1番妊娠しやすいのは排卵日ではない?ベストなタイミングは?

「赤ちゃんが欲しい」と思ったら、まず妊娠しやすい時期を、把握することが重要です。

基準となるのは、排卵日

排卵日に、卵巣から排出される卵子には、寿命があります

排卵日の予想方法や、排卵日を基準にした妊娠しやすい日をみていきましょう。

排卵から着床(妊娠成立)までの仕組み


通常の生理は、排卵があることから始まります。

排卵された卵子が受精し、受精卵が子宮に着床して初めて妊娠が成立です。

この排卵から着床までの卵子の旅は、奇跡の連続といえるでしょう。

全てのきっかけ、排卵

受精するためには、まず排卵が必要です。

女性の子宮内にある2つの卵巣では、「卵胞」と呼ばれる卵子の元が育てられます。

成熟した卵胞が、月1回の周期で、卵巣の壁を破って外に飛び出すのです。

飛び出した卵子の行き先は、卵管の先にある卵管采とよばれる器官。
ここで精子との出会いを待つのです。

この一連の流れを排卵といいます。

卵子と精子の奇跡の出会い、受精

一度に射精される精子の数は、健康な男性で数千から数億個
子宮内を進む過程で、約99%は死滅するといわれています。

卵管内に到達できる精子は、200個程度にも減ってしまうのです。

さらに卵子にたどり着けるのは、選ばれし一匹の精子だけ。

出会った卵子と精子は、それぞれの遺伝子を持つ2つの核が癒合し、1つの核になります。
これが受精卵です。

長旅の末の着床

受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら、卵管の中を子宮方面に運ばれていきます。

200~300細胞にまで分裂し、着床準備が整うまでに5日~6日

子宮内にたどり着き、着床が始まるのは、排卵から7日目なのです。

さらに着床が完了するまでには、おおよそ5日かかります。

数日子腔内に浮かんだあと、子宮内膜にくっついて、中にもぐりこみます。

お母さんの血管から、胎児の発育に、必要な栄養や酸素を受け取れるようになるのが、着床です。

排卵後から、着床完了時点まで、12日~13日もかかるといわれています。

こうして長い旅を経て、やっと妊娠が成立するのです。

排卵日にセックスすると妊娠しやすいのか


排卵日を狙ってセックスすれば、必ず妊娠できるというわけではありません。

「排卵日=1番妊娠しやすい日」ではないからです。

卵子と精子の寿命に、その理由があります。

卵子の寿命、精子の寿命

精子は、射精から84時間をすぎると、受精能力を失うといわれているのです。

精子は射精後から、5~6時間で女性の卵管峡部にある、精子貯蔵所にたどり着きます。

そして、48時間後から、徐々に老化していきます。

いっぽう、卵子の寿命さらに短いです。

排卵されてから、16時間~24時間しか生きられません。

しかもそのうち、受精可能時間は約12時間と考えられています。

この限られた時間に、卵子と精子が出会わなければならないのです。

排卵日は予測できても、排卵時間までは予測できません
排卵日当日のセックスだけでは、精子と卵子を出会わせることはとてもむずかしいのです。

意外と低い、自然妊娠の確率

ベストなタイミングでセックスしても、必ず妊娠できるわけではありません

健康な20代前半のカップルであれば約30%30代約20%の確率といわれています。

この確率は年齢とともに下がっていきます。

受精自体難しいのですが、その受精卵が子宮にしっかり着床するとも限らないのです。

妊娠しやすいタイミングはいつ?


卵子と精子の受精可能期間を考えると、もっとも妊娠しやすいタイミングがみえてきます。

もっとも妊娠しやすいのは排卵日ではない

射精された精子は、女性の体内で卵子より長く生きられます。

そこで、卵子が排卵される前から、精子が待機する状態を作ることが理想です。

こうして、たった12時間だけの、卵子が受精可能な期間を逃さないようにします。

精子は、48時間後から老化が始まります。

元気な精子と卵子が受精するには、排卵日の2日前がベストタイミングといえるでしょう。

タイミングだけではなく回数も重要

排卵日は、体調によって影響を受けやすいもの。
排卵日の予測はできても、ピンポイントで排卵の予測はできません

また、何らかの理由で、排卵のタイミングがずれる可能性もあります。

妊娠の確率を上げるには、回数を増やすことも重要です。

セックスの回数が多いほど、排卵時に子宮内に精子がいる確率が高まります。

セックスのタイミングで産み分けはできるのか?


妊娠のメカニズムは、まだ解明されていない要素がたくさんあります。

排卵日と性交のタイミングで、男女の妊娠のしやすさに影響があるといわれています。

しかし、産み分けの仕組みも、100%確実な方法ではありません
あくまで可能性として考えましょう。

赤ちゃんの性別が決まる仕組み

赤ちゃんの性別は、男性の精子が持つ染色体によって決まります

女性の卵子には、もともとX染色体しかありません。

精子にはX染色体をもつX精子と、Y染色体をもつY精子があります。

・X染色体の精子が卵子と受精すると男の子
・Y染色体の精子が卵子と受精すると女の子

X精子またはY精子の、狙ったほうの有利な環境を整えることが、産み分けのポイントです。

男の子を授かりたいとき

男の子を授かるには、Y精子に有利な環境が必要です。

Y精子酸性の環境に弱く寿命が短いことが特徴。
女性の膣内は通常は酸性ですが、排卵日はもっとも酸性度が薄まります

酸性度が弱まったときが、Y精子が活発に動けるようなるタイミングです。

排卵日にもっとも近いタイミングでセックスすると、男の子を授かる可能性があがるでしょう。

女の子を授かりたいとき

女の子を授かるには、逆にX精子に有利な環境が必要です。

X精子酸性に強いのが特徴。
排卵日2日前ごろにセックスすると、膣内の酸性度が高い状態に精子がおかれます。

その結果、X精子が勝ち残り、女の子を授かる可能性が期待できるでしょう。

排卵日を予測する方法


もっとも妊娠しやすいタイミングを、知るためのポイントとなるのが排卵日

月に1回しかない排卵日を、予測するための方法を紹介します。

基礎体温を記録する

起床直後の、まったく動いていないときの体温が、基礎体温です。

毎日測ることで、妊娠に必要な身体の変化を把握することに役立ちます。

基礎体温は、排卵日を境にして低温期高温期変化します。

この体温の変化が起きる日を含めて前後1~2日の間に排卵が起こる可能性が高いです。

図るだけではなく、基礎体温表として記録しましょう。
グラフ化するとより排卵日がわかりやすいです。

産婦人科の先生に相談するときは、2~3ヶ月分の基礎体温表を持参するとよいですね。

基礎体温の測り方にはコツがあります。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

排卵日予測検査薬でダブルチェック

黄体ホルモンという、排卵を引き起こすホルモンの濃度を測る方法です。

黄体形成ホルモンは、排卵が起こる前に一気に上昇します。

これをLHサージといいます。

LHサージがあってから、36~40時間以内に排卵が起こります。

この濃度の変化を捉えて、排卵日を1日前に予測するのが排卵検査薬です。

ドラッグストア通信販売1,500円~3,000円前後で購入できます。

使い方も尿をかけるだけととても簡単。

まずは基礎体温で、排卵日の予測をたてます。

そして、確度をあげるために、排卵日予想検査薬を使って、排卵日前日の再確認がおすすめです。

おりものチェックも効果的

おりものホルモンの影響を強く受け、常に量や状態が変化しています。

一般的には、排卵前のおりものは、透明でねばりけがあることが特徴です。

指でさわると、よく伸びる状態になります。

日ごろからおりものの変化に注意しておきましょう。

病院でのエコー検査

産婦人科で検査してもらう方法もあります。

超音波卵胞計測という検査です。

卵胞は、卵子を含んだ細胞の集合体で、排卵に向けて卵子は卵胞の中で大きくなります
超音波(エコー)で卵巣にある卵胞の大きさを測り排卵日を予測できるのです。

タイミングを狙ったセックスの落とし穴


妊娠の確率をあげるタイミング法は、手軽に始められる妊活のひとつです。

しかし、タイミング法にも、思わぬ落とし穴があることを知っておきましょう。

性交渉がストレスになる!?

女性の体と同じように、男性の身体もとてもデリケートです。

タイミング法を続けると、男性がストレスを感じることも珍しくありません。

「月1回の妊娠のチャンス」と感じることが、男性にはプレッシャーになるのです。

パートナー同士で、しっかりコミュニケーションをとり、お互いの気持ちを尊重しましょう。

タイミングをあわせた性行為で陽性反応が出なくても、ガクッとしないように
心がける
とよいですね。

タイミングだけが妊娠しない原因ではないかもしれない

タイミング法を続けていても妊娠が難しい場合があります。

妊娠しにくい原因が、ほかにある場合です。

タイミング法だけに頼っていると、ほかの原因に気づかないまま、時間だけが過ぎていきます。

タイミング法を始めてから、半年から1年間妊娠しなければ、病院で検査を受けましょう。

月経不順や、月経痛がひどいという方も早めの受診をオススメします。

また、検査を受けるときは夫婦で受診しましょう

不妊の原因については、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

月経周期を整えるためにできること


月経周期が不規則だと、排卵日の予想もずれてしまうもの。

月経周期は、女性ホルモンのバランスに深く関係しています。

規則正しい月経周期を保つために、日常生活でできることを実践していきましょう。

適性体重を保つ

過度なダイエットは、女性ホルモンの分泌が、減少するケースがあります。

女性ホルモンの減少は、生理の異常を引き起こす原因のひとつです。

逆に太りすぎでも、ホルモンバランスが崩れ、生理不順につながります。

適度な運動や、健全な食生活を心がけ、自分の適正体重を保ちましょう。

質のよい睡眠をとる

質のよい睡眠をとることは、ホルモンバランスを安定させるために重要です。

睡眠がしっかりとれていないと、女性ホルモンの分泌も不規則になります。

ただ長時間寝るということではなく、ぐっすり眠れることがポイントです。

早めにお風呂に入る、寝室の温度や湿度を快適にする、などの工夫をしましょう。

過度なストレスを避ける

女性ホルモンは、脳の視床下部からの指令によって分泌されます。

脳がストレスを過度に感じると、視床下部が正しく機能しなくなってしまうのです。

その結果、ホルモンバランスが乱れることになります。

ストレスを全く感じない生活は難しいですが、上手にストレス解消をしていきましょう。

定期的に婦人科検診を受ける

生理不順の原因は、ホルモンバランスだけではありません。

卵巣子宮に、トラブルが発生している可能性もあります。

自覚症状がないものもあるので、定期的に婦人科で検査を受けましょう。

自己判断で放置していると、不妊に繋がる可能性もあります。

市町村区による無料検査も、よい機会です。
ホームページなどで確認してみてください。

妊娠確率が高くなるのは排卵日の2日前


もっとも妊娠の確率が高くなるのは、実は排卵日当日ではなく排卵日の2日前

寿命の短い卵子が受精できるように、このタイミングを予測できることが重要です。

予測のためには、毎日の基礎体温の記録から始めましょう。

その上で、排卵日予測検査薬の使用や、おりものチェック効果的です。

安定した月経周期のために、生活習慣の見直し等も大切なポイントになります。

また、タイミングをとることに、過度にストレスに感じないようにしましょう。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク