子宮内膜症って・・・どんな病気?妊娠出来るの?

子宮内膜症って・・・どんな病気?妊娠出来るの?

子宮内膜症って・・・どんな病気?妊娠出来るの?

女性特有の病気って、本当にたくさんありますよね。子宮の病気や卵巣の病気、乳房の病気などさまざまですが、特に多くなっていると言われているのが「子宮内膜症」です。子宮内膜症は不妊の原因にもなる病気のひとつで、20代や30代の若い女性にも多くなっている病気です。子宮内膜症という病気の名前をよく耳にするようになってきましたが、実際には具体的にどんな病気でどんな症状があらわれるのか、どんな治療をするのかご存知でしょうか?不妊症にも大きくかかわってくる子宮内膜症…。ここでは、女性なら知っておきたい子宮内膜症についてのあれこれを見ていきたいと思います。

子宮内膜症というのは、子宮の内側にある子宮内膜という部分やそれに似たような組織が、子宮以外のところ(骨盤内)に増えてしまう疾患をいいます。多くは子宮の近くにある卵巣や腹膜といったところにできやすいのですが、それ以外にも直腸や膀胱といった場所にもできてしまうことがあります。

世界では約1000万人近くもの患者がいると言われていて、日本でも50年前と比べると患者数は3倍にもなっていると言われています。子宮内膜症にかかりやすい方は年齢で見ると40代の女性なのですが、20代や30代、もちろんそれ以外の年代の方でもかかってしまう可能性はじゅうぶんにあります。

子宮内膜症の症状としては、まずもっとも多いのが生理のときに痛みがひどい月経痛、そして骨盤痛、さらにパートナーとの夜のスキンシップのときに痛みを感じる性行痛、排便痛などもあります。ときどき生理のときにまったく動けなくなるほど痛む…という方がいらっしゃいますよね。このように、仕事ができない・ベッドから出られない・倒れてしまうなどのひどい場合には、子宮内膜症のような何らかの病気が隠れている場合があります。特に子宮内膜症は、生理のたびに徐々に痛みが強くなっていくという症状が特徴的です。トラブルのひとつでもある「子宮内膜症」は、日本でも10万人以上の女性が苦しんでいると言われている病気です。重い生理痛を訴える女性の4人に一人の割合で子宮内膜症だと診断されているそうです。

そして、赤ちゃんを…と望む女性にとって重要なのが、不妊の原因ともなってしまうということです。では、なぜ子宮内膜症は起こってしまうのでしょうか。不妊につながってしまうというのは、なぜなのでしょうか?また子宮内膜症があっても妊娠していくことができるのか、無事に赤ちゃんを出産することができるのでしょうか?

子宮内膜症の原因って?どんなふうに進行する?

子宮内膜症の原因ですが、実は詳しくはまだわかっていないと言われており、たくさんの原因が考えられています

体腔上皮化生説

私たちの身体が作られていく途中には「ミュラー管(中腎傍管)」という部分があるのですが、これは女性の子宮や卵管のもととなる部分だと言われています。(男性は退化してほとんどなくなってしまいます)腹膜や卵巣の表面にある細胞は、もとはミュラー管と同じ部分からできているということがわかっています。つまり、子宮内膜症が起こりやすい腹腔や卵巣の細胞というのは、もともとは子宮内膜に近いため炎症など何らかの理由で変異して、子宮内膜の組織としてどんどん増えていってしまう…という説です。

子宮内膜移植説

生理のときに出てくるはずの血液が逆流して、子宮内膜の細胞が一緒に腹腔に流れていってしまうために、腹膜や卵巣の表面にくっついてそこから子宮内膜症になる…という説。

一見、逆流なんて本当にあるの?と思ってしまうかもしれませんが、生理のときの血液が逆流してしまう…というのは実は誰にでもあることなんですよ。ただ、血液が逆流しても腹膜から吸収されたり、細菌があったとしても身体のパトロール隊である白血球がきちんと処理してくれるので、なんの問題もありません。この逆流する血液の量が多かったり、免疫力が下がっている状態で細菌が一緒に流れ込んだりすると、血液が溜まってしまうことで何らかの感染や周りの臓器とくっついてしまう…などの原因にもなると考えられています。

このほかにも、骨盤の血管から子宮内膜の細胞が広がっていることがわかっていることから血液による原因や、帝王切開などの傷痕に発生することもあるため、手術によって細胞が移されてしまったなどの説もあります。

子宮内膜症の多くは生理のときに痛みが強くなっていく…と言いましたが、これは内膜症が起こっているところでも同じように生理が繰り返し起こっているからです。どういうことかと言うと、子宮内膜症の原因となる細胞というのは子宮内膜と同じような構造になっています。そもそも子宮内膜というのは、赤ちゃんのもととなる受精卵を子宮で受け止めるためのクッションのような存在。妊娠が成立しなかったときには、次の排卵にむけて新しいクッションを作るため、一度剥がれ落ちて出ていってしまいます…これが生理です。

生理のときに子宮内膜が剥がれる…これが、ほかの場所でも起きてしまうのが子宮内膜症の強い痛みの原因なんです。

子宮以外のところにくっついてしまっている細胞は、生理がくるときのようにホルモンの周期に合わせて増えたり剥がれたりを繰り返すため、剥がれ落ちたものや出血した血液が溜まって血腫を作ってしまうことも。腹膜でできたこの塊は「ブルーベリースポット」と呼ばれていて、さらに卵巣でできたものは「チョコレート嚢胞(のうほう)」と呼ばれるものに。特にチョコレート嚢胞は周りとくっつきやすく、卵巣を巻き込んでボールのようになってしまうこともあったり、さらに大きくなったり高齢になると癌化してしまう可能性もあると言われています。

さらに、チョコレート嚢胞は卵巣の働きを邪魔してしまうために排卵ができなくなってしまうことも。これが不妊につながってしまうということなんです。

子宮内膜症の診断、治療方法って?

では、子宮内膜症はどのように診断されるのでしょうか?まず生理のときの強い痛みや骨盤痛、排便痛や性行痛といったわかりやすい症状があらわれているときには、超音波検査や血液検査、膣・直腸を内診で調べるという方法がとられます。

しかし、とくに自覚症状がなく不妊検査目的で受診したときに発覚することもあるのが、子宮内膜症。一般的な不妊検査で原因不明だった…というときに、腹膜に起こっている子宮内膜症を疑います。この場合は腹腔鏡検査といって、おへその横を1~2センチ切開して、そこから内視鏡をさしこんで検査していきます。そして、子宮内膜症だと診断されたら以下のような治療法があります。

  • 薬物療法
  • 手術療法

また、症状が軽い場合で妊娠を希望している場合には、そのまま様子を見るということも。実際に半数の患者さんが妊娠できていると言われていて、さらにブルーベリースポットを腹腔鏡を使って焼くという治療が併せて行われることもあります。

薬物療法

「低用量ピル」を使って身体に妊娠しているように思わせる方法、生理を起こす働きのあるエストロゲンを抑える「ダナゾール」を使っていく方法などが挙げられます。ピルにもさまざまな種類がある中で身体に合う・合わないはそれぞれ個人で違っているのですが、現在のところ保険適用を受けているピルは一種類だけとなっています。ですので、それ以外は残念ながら全額自己負担となってしまいます。

手術療法

症状や状況によって違ってくるのですが、おもに保存手術と根治手術とに分けられます。保存手術には、内膜症が起こっている片方の卵巣のみを取り出す手術、チョコレート嚢胞を取り出す手術、癒着してしまっている部分を焼いて剥がす手術などがあります。一方の根治手術は、子宮を全摘出するほか卵巣を取り出してしまう手術をいいます。この先妊娠を望まないというときや、重症のときに根治手術を考えます。手術の方法ですが、腹腔鏡での手術と開腹手術とがあります。

産後に子宮内膜症が発症することも!?

妊娠前に子宮内膜症がなかったらかといって安心は出来ません。産後に子宮内膜症が発症することもあるんですよ。産後、子宮内膜がはがれ、血液が逆流して腹膜に流れてしまい子宮内膜症が発症してしまったり、帝王切開の傷口から子宮内膜症が発生してしまう事もあります。産後から生理痛がひどくなった…という心当たりがある方は子宮内膜症が発症している可能性もありますので、婦人科で見てもらうようにしましょう。

子宮内膜症は不妊の原因…でも妊娠はできる!

子宮内膜症のために妊娠がなかなかできないという方は、患者さんのうち約3割と言われています。ただ、子宮内膜症であっても妊娠することは可能ですし、妊娠して出産まで継続させることも可能です。

また、驚くことに実は子宮内膜症のいちばんの治療法は「妊娠」だとも言われているんです。これは女性ホルモンの影響で子宮内膜症が大きくなっていくから。妊娠すると生理がストップしますから、ホルモンバランスが変化していき、子宮内膜症の症状が改善していきます。ただ、出産後ふたたび生理が始まってしまうことで症状が悪化してしまうということもありますので、再発しないようにしっかりと治療をしていくのがおすすめです。

子宮内膜症があっても妊娠・出産は可能です!

子宮内膜症になるとなぜ不妊になりやすいかということですが、これは先に述べたようにいろいろな組織とくっついてしまう(癒着する)ことが大きな原因です。たとえば、卵巣から卵子が排卵されると、卵管を通って子宮に降りてきますよね。このときに、もし子宮内膜症が卵管にあったらどうなるでしょうか。卵子の通り道をふさいでしまうことになりますから、精子と出会うこともできなければ子宮に降りてくることもできなくなってしまいます。子宮内膜症の治療としては、その部分を手術で切り取ったり薬を使って治療していくということになります。

とても多くの女性が子宮内膜症で悩み、またそのせいで不妊に悩んでいます。ですが、子宮内膜症であっても妊娠した!という方もいらっしゃれば、その後何事もなく出産し、治療することができたという方も多くなっています。子宮内膜症は痛みやその部分がどんどん大きくなっていく…という症状はありますが、良性の疾患なので安心してください。

良性の疾患だからと言って、治療をせずに放置しておくと妊娠しにくい身体になってしまったり、最悪の場合は子宮内膜症が原因でチョコレート嚢腫(卵巣嚢腫の一つ)になってしまう事があります。チョコレート嚢腫はごく稀にガン化する事がありますので、その最悪の事態を避けるためにも子宮内膜症を放置しない事が大切です。治療をすれば症状をぐっと改善させたり、治すことも可能になっていますので積極的に治療に臨みましょう。

産後に子宮内膜症が発症することも!?

妊娠前に子宮内膜症がなかったらかといって安心は出来ません。産後に子宮内膜症が発症することもあるんですよ。産後、子宮内膜がはがれ、血液が逆流して腹膜に流れてしまい子宮内膜症が発症してしまったり、帝王切開の傷口から子宮内膜症が発生してしまう事もあります。産後から生理痛がひどくなった…という心当たりがある方は子宮内膜症が発症している可能性もありますので、婦人科で見てもらうようにしましょう。

不妊に大きくかかわる子宮内膜症!

最初に、昔よりも子宮内膜症の患者さんが多くなっている…と言いましたね。子宮内膜症が進行していくのは、先ほども述べたように生理のたびに出血があったり嚢胞が大きくなってしまったり…ということが挙げられます。ですが、妊娠中や授乳中(すぐに生理が再開する方もいらっしゃいます)は生理が長期間ストップしますよね。そうすると、自然に子宮内膜症がおさまっていく、もしくは予防できるということなんです。

ですが、昔よりも子どもをたくさんもつことが少なくなっていたり、子どもを作らないことを選択する方、出産の高齢化などがあって、子宮内膜症が増えてきたと言われています。ライフスタイルが変わっていく中で起きやすくなった病気、つまりは現代病のひとつと言ってもよいのが子宮内膜症。不妊と大きくかかわっていると言われている子宮内膜症ですが、不妊で悩む半数以上が子宮内膜症だと言われています。

ただ、子宮内膜症=妊娠できないということではなく、軽度なら内膜症があっても特に治療せず様子を見ていく…ということもできますので、必要以上に不安にならないでくださいね。

また、やはり生理のときに異常なまでに痛みがある、引っ張られる・つねられるような痛みがあるなど、何らかの自覚症状があるときには病院を受診するようにしましょう。生理は毎月のことですから、痛みを抑えるのはもちろん、嚢胞ができるのを防いだり癒着を防ぐためにも早く治療を受けるようにしていきましょう。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク