎後からすぐに作られますが、特に妊娠4週あたりからドッとその分泌量が多くなっていきます。ですから、ちょうど生理予定日を過ぎたころにhCGの分泌量が多くなるので、これを利用したのが妊娠検査薬ということなんですね。

妊娠検査薬の使い方・使える時期

妊娠検査薬って、どうやって使えばいいの!?と戸惑ってしまう方もいらっしゃると思います。使い方はとっても簡単!どの検査薬も、尿をかけるだけでOKなんです。

とは言っても、直接尿をかけるのは難しい・抵抗がある・失敗しそう…という方は、まずは紙コップに尿を取ってください。小学生のころなどに尿検査をしたことがあるかと思いますが、その要領で尿をとり、妊娠検査薬の採尿部をしばらく浸すだけです。使う妊娠検査薬によって尿をかける時間や浸す時間は若干違ってきますので、取扱説明書をしっかりと読んでおきましょう。

指定の時間通りに尿をかけたり浸したら、採尿部にふたたびキャップをしめてしばらく待っていましょう。尿がじわ~っと浸っていき、判定窓に1本もしくは2本の線があらわれると思います。

線が1本…1本の場合「終了」や「終了窓」というところに線が出ると思います。もうひとつの窓に線が出ないという場合には、残念ながら妊娠していないということになります。終了窓に印が出ると検査は終了となりますので、そのまましばらく待っていたとしても結果は変わりません。

線が2本…終了窓とさらにもう1本線がある場合。「判定」という表記がされていることが多いと思いますが、ここに線が出た場合には妊娠しているということになります。ごくごく初期の場合には、終了窓の線よりもうっすらとしていることもありますが、多くは終了窓に線が出るよりも先に判定窓に線があらわれるでしょう。

ときどき「フライング検査」といって、検査薬を使う時期よりも早く検査する方がいらっしゃいます。「フライング検査」は、「早く妊娠しているかどうかを知りたい!」という方や、強く妊娠を希望している方に多くみられますが、確かに使用できる時期より早く検査をしても陽性反応があらわれることがあります。

しかし、一般的な妊娠検査薬の使用時期は「生理予定日の1週間あと」となっています。この期間より前に検査をして陰性でも、実は妊娠していた!という場合もありますのでできればこの使用時期を守って検査を行ってください。また、失敗しそうかも…など心配な場合には、2本入りのものも販売されていますのでチェックしてみてくださいね。

使いやすい!オススメの妊娠検査薬

オムロン クリアブルー2回用

筆者自身もこの検査薬を使って3度の妊娠がわかりました。妊娠していると尿をかけてから あっという間に判定窓に印が出るので、すぐに結果がわかるというのがオススメポイントです。ほかのものに比べてとてもスリムで、採尿部も細いので失敗しそうという方はほかのものが良いかもしれません。こちらは2本入りとなっているので一度失敗したり、フライング検査で陽性反応が出なかったという場合にも使えますよ。

・ロート製薬 ドゥーテスト2回用

採尿部が大きいので、初めて妊娠検査薬を使うという人にオススメ。1分ですぐに判定が出る、採尿部が大きい、判定がわかりやすいということで口コミでも人気となっている妊娠検査薬です。

アラクス チェックワンデジタル3回用

デジタルの波はこんなところにも…。採尿部(チェックスティック)が3本同梱されているので、使うときにひとつずつセットして使用します。つまり最大3回使うことができるということですね。結果は液晶画面に「+(プラス)」か「-(マイナス)」で表示されるので、判定結果がとってもわかりやすいのがポイント。

いずれかの妊娠検査薬を使って陽性反応が出た場合には、まずはすぐに産婦人科を受診しましょう。妊娠検査薬を使ったあと、いつ産婦人科を受診すべき?

先ほども述べましたが、胞状奇胎や子宮外妊娠といった場合にも陽性反応が出ることがあります。まずは異常なく妊娠しているかどうかを調べなくてはなりませんから、早めに産婦人科で診てもらうようにしましょう。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?