葉酸とマカ、妊活にはどっちがいい?併用はできる?

妊活といえば、葉酸・マカ・ルイボスティー・たんぽぽ茶など、妊娠しやすいカラダ作りに適した食品をいろいろと思い浮かべるかもしれません。

なかでも代表的なのが、葉酸とマカ
妊活にはどちらがよいのか、併用しても問題ないのかなど、気になることはたくさんあるでしょう。

そこで今回は葉酸とマカについて、それぞれの効果や、サプリメントを選ぶときのポイントなどについてお伝えしていきます。

葉酸とマカは何が違う?

妊活している人には、葉酸とマカのどちらがおすすめなのでしょうか?
それぞれどんな効果があるのか、どのように違うのかなどについて、具体的にみてみましょう。

葉酸の効果とは?

葉酸は、野菜や果物に含まれる水溶性ビタミンB群の一種で、身体のエネルギーをつくり、疲労回復や精神の安定などをもたらす効果で知られています。

妊活をする上で重要な葉酸の効果は、ひとつは赤ちゃんの先天性異常リスクを減らす効果、もうひとつは造血作用です。

赤ちゃんの先天性異常リスクを下げる効果

妊活する女性が葉酸を必要とするもっとも大きな理由は、赤ちゃんの障害リスクを予防する点にあります。

妊娠初期における葉酸不足によって、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」という病気の発症率が高まることが明らかにされてから、厚生労働省は、妊娠の可能性がある女性には葉酸をとるように通達を出しています。

葉酸が足りないと、なぜ先天性異常のリスクがあがるのでしょうか。
それは、葉酸には細胞分裂を助け、遺伝子が正常にコピーされるよう導くといった「正常な細胞を作り出す」はたらきがあるからです。

葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんを先天性奇形や染色体異常のリスクから守り、流産を予防する効果が期待できます。
妊娠を考えている女性ならだれでも、積極的に葉酸をとりいれるべきでしょう。

造血作用

葉酸には、ビタミンB12と結びつき、赤血球を生成するはたらきがあります。
そのため葉酸は、ビタミンB12とともに別名『造血ビタミン』と呼ばれることも。

この「造血ビタミン」は、全身の血液量を増やして血行をよくすることで、子宮や卵巣に栄養をたっぷりと届けてくれます。

血行がよくなると、子宮が温まり子宮内膜の壁が厚くなるため、受精卵の着床につながりやすくなるのです。

葉酸の造血作用は、このように、間接的に妊娠力のアップにつながっています。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

マカの効果とは?

マカとは、南米ペルー原産の、カブのような見た目をしたアブラナ科ハーブです。
古代インカ文明の時代から、根の部分が薬草として重用されてきました。

マカは栄養たっぷりの植物で、ビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富です。
とりわけ鉄分や亜鉛は、男性の妊性機能にはたらきかけたり、女性のホルモンバランスを整えたりしてくれるといわれています。

男性の妊性機能に働きかける

マカは、もともとは男性の精力剤として有名でした。
しかし近年の研究によって、精子の数をふやしてくれる亜鉛や、EDを改善するアルギニンといった成分が豊富であることがわかってきました。

これらの栄養素は、精子の質と男性の性機能を安定させるため、男性側の不妊要因にはたらきかけてくれます。

女性のホルモンバランスを整える

マカには、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをする「植物性エストロゲン」という成分が含まれています。
植物性エストロゲンは、排卵に関係する「下垂体」にはたらきかけてホルモンバランスを調整し、生理周期をととのえ、正常な排卵をうながす手助けをしてくれるのです。

またマカは、自律神経の乱れから冷え性になっている人にもおすすめ。

自律神経がバランスを崩す大きな原因としては、ストレスがありますが、ホルモンバランスの乱れもあげられます。
マカによってホルモンバランスが整えば、自律神経も整い、冷えの緩和につながるのです。

身体が温まれば、子宮環境も改善されます。

マカは、女性の生殖機能を整えることによって妊娠の可能性を高めてくれるでしょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

葉酸とマカの共通点は「血流促進」

葉酸とマカ、それぞれの効果はわかりました。
それでは、ふたつに共通点はあるのでしょうか?

葉酸は、血液を作るために必要な栄養素です。
いっぽうのマカには、血液の流れを良くするビタミンEが含まれていますし、自律神経性の冷え性にはたらきかけます。

つまり葉酸もマカも、ともに血行をよくする働きがあるのです。

血行がよくなれば、子宮内膜の壁が厚くなるといわれています。
子宮内膜が厚くなれば、受精卵は着床しやすくなり、着床後も流産しにくくなるのです。

葉酸とマカ、妊活にいいのは結局どっち?

妊活している人は、葉酸とマカ、どちらをとればよいのでしょうか?

結論としては、葉酸もマカも、どちらもおすすめです。

葉酸は、子宮環境を整え、着床しやすくしてくれます。
マカは、ホルモンバランスを整え、排卵機能をサポートしてくれます。

葉酸とマカにはそれぞれ別の効果があるので、両方があわされば、より強力に妊活を手助けしてくれることでしょう。

葉酸のもつ「赤ちゃんの障害リスクをさげる」効果も、葉酸が妊活に有用である大きなポイントです。
せっかく授かるのであれば、健康で元気な赤ちゃんであるに越したことはありません。

葉酸は、子宮をととのえ胎児のリスクを減らす【未来の赤ちゃんのためのもの】
マカは、「妊娠力」にはたらきかける【未来のパパとママのためのもの】
うまく活用しましょう。

葉酸とマカの併用はしてもいい?

葉酸もマカも妊活によいとなると、同時にとりたくなるところですが、併用しても大丈夫なのでしょうか。

マカと葉酸を併用しても、まったく問題はありません
両方をとることで、むしろより効率的な妊活ライフを送ることができます。

不妊治療中の薬や漢方薬と飲み合わせても大丈夫です。

ただし、サプリメントでは、栄養成分の過剰摂取に注意する必要があります。

葉酸とマカのサプリメントの選びかた

葉酸もマカも、妊活にはおすすめの成分です。
どのようにサプリメントを選べばよいのか、具体的にみていきましょう。

葉酸、マカの摂取目安量に注意!

マカの摂取目安量は1,000~3,000mg、葉酸の摂取上限量は1,000μgまでとなっています。

葉酸の過剰摂取は、胎児の喘息やアレルギー体質の原因になるというデータがあるため、上限量を超えないように気をつけましょう。
食品のなかにも葉酸が含まれていることをお忘れなく。

マカには、現時点では上限値は設けられていませんが、サプリメントに表示されている目安量は守りましょう。

マカと葉酸を別々のサプリでとると、重複するビタミンなどの成分があるかもしれません。
ビタミンAのように、過剰摂取するとよくないものもありますので、表示をよく見てから摂取するようにしましょう。

サプリメントの品質表示をよく見る

大事な赤ちゃんを産もうという身体ですから、サプリメントの品質には十分注意をはらうべきです。
しかしひと口に品質といっても、なにをどう選べばよいのか悩ましいという人もいるかもしれません。

品質チェックするときには、産地とJAS有機認定に注目するとよいでしょう。

産地

葉酸は、国内の契約農家がつくった野菜など、産地がしっかりしているものならば安心です。

マカの産地については、すこし注意が必要です。

ペルー産のマカのなかには、近年のマカブームにのって栄養が不十分な粗悪品も多く含まれていますが、政府の品質保証制度はありません。
マカの生産者連合(※法的認可はアリ)の品質保証はありますので、こちらをひとつの目安としてみましょう。

また、具体的な産地としては、ボンボン高原のマカが高品質とされています。

日本産のマカの場合には、ペルーと大きく異なる気候で育てる必要があるため、一貫して厳しく品質管理されていることがほとんどのようです。
そのため、品質の面では信用度が高いでしょう。

また国産のマカは、栄養成分の一部がペルー産のものより高いといわれています。

JAS有機認定

国産品に関しては、JAS有機認定も、品質の指標になります。
JAS有機認定とは、つぎのようなものです。

  • 種まきの2年以上前から、農薬や化学合成肥料を原則として使わない
  • 加工の際に、人体や環境に有害な添加物や薬剤を使っていない

JAS有機認定は、厳しい基準をクリアした商品に与えられるものですので、認定を受けた商品は安心して利用することができます。

マカの場合には、ブレンドもいっしょに確認しておく

マカには、黒マカ、白マカ、黄マカなどたくさんの種類があり、それぞれ栄養価が異なります。
1種類のマカを単独で摂取するよりも、それぞれの特徴を生かしてブレンディングされたマカのほうが、体への吸収がよいといわれています。
マカサプリを選ぶときには、ブレンドも確認しておきましょう。

製造工程をチェックする

原材料が安全で品質がよいものでも、工場での加工過程に問題があれば、本当にその商品が安全で効果があるのかどうか、わからなくなってしまいます。

そんなときは、GMP認定を確認しましょう。
GMP認定は、工場の製造や品質管理、設備などが適切であることをしめすものです。
GMP認定が出ていれば、明確な安全体制がととのい、責任の所在がハッキリしているといえます。

天然葉酸の場合は低温処理のものを選ぼう

「天然の葉酸」とは、いわゆる食品から摂取する葉酸のことです。
間違いやすいのですが、「天然葉酸サプリメント」は「天然の葉酸」ということではなく、食品から抽出された葉酸を加工しているものになります。

また「合成葉酸サプリ」は、合成化学物質から抽出された葉酸を加工したものです。

サプリとなった葉酸はどちらも吸収率のよい葉酸に変換されているので、吸収率に違いはありません。

しかし、葉酸は55度以上の高温になると分解されてしまいます。
天然葉酸サプリメントを選ぶ場合は、低温処理で製造加工されているものを選ぶことが大切といえます。

効果と副作用をよく理解し、自分にあったものを探す

どんなにすぐれた製品だったとしても、すべての人にあうとはいい切れません。

体質にあわずに、アレルギーや下痢、頭痛、不眠などをおこすこともあるでしょう。
サプリに含まれる食品添加物が体に合わないということもありえます。

副作用がある可能性も念頭におき、飲んだときの体調変化などには十分に注意しておきましょう。
自分に合うサプリメントを探すことがなにより大事だといえます。

サプリメントを摂取する時の注意点

サプリメントの選びかたがわかったところで、今度は実際にサプリをとるときに注意すべき点をチェックしてみましょう。

葉酸サプリの注意点

葉酸サプリをとるときには、どんな点に注意したらよいのでしょうか。

葉酸サプリは妊娠前から飲み始めよう

葉酸は、細胞分裂をサポートしてくれる成分です。
受精した直後から活発な細胞分裂がはじまり、葉酸が必要になりますので、妊娠がわかってから葉酸を飲みはじめるのでは遅いといえます。
妊娠を考えている女性は、いますぐにでも葉酸をとるべきでしょう。

サプリに頼り切らない

葉酸は熱や光に弱く、水に溶けやすいうえ、吸収率が悪いので、食事だけでは不足しがちな栄養素です。
そのため厚生労働省でもサプリによる摂取をすすめているわけなのですが、葉酸サプリを飲めばすべてよし、ということではありません。

葉酸は、ビタミンB12などのサポートがあってこそ、十分な造血作用を持ちます。
そのため、サプリで葉酸だけを飲んでも、ほかのビタミンが足りていなければ、造血作用はうまく働かないのです。

そのため、まずは栄養バランスのよい食事を心がけ、そのうえで葉酸サプリに頼ることが大事だといえるでしょう。

マカサプリの注意点

マカサプリを飲むときには、つぎの点に注意しましょう。

もともと排卵が順調な人は要注意!

ホルモンバランスを整えてくれるマカですが、もともと排卵が順調だった場合には、マカを飲むことによってかえってホルモンバランスを乱す可能性もあるようです。

裏をかえせば、それだけマカの威力が大きいということでしょうが、心配な人は、マカサプリをためす前にいちど産婦人科医に相談してみましょう。

排卵に問題がない人は、もしかしたらほかの要因に対するアプローチで妊活をすすめたほうがよいかもしれません。

妊娠がわかったらマカはやめる

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが、普段の状態から大きく変化します。
そのため、マカを摂取することで、かえってホルモンバランスを崩してしまう可能性があるようです。

ホルモンバランスが乱れると、胎児や母乳への悪影響がでるかもしれません。
妊娠中は、マカの摂取は控えておいたほうが無難でしょう。

妊娠中や授乳中にどうしてもマカを摂取したい場合には、かならず医師に相談してください。

葉酸とマカの両方が入ったオールインワンタイプのサプリを利用していた場合には、妊娠がわかった時点で、葉酸だけのサプリに切り替えることも検討してみましょう。

葉酸+マカのおすすめサプリ4選

ちまたには、無数のマカサプリや葉酸サプリがあふれています。
よい商品を選ぶのもひと苦労かもしれません。

ここでは、葉酸とマカの両方がいっしょにとれる、オススメのサプリを4つご紹介します。

(1)AFC 「HUG maca(はぐマカ)+葉酸サプリセット」


>>AFCはぐマカ+葉酸サプリセットはこちら<<

こちらは、マカと葉酸、2つの単品商品を組み合わせたセットになっています。
葉酸サプリのほうには、鉄やカルシウム、各種ビタミンも配合されています。
1ヶ月分で約4,000円です。

オールインワン型ではないですが、それぞれのサプリ摂取量の調整しやすさという点では、単品が2つセットになっているのは便利です。
夫妻で分け合ったり、妊娠後にはマカをやめて、葉酸だけ飲み続ける、といった自由度の高いやりかたができるのが最大の利点でしょう。

AFCはぐマカ+葉酸サプリ公式サイトを見る

(2)マカナ


>>マカナ公式サイトはこちら<<

日本産のマカを100%使用し、妊活専門の管理栄養士が作ったという点が最大の売りのサプリです。
「健康食品」ではなく、厚生労働省の認可がおりた「栄養機能食品」という部分も大きなポイントでしょう。
定期購入のシステムを利用すれば、1ヶ月分およそ4,000円で購入できます。

マカナ公式サイトを見る

(3)full-me MACA MIU(フルーミーマカ ミウ)


>>フルーミーマカ ミウ公式サイトはこちら<<

日本産マカ100%使用で、ショウガを配合しているところがポイント。
もちろん有機JAS認定もGMP認定も取得済みです。
価格は定期購入の場合、1ヶ月分でおよそ5,000円になります。

フルーミーマカ ミウの公式サイトを見る

(4)井藤漢方製薬「葉酸+マカ」

井藤漢方製薬 葉酸+マカ 60粒

女性に必要なビタミン2種類も配合され、女性目線に立ったサプリメント、というところがポイントです。
1ヶ月分で2,000円程度と、リーズナブルな価格設定で手軽に続けやすいのも魅力でしょう。

井藤漢方製薬 「葉酸+マカ」の情報をチェック

【葉酸とマカ】うまく利用して妊活ライフの強い味方にしよう!

葉酸とマカの効能や、サプリの選びかたなどについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

葉酸とマカは、どちらも妊活サプリとして優秀なものです。
それぞれの特徴をよく理解したうえで、適切な飲みかたを心がけましょう。
きっと夫婦の妊活ライフの強い味方になってくれますよ。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク