くるっとポンを実際に使って徹底レビュー

くるっとポン

赤ちゃんが小さいうちは、沢山おむつのゴミが出ます。キッチンのゴミ箱が使用済みのおむつでゴミ箱がかさばる事と、キッチンに捨てるにはおむつの匂いが気になるので、今回おむつ専用のゴミ箱「くるっとポン」を購入しました。

くるっとポン開封前

くるっとポンは専用のゴミ袋ではなく、市町村で決められている通常の45リットルゴミ袋が使用できコストがかからない事、汚れてきたらパーツを解体して丸洗い出来る事と、「全く臭いが漏れない」と多くの声が寄せられていたので、今回くるっとポンを購入する事に決めました。

使い方

使い方や説明書は、全て英語で書かれていましたが、英語が分からない私でも簡単に組み立てる事が出来ました♪

開封後(くるっとポン)

④→③→②→①の順番で積み重ねていくと完成します★

くるっとポン完成図

45リットルサイズは、Mサイズ(ミディアム)として販売されており、約50枚のオムツを捨てる事が出来ます。他にも、20リットルのゴミ袋に対応しているレギュラーサイズ。70リットルのゴミ袋に対応しているラージサイズがあります。私が購入したミディアムサイズの大きさをティッシュ箱と比較するとこのような感じになります。

ティッシュと大きさ比較
蓋を開ける

夏場、窓際に置いての使用でしたが全く臭いが漏れません。リビングに置いていても、ゴミ箱がある事すら忘れてしまう程です。オムツを捨てる際、赤ちゃんを抱きながら片手で簡単にオムツを捨てる事が出来るので大変助かります。

くるっとポン使い方

ゴミを取り出す作業もゴミ袋をセットする作業も簡単ですし、ゴミ袋を取り替える作業も、手順を間違えなければ臭いが漏れる心配もありません。

くるっとポン捨て方
ゴミ袋のセット

赤ちゃんがオムツからパンツへ切り替えた後は、臭いが気になる生ゴミ、介護用おむつ、ペットの汚物処理などのゴミ箱としても使えます。

とっても便利な商品だと思います。購入して大正解でした。近々出産を控えている友達がいるので、御祝いにプレゼントしようと思います。

くるっとポン

くるっとポン満足度

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク