無精子症でも妊娠は可能!?

男性不妊のひとつ、無精子症

男性不妊のひとつ、無精子症

多くのカップルが悩んでいるという「不妊」について。赤ちゃんをなかなか授かることができない…というこの不妊の原因は、とてもさまざま。男性側にある原因、女性側にある原因、環境などそれ以外の原因もありますし、精神的なストレスなども大きな原因となっていることが多くあります。そんな不妊の原因として挙げられる理由の一つが男性側の「無精子症」です。

その名前のとおり、精液の中に精子を見つけることができないというものになります。男性側の不妊の原因のひとつで、男性の約1パーセントが無精子症だということになっています。では、無精子症というのはどんな症状なのでしょうか?また、無精子症の方は赤ちゃんを授かることができないのでしょうか…?

無精子症のタイプっとは?

  • 閉塞性無精子症(OA)
  • 非閉塞性無精子症(NOA)

このうち、多くは非閉塞性無精子症だと言われていて、無精子症の約80パーセントが非閉塞性無精子症と言われています。

閉塞性無精子症について

精子はきちんとつくられているのですが、何らかの原因で精子が出てこれなくなってしまい、精液と合わさることができない状態です。まず精子は精巣(睾丸)で作られて、副睾丸とも言われる精巣上体に運ばれていきます。そこから、尿道までつながる精管があるのですが、ここはなんと40センチほどの長さがあります。何らかの原因で精管のどこかがふさがってしまっていたり、前立腺のそばにある射精管などの精子の通り道に何らかの問題があって精子が出てこられないのが、閉塞性無精子症です。

この原因なのですが、これまでに尿路感染症になったことがあるか、性感染症やパイプカットの手術、また鼠径(そけい)ヘルニアの手術をしたことがあるかなど、原因があるかどうかをチェックします。しかし、原因はこれだけでなく、これまでに何らかのウイルスや菌に感染したにもかかわらず症状があらわれなかったため、気付かなかった(不顕性感染といいます)ということも考えられます。

閉塞性無精子症の不妊治療について

閉塞性無精子症は、精巣で精子はきちんとつくられているので精子を採取します。先ほども述べたように精子は精巣でつくられますが、できた精子は次に精巣上体という部分に移動します。ですから、精巣上体はなんと最大で10億ほどの精子を溜めておくことができると言われていて、たくさんの精子を採取することができるということなんです。

非閉塞性無精子症について

非閉塞性無精子症は、精子をつくる機能に何らかの障害が起こっています。この原因ですが、大きくは精子をつくる指令を出すホルモンの異常、精子をつくる精巣の異常のふたつに分けられます。精子をつくるためには、脳の中にある視床下部という部分からの指令が必要になります。次に、同じく脳の中にある下垂体という部分からも、精巣に精子をつくるようはたらきかけるホルモンが分泌されます。ですから、視床下部・下垂体・精巣のどこかひとつにでも異常があると、精子がうまくつくられなくなってしまうんですね。

ホルモンがうまく分泌されなくて精子がつくられない…という場合には、ホルモン注射で治療をすることができるようになっています。が、多くは精子をつくる精巣の働きに何らかの異常があるというものになっています。

非閉塞性無精子症の不妊治療について

先ほども述べたように、ホルモン注射によって少量でも精子がつくられるようになるということは多くなっています。保険適用になるため、ホルモンが原因で非閉塞性無精子症になっているという方は、ホルモン注射で治療をしていきます。ですが、精子をつくる機能に異常があるという方の場合、手術によって精巣から直接精子を探して取り出します。

陰嚢(いんのう)に小さな切込みを入れて、精巣が見えやすいように引っ張り出します。そして、手術用の大きな顕微鏡を使って精子がいそうな部分を探して切除、その場で精子がいるかどうかを別の顕微鏡で細かくチェックしていくという方法です。顕微鏡下精巣精子採取術といいます。

もちろん、この手術をしたからといって精子を採取できるかどうかはわかりません。手術は日帰りで行うことができます。これまでは、この手術で精子が採取できなかった場合には、他人の精子を使って人工授精をする…という方法で不妊治療を行ってきました。ただ、これは他人の精子を使うということで親子の血のつながりについて、大きな問題となることもあるのでじゅうぶんなカウンセリングをしていく必要があります。

そしてもうひとつ、無精子症(非閉塞性無精子症)でも他人の精子を使うことなく、赤ちゃんを授かることが可能だということになってきました。

精子がいなくても妊娠ができる技術!?

先ほど、顕微鏡下精巣精子採取術について述べましたね。元気な精子がいない・採取できないという場合、それでもどうしても赤ちゃんが欲しいというときには他人の精子を使わざるを得ませんでした。

しかし、北九州市にある不妊治療の専門クリニック「セントマザー産婦人科医院」が、「非閉塞性無精子症」の場合でも精子になる前の段階の細胞を採取して、人工授精が可能になる仕組みを米科学誌PNASに発表しました。精子になる前の段階の細胞を「前期精子細胞」という言いますが、この細胞が精巣の中で減数分裂をすることで精子ができあがります。ですから、元気な精子がいなくともこの前期精子細胞を採取することで、自分の精子を使って赤ちゃんを授かることができる確率が格段にアップしたんですね。

これまでに他人の精子を使うほかない…と言われていた方も、この方法で実際に赤ちゃんを授かることができたそうです。精子の細胞を採取するだけでなく、卵子も電気刺激を与えて元気にしてあげることでより受精しやすくしているということなんです。さまざまな技術が進歩して、男性不妊でも自分の子をもつことをあきらめることなく治療していくことができるようになっているんですね。

この研究を行っている「セントマザー産婦人科医院」では、2011年9月~2014年12月までに、「前期精子細胞」を使った体外受精(人工授精)で112人の赤ちゃんが誕生しているそうです。この技術のおかげで、「非閉塞性無精子症」の方でも、自分との血のつながりのある子を授かれるようになりました。不妊で悩んでいた方々にとっては、本当に凄い発見・研究結果だと思います。現在、日本では子どもを望んでいる不妊症の方々がとても多くいらっしゃいます。国は「少子化対策」を考えるのであれば、このように不妊症で悩まれている方々への支援や給付金、研究費をもっともっと充実させるべきだと思います。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク