「ホルモン」ってそもそも何!?


あちこちで聞くホルモンバランスの乱れって?

ホルモンバランス

女性なら一度は聞いたことのある「ホルモンバランスの乱れ」という言葉。近年では、生理に関することだけではなくてさまざまな体の不調も「ホルモンバランスの乱れ」のせいだと言われています。病院に行っても自律神経やホルモンバランスの乱れが原因で…という診断をされることがありませんか?

…とは言っても、そもそもこのホルモンって何!?と困惑すると思います。風邪をひいたなどわかりやすい症状や原因があるというときには良いのですが、ホルモンバランスの乱れが原因というのはなかなか納得できないかと思います。では今回は、このホルモンについて詳しく・わかりやすく見ていきましょう!

ホルモンの正体って!?

ホルモンというのは、私たちの体の中でさまざまな生理的な機能を調節する役目をもっている物質のことをいいます。この「生理的な機能を調節する」というのはたとえば…

  • 血圧を調節する
  • 血糖値を調節する
  • 体の細胞の働きを活発にして成長を助ける
  • 体が受けるストレスを調節する
  • 体内のカルシウム量を調節する
  • 代謝を促進する

…などなどなど、体の中で当たり前だと思っている働きの多くはこのようにホルモンのおかげだということがわかります。

現在、体の中で働いているホルモンは100種類ほどになると言われていて、まだまだ見つかっていないものや働きが詳しくわかっていないものも多いんです。ホルモンはその構造から3つに大きく分けることができます。

ポリペプチドホルモン
インスリンや甲状腺刺激ホルモン、成長ホルモンなど
ステロイドホルモン
女性ホルモン、男性ホルモンなど
アミノ酸誘導体ホルモン
アドレナリンやメラトニン、セロトニンなど

ホルモンってどんなものがあるの?

体の中ではたらくホルモンはたくさんありますが、ここでは特に知られているものや妊娠・出産にかかわるものをご紹介していきます。

インスリン
血糖を調整してくれるはたらきがあります。血糖値を低下するはたらきがあるので糖尿病の治療にも使われていて、体の中でもとても重要なホルモンになっています。
オキシトシン
「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれているオキシトシン。体が受けたストレスをやわらげる働きがあるほか、分娩のときには子宮の収縮、乳腺の収縮によって母乳を分泌させるなど育児に欠かせないホルモンです。肌が触れ合うようなスキンシップ、ハグやキスのほか、セックスなどでも分泌されることがわかっています。ベビーマッサージでオキシトシン分泌を促そう!
成長ホルモン
昔から「寝る子は育つ」とはよく言ったもので、人は眠っている間の2~3時間間隔で「成長ホルモン」が分泌されます。これは子どもの骨や筋肉の細胞分裂を促して体を成長させたり、大人でも傷を治したり肌の新陳代謝を促すという働きになります。
エストロゲン(卵胞ホルモン)
卵巣や胎盤などでつくられるエストロゲンは、いわゆる女性ホルモンと言われるホルモン。女性ホルモンは、実は生まれたばかりの赤ちゃんと思春期の女性が特に分泌量が多いと言われているんですよ。女性らしいふっくらとした体つきをつくる、自律神経のはたらきをスムーズにする、妊娠するために受精卵を受け止める子宮内膜というクッションを厚くするという働きがあります。妊娠中に起こりやすいマイナートラブルについてはこちら

どうしてホルモンバランスは崩れやすいの?

冒頭でも述べましたが、体のさまざまな不調はよく「ホルモンバランスの乱れのせい」と言われます。…なぜそんなにホルモンバランスって簡単に乱れてしまうの!?と言いたくなりますが、実はそれには大きなワケがあります。

私たちの体を正常に動かして生活するためには、食べ物をバランスよく食べてさまざまな栄養を補給しなくてはなりません。しかし、少しくらい食事が偏ってもすぐに倒れてしまったり大きな不調が起こったり…ということは少ないですよね。ホルモンはそうではなく、体のさまざまな器官の働きを調節するためのものなので、少し分泌量が減ったり多くなることですぐに不調があらわれます。

ホルモンによっては、学校のプールほどの血液の中にスプーン1杯のホルモン量で機能するというほどの強い影響力が!なので、なんらかの原因で分泌量がそれより少なくなったり多くなると、さまざまな不調がすぐにあらわれるというのも納得できますね。このホルモンバランスが乱れてしまう理由としてはさまざまな理由が挙げられます。

ホルモンバランスが乱れてしまう原因って?

  • 睡眠不足
  • 栄養不足
  • 運動不足
  • 不規則な生活
  • ダイエット
  • 更年期
  • ストレス

…など、多くの方に当てはまるこれらのことが原因で、デリケートな脳の機能は鈍ってしまいます。ホルモンは脳から分泌されたり、体の各場所から分泌するように!と指令を出すので、ホルモンの分泌がうまくいかなくなってしまうんですね。

睡眠をとったりしっかりとバランス良くご飯を食べる、またしばらくウォーキングなどの運動を続けることで「体の調子が良いかも?」と実感できますよね。これは血流が良くなったりダイエット効果があるほか、ホルモンバランスが整うことも関係しています。できるだけ毎日の生活をスムーズに、健康に過ごしていくことができるように「ホルモンバランス」を意識していくと良いでしょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア